日蓮正宗法華講開信寺支部より

ようこそ開信寺へ

御書研鑚の集い 妙法蓮華経に学ぶ 御書研鑚資料


妙法蓮華經 方便品第二


【妙法蓮華經方便品第二:みょうほうれんげきょうほうべんぽんだいに】
妙法蓮華經〔みょうほうれんげきょう〕方便品第二〔ほうべんぽんだいに〕




【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【従三昧。:じゅうさんまい】
三昧〔さんまい〕より、

【安詳而起。:あんじょうにき】
安詳〔あんじょう〕として起〔た〕って、

【告舎利弗。:ごうしゃりほつ】
舎利弗〔しゃりほつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【諸佛智慧。:しょぶっちえ】
...諸佛〔しょぶつ〕の智慧〔ちえ〕は、

【甚深無量。:じんじんむりょう】
...甚深無量〔じんじんむりょう〕なり。

【其智慧門。:ごちえもん】
...其〔そ〕の智慧〔ちえ〕の門〔もん〕は、

【難解難入。:なんげなんにゅう】
...難解難入〔なんげなんにゅう〕なり。

【一切声聞。:いっさいしょうもん】
...一切〔いっさい〕の声聞〔しょうもん〕、

【辟支佛。:ひゃくしぶつ】
...辟支佛〔ひゃくしぶつ〕の

【所不能知。:しょふのうち】
...知〔し〕ること能〔あた〕わざる所〔ところ〕なり。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【佛曾親近。:ぶつぞうしんごん】
...佛〔ほとけ〕曾〔かつ〕て、

【百千萬億。:ひゃくせんまんのく】
...百千萬億〔ひゃくせんまんのく〕

【無数諸佛。:むしゅしょぶつ】
...無数〔むしゅ〕の諸佛〔しょぶつ〕に親近〔しんごん〕し、

【尽行諸佛。:じんぎょうしょぶつ】
...尽〔ことごと〕く諸佛〔しょぶつ〕の

【無量道法。:むりょうどうほう】
...無量〔むりょう〕の道法〔どうほう〕を行〔ぎょう〕じ、

【勇猛精進。:ゆうみょうしょうじん】
...勇猛精進〔ゆうみょうしょうじん〕して、

【名称普聞。:みょうしょうふもん】
...名称〔みょうしょう〕普〔あまね〕く聞〔きこ〕えたまえり。

【成就甚深。:じょうじゅじんじん】
...甚深〔じんじん〕

【未曾有法。:みぞううほう】
...末曾有〔みぞう〕の法〔ほう〕を成就〔じょうじゅ〕して、

【随宜所説。:ずいぎしょせつ】
...宜〔よろ〕しきに随〔したが〕って説〔と〕きたもう所〔ところ〕、

【意趣難解。:いしゅなんげ】
...意趣〔いしゅ〕解〔げ〕し難〔がた〕し。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【吾従成佛已来。:ごじゅうじょうぶついらい】
...吾〔われ〕成佛〔じょうぶつ〕してより已来〔このかた〕、

【種種因縁。:しゅじゅいんねん】
...種種〔しゅじゅ〕の因縁〔いんねん〕、

【種種譬喩。:しゅじゅひゆ】
...種種〔しゅじゅ〕の譬喩〔ひゆ〕をもって

【廣演言教。:こうえんごんきょう】
...廣〔ひろ〕く言教〔ごんきょう〕を演〔の〕べ、

【無数方便。:むしゅほうべん】
...無数〔むしゅ〕の方便〔ほうべん〕をもって衆生〔しゅじょう〕を

【引導衆生。:いんどうしゅじょう】
...引導〔いんどう〕して、

【令離諸著。:りょうりしょじゃく】
...諸〔もろもろ〕の著〔じゃく〕を離〔はな〕れしむ。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【如来方便。:にょらいほうべん】
...如来〔にょらい〕は方便〔ほうべん〕、

【知見波羅蜜。:ちけんはらみつ】
...知見波羅蜜〔ちけんはらみつ〕、

【皆已具足。:かいいぐそく】
...皆〔みな〕已〔すで〕に具足〔ぐそく〕せり。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【如来知見。:にょらいちけん】
...如来〔にょらい〕の知見〔ちけん〕は、

【廣大深遠。:こうだいじんのん】
...廣大深遠〔こうだいじんのん〕なり。

【無量。:むりょう】
...無量〔むりょう〕、

【無礙。:むげ】
...無礙〔むげ〕、

【力。:りき】
...力〔りき〕、

【無所畏。:むしょい】
...無所畏〔むしょい〕、

【禅定。:ぜんじょう】
...禅定〔ぜんじょう〕、

【解脱。:げだつ】
...解脱〔げだつ〕、

【三昧。:さんまい】
...三昧〔さんまい〕あって、

【深入無際。:じんにゅうむさい】
...深〔ふか〕く無際〔むさい〕に入〔い〕り、

【成就一切。:じょうじゅいっさい】
...一切〔いっさい〕

【未曾有法。:みぞううほう】
...末曾有〔みぞう〕の法〔ほう〕を成就〔じょうじゅ〕せり。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【如来能種種分別。:にょらいのうしゅじゅふんべつ】
...如来〔にょらい〕は能〔よ〕く種種〔しゅじゅ〕に分別〔ふんべつ〕し、

【巧説諸法。:ぎょうせっしょほう】
...巧〔たくみ〕に諸法〔しょほう〕を説〔と〕き、

【言辞柔軟。:ごんじにゅうなん】
...言辞〔ごんじ〕柔軟〔にゅうなん〕にして、

【悦可衆心。:えっかしゅしん】
...衆〔しゅ〕の心〔こころ〕を悦可〔えっか〕せしむ。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【取要言之。:しゅようごんし】
...要〔よう〕を取〔と〕って之〔これ〕を言〔い〕わば、

【無量無辺。:むりょうむへん】
...無量無辺〔むりょうむへん〕

【未曾有法。:みぞううほう】
...未曾有〔みぞう〕の法〔ほう〕を、

【佛悉成就。:ぶっしつじょうじゅ】
...佛〔ほとけ〕悉〔ことごと〕く成就〔じょうじゅ〕したまえり。

【止。:し】
...止〔や〕みなん、

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕。

【不須復説。:ふしゅぶせつ】
...復〔また〕説〔と〕くべからず。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【佛所成就。:ぶっしょじょうじゅ】
...佛〔ほとけ〕の成就〔じょうじゅ〕したまえる所〔ところ〕は、

【第一希有。:だいいちけう】
...第一希有〔だいいちけう〕

【難解之法。:なんげしほう】
...難解〔なんげ〕の法〔ほう〕なり。

【唯佛与佛。:ゆいぶつよぶつ】
...唯〔ただ〕佛〔ほとけ〕と佛〔ほとけ〕とのみ、

【乃能究尽。:ないのうくじん】
...乃〔いま〕し能〔よ〕く

【諸法實相。:しょほうじっそう】
...諸法〔しょほう〕の實相〔じつそう〕を究尽〔くじん〕したまえり。

【所謂諸法。:しょいしょほう】
...所謂〔いわゆる〕諸法〔しょほう〕の

【如是相。:にょぜそう】
...如是相〔にょぜそう〕、

【如是性。:にょぜしょう】
...如是性〔にょぜしょう〕、

【如是體。:にょぜたい】
...如是體〔にょぜたい〕、

【如是力。:にょぜりき】
...如是力〔にょぜりき〕、

【如是作。:にょぜさ】
...如是作〔にょぜさ〕、

【如是因。:にょぜいん】
...如是因〔にょぜいん〕、

【如是縁。:にょぜえん】
...如是縁〔にょぜえん〕、

【如是果。:にょぜか】
...如是果〔にょぜか〕、

【如是報。:にょぜほう】
...如是報〔にょぜほう〕、

【如是本末究竟等。:にょぜほんまっくきょうとう】
...如是本末究竟等〔にょぜほんまつくきょうとう〕なり。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【世雄不可量:せおうふかりょう】
...世雄〔せおう〕は量〔はか〕るべからず

【諸天及世人:しょてんぎゅうせにん】
...諸天〔しょてん〕及〔およ〕び世人〔せにん〕

【一切衆生類:いっさいしゅじょうるい】
...一切衆生〔いっさいしゅじょう〕の類〔たぐい〕

【無能知佛者:むのうちぶっしゃ】
...能〔よ〕く佛〔ほとけ〕を知〔し〕る者〔もの〕無〔な〕し

【佛力無所畏:ぶつりきむしょい】
...佛〔ほとけ〕の力〔ちから〕と無所畏〔むしょい〕

【解脱諸三昧:げだっしょさんまい】
...解脱〔げだつ〕諸〔もろもろ〕の三昧〔さんまい〕

【及佛諸余法:ぎゅうぶっしょよほう】
...及〔およ〕び佛〔ほとけ〕の諸余〔しょよ〕の法〔ほう〕は

【無能測量者:むのうしきりょうしゃ】
...能〔よ〕く測量〔しきりょう〕する者〔もの〕無〔な〕し

【本従無数佛:ほんじゅうむしゅぶつ】
...本〔もと〕無数〔むしゅ〕の佛〔ほとけ〕に従〔したが〕って

【具足行諸道:ぐそくぎょうしょどう】
...具足〔ぐそく〕して諸〔もろもろ〕の道〔どう〕を行〔ぎょう〕じたまえり

【甚深微妙法:じんじんみみょうほう】
...甚深微妙〔じんじんみみょう〕の法〔ほう〕は

【難見難可了:なんけんなんかりょう】
...見難〔みがた〕く了〔りょう〕すべきこと難〔かた〕し

【於無量億劫:おむりょうおっこう】
...無量億劫〔むりょうおくこう〕に於〔おい〕て

【行此諸道已:ぎょうししょどうい】
...此〔こ〕の諸〔もろもろ〕の道〔どう〕を行〔ぎょう〕じ已〔おわ〕って

【道場得成果:どうじょうとくじょうか】
...道場〔どうじょう〕にして果〔か〕を成〔じょう〕ずることを得〔え〕て

【我已悉知見:がいしっちけん】
...我〔われ〕已〔すで〕に悉〔ことごと〕く知見〔ちけん〕す

【如是大果報:にょぜだいかほう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き大果報〔だいかほう〕

【種種性相義:しゅじゅしょうそうぎ】
...種種〔しゅじゅ〕の性相〔しょうそう〕の義〔ぎ〕

【我及十方佛:がぎゅうじっぽうぶつ】
...我〔われ〕及〔およ〕び十方〔じっぽう〕の佛〔ほとけ〕

【乃能知是事:ないのうちぜじ】
...乃〔いま〕し能〔よ〕く是〔こ〕の事〔じ〕を知〔し〕ろしめせり

【是法不可示:ぜほうふかじ】
...是〔こ〕の法〔ほう〕は示〔しめ〕すべからず

【言辞相寂滅:ごんじそうじゃくめつ】
...言辞〔ごんじ〕の相〔そう〕寂滅〔じゃくめつ〕せり

【諸余衆生類:しょよしゅじょうるい】
...諸余〔しょよ〕の衆生類〔しゅじょうるい〕は

【無有能得解:むうのうとくげ】
...能〔よ〕く得解〔とくげ〕すること有〔あ〕ること無〔な〕し

【除諸菩薩衆:じょしょぼさっしゅ】
...諸〔もろもろ〕の菩薩衆〔ぼさつしゅ〕の

【信力堅固者:しんりきけんごしゃ】
...信力堅固〔しんりきけんご〕なる者〔もの〕をば除〔のぞ〕く

【諸佛弟子衆:しょぶつでししゅ】
...諸佛〔しょぶつ〕の弟子衆〔でししゅ〕の

【曾供養諸佛:ぞうくようしょぶつ】
...曾〔かつ〕て諸佛〔しょぶつ〕を供養〔くよう〕し

【一切漏已尽:いっさいろいじん】
...一切〔いっさい〕の漏〔ろ〕已〔すで〕に尽〔つく〕して

【住是最後身:じゅうぜさいごしん】
...是〔こ〕の最後身〔さいごしん〕に住〔じゅう〕せる

【如是諸人等:にょぜしょにんとう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き諸人等〔しょにんら〕

【其力所不堪:ごりきしょふかん】
...其〔そ〕の力堪〔ちからた〕えざる所〔ところ〕なり

【仮使満世間:けしまんせけん】
...仮使〔たとい〕世間〔せけん〕に満〔み〕てらん

【皆如舎利弗:かいにょしゃりほつ】
...皆〔みな〕舎利弗〔しゃりほつ〕の如〔ごと〕くにして

【尽思共度量:じんしぐたくりょう】
...思〔おもい〕を尽〔つく〕して共〔とも〕に度量〔たくりょう〕すとも

【不能測佛智:ふのうしきぶっち】
...佛智〔ぶっち〕を測〔はか〕ること能〔あた〕わじ

【正使満十方:しょうしまんじっぽう】
...正使〔たとい〕十方〔じっぽう〕に満〔み〕てらん

【皆如舎利弗:かいにょしゃりほつ】
...皆〔みな〕舎利弗〔しゃりほつ〕の如〔ごと〕く

【及余諸弟子:ぎゅうよしょでし】
...及〔およ〕び余〔よ〕の諸〔もろもろ〕の弟子〔でし〕

【亦満十方刹:やくまんじっぽうせつ】
...亦〔また〕十方〔じっぽう〕の刹〔くに〕に満〔み〕てらん

【尽思共度量:じんしぐたくりょう】
...思〔おもい〕を尽〔つく〕して共〔とも〕に度量〔たくりょう〕すとも

【亦復不能知:やくぶふのうち】
...亦復〔またまた〕知〔し〕ること能〔あた〕わじ

【辟支佛利智:ひゃくしぶつりち】
...辟支佛〔ひゃくしぶつ〕の利智〔りち〕にして

【無漏最後身:むろさいごしん】
...無漏〔むろ〕の最後身〔さいごしん〕なる

【亦満十方界:やくまんじっぽうかい】
...亦〔また〕十方界〔じっぽうかい〕に満〔み〕ちて

【其数如竹林:ごしゅにょちくりん】
...其〔そ〕の数〔かず〕竹林〔ちくりん〕の如〔ごと〕くならん

【斯等共一心:しとうぐいっしん】
...斯等〔これら〕共〔とも〕に一心〔いっしん〕に

【於億無量劫:おおくむりょうこう】
...億無量劫〔おくむりょうこう〕に於〔おい〕て

【欲思佛實智:よくしぶつじっち】
...佛〔ほとけ〕の實智〔じっち〕を思〔おも〕わんと欲〔ほっ〕すとも

【莫能知少分:まくのうちしょうぶん】
...能〔よ〕く少分〔しょうぶん〕をも知〔し〕ること莫〔な〕けん

【新發意菩薩:しんぼっちぼさつ】
...新發意〔しんぼっち〕の菩薩〔ぼさつ〕の

【供養無数佛:くようむしゅぶつ】
...無数〔むしゅ〕の佛〔ほとけ〕を供養〔くよう〕し

【了達諸義趣:りょうだっしょぎしゅ】
...諸〔もろもろ〕の義趣〔ぎしゅ〕を了達〔りょうだつ〕し

【又能善説法:うのうぜんせっぽう】
...又〔また〕能善〔よ〕く法〔ほう〕を説〔と〕かんもの

【如稲麻竹葦:にょとうまちくい】
...稲麻竹葦〔とうまちくい〕の如〔ごと〕くにして

【充満十方刹:じゅうまんじっぽうせつ】
...十方〔じっぽう〕の刹〔くに〕に充満〔じゅうまん〕せん

【一心以妙智:いっしんいみょうち】
...一心〔いっしん〕に妙智〔みょうち〕を以〔もっ〕て

【於恒河沙劫:おごうがしゃこう】
...恒河沙劫〔ごうがしゃこう〕に於〔おい〕て

【咸皆共思量:げんかいぐしりょう】
...咸〔ことごと〕く皆〔みな〕共〔とも〕に思量〔しりょう〕すとも

【不能知佛智:ふのうちぶっち】
...佛智〔ぶっち〕を知〔し〕ること能〔あた〕わじ

【不退諸菩薩:ふたいしょぼさつ】
...不退〔ふたい〕の諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕

【其数如恒沙:ごしゅにょごうじゃ】
...其〔そ〕の数〔かず〕恒沙〔ごうじゃ〕の如〔ごと〕くにして

【一心共思求:いっしんぐしぐ】
...一心〔いっしん〕に共〔とも〕に思求〔しぐ〕すとも

【亦復不能知:やくぶふのうち】
...亦復〔またまた〕知〔し〕ること能〔あた〕わじ

【又告舎利弗:うごうしゃりほつ】
...又〔また〕舎利弗〔しゃりほつ〕に告〔つ〕ぐ

【無漏不思議:むろふしぎ】
...無漏〔むろ〕不思議〔ふしぎ〕の

【甚深微妙法:じんじんみみょうほう】
...甚深〔じんじん〕微妙〔みみょう〕の法〔ほう〕を

【我今已具得:がこんいぐとく】
...我〔われ〕今〔いま〕已〔すで〕に具〔そな〕え得〔え〕たり

【唯我知是相:ゆいがちぜそう】
...唯〔ただ〕我〔われ〕のみ是〔こ〕の相〔そう〕を知〔し〕れり

【十方佛亦然:じっぽうぶつやくねん】
...十方〔じっぽう〕の佛〔ほとけ〕も亦〔また〕然〔しか〕なり

【舎利弗當知:しゃりほっとうち】
...舎利弗〔しゃりほつ〕當〔まさ〕に知〔し〕るべし

【諸佛語無異:しょぶつごむい】
...諸佛〔しょぶつ〕は語〔みこと〕異〔ことな〕ること無〔な〕し

【於佛所説法:おぶっしょせっぽう】
...佛〔ほとけ〕の所説〔しょせつ〕の法〔ほう〕に於〔おい〕て

【當生大信力:とうしょうだいしんりき】
...當〔まさ〕に大信力〔だいしんりき〕を生〔しょう〕ずべし

【世尊法久後:せそんほうくご】
...世尊〔せそん〕は法〔ほう〕久〔ひさ〕しうして後〔のち〕

【要當説眞實:ようとうせっしんじつ】
...要〔かなら〕ず當〔まさ〕に眞實〔しんじつ〕を説〔と〕きたもうべし

【告諸声聞衆:ごうしょしょうもんじゅ】
...諸〔もろもろ〕の声聞衆〔しょうもんしゅ〕と

【及求縁覚乗:ぎゅうぐえんがくじょう】
...及〔およ〕び縁覚乗〔えんがくじょう〕を求〔もと〕むるものに告〔つ〕ぐ

【我令脱苦縛:がりょうだっくばく】
...我〔われ〕苦縛〔くばく〕を脱〔だっ〕せしめ

【逮得涅槃者:たいとくねはんじゃ】
...涅槃〔ねはん〕を逮得〔たいとく〕したることは

【佛以方便力:ぶっちほうべんりき】
...佛〔ほとけ〕方便力〔ほうべんりき〕を以〔もっ〕て

【示以三乗教:じいさんじょうきょう】
...示〔しめ〕すに三乗〔さんじょう〕の教〔おしえ〕を以〔もっ〕てす

【衆生処処著:しゅじょうしょしょじゃく】
...衆生〔しゅじょう〕処処〔しょしょ〕の著〔じゃく〕

【引之令得出:いんしりょうとくしゅつ】
...之〔これ〕を引〔ひ〕いて出〔い〕ずることを得〔え〕せしめんとなり

【爾時大衆中。:にじだいしゅちゅう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に大衆〔だいしゅ〕の中〔なか〕に、

【有諸声聞。:うしょしょうもん】
諸〔もろもろ〕の声聞〔しょうもん〕、

【漏尽阿羅漢。:ろじんあらかん】
漏尽〔ろじん〕の阿羅漢〔あらかん〕、

【阿若憍陳如等。:あにゃきょうじんにょとう】
阿若憍陳如等〔あにゃきょうじんにょとう〕の

【千二百人。:せんにひゃくにん】
千二百人〔せんにひゃくにん〕、

【及發声聞。:ぎゅうほっしょうもん】
及〔およ〕び声聞〔しょうもん〕、

【辟支佛心。:ひゃくしぶっしん】
辟支佛〔ひゃくしぶつ〕の心〔こころ〕を發〔おこ〕せる

【比丘。:びく】
比丘〔びく〕、

【比丘尼。:びくに】
比丘尼〔びくに〕、

【優婆塞。:うばそく】
優婆塞〔うばそく〕、

【優婆夷。:うばい】
優婆夷〔うばい〕有〔あ〕り。

【各作是念。:かくさぜねん】
各〔おのおの〕是〔こ〕の念〔ねん〕を作〔な〕さく、

【今者世尊。:こんじゃせそん】
...今者〔いま〕世尊〔せそん〕、

【何故慇懃。:がこおんごん】
...何〔なに〕か故〔ゆえ〕ぞ、

【称歎方便。:しょうたんほうべん】
...慇懃〔おんごん〕に方便〔ほうべん〕を称歎〔しょうたん〕して、

【而作是言。:にさぜごん】
...是〔こ〕の言〔みこと〕を作〔な〕したもう。

【佛所得法。:ぶっしょとくほう】
...佛〔ほとけ〕の得〔え〕たまえる所〔ところ〕の法〔ほう〕は、

【甚深難解。:じんじんなんげ】
...甚深〔じんじん〕にして解〔げ〕し難〔がた〕く、

【有所言説。:うしょごんぜつ】
...言説〔ごんぜつ〕したもう所〔ところ〕有〔あ〕るは、

【意趣難知。:いしゅなんち】
...意趣〔いしゅ〕知〔し〕り難〔がた〕し。

【一切声聞。:いっさいしょうもん】
...一切〔いっさい〕の声聞〔しょうもん〕、

【辟支佛。:ひゃくしぶつ】
...辟支佛〔ひゃくしぶつ〕の

【所不能及。:しょふのうぎゅう】
...及〔およ〕ぶこと能〔あた〕わざる所〔ところ〕なり。

【佛説一解脱義。:ぶっせついちげだつぎ】
...佛〔ほとけ〕、一解脱〔いちげだつ〕の義〔ぎ〕を説〔と〕きたまいしかば、

【我等亦得此法。:がとうやくとくしほう】
...我等〔われら〕も亦〔また〕

【到於涅槃。:とうおねはん】
...此〔こ〕の法〔ほう〕を得〔え〕て、涅槃〔ねはん〕に到〔いた〕れり。

【而今不知。:にこんふち】
...而〔しか〕るに今〔いま〕、

【是義所趣。:ぜぎしょしゅ】
...是〔こ〕の義〔ぎ〕の所趣〔しょしゅ〕を知〔し〕らず。

【爾時舎利弗。:にじしゃりほつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に舎利弗〔しゃりほつ〕、

【知四衆心疑。:ちししゅしんぎ】
四衆〔ししゅ〕の心〔こころ〕の疑〔うたがい〕を知〔し〕り、

【自亦未了。:じやくみりょう】
自〔みずか〕らも亦〔また〕未〔いま〕だ了〔りょう〕せずして、

【而白佛言。:にびゃくぶつごん】
佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【何因何縁。:がいんがえん】
...何〔なに〕の因〔いん〕、何〔なに〕の縁〔えん〕あってか、

【慇懃称歎。:おんごんしょうたん】
...慇懃〔おんごん〕に

【諸佛第一方便。:しょぶつだいいちほうべん】
...諸佛〔しょぶつ〕第一〔だいいち〕の方便〔ほうべん〕、

【甚深微妙。:じんじんみみょう】
...甚深〔じんじん〕微妙〔みみょう〕

【難解之法。:なんげしほう】
...難解〔なんげ〕の法〔ほう〕を称歎〔しょうたん〕したもう。

【我自昔来。:がじしゃくらい】
...我〔われ〕昔〔むかし〕より来〔このかた〕、

【未曾従佛。:みぞうじゅうぶつ】
...未〔いま〕だ曾〔かつ〕て佛〔ほとけ〕に従〔したが〕って

【聞如是説。:もんにょぜせつ】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き説〔せつ〕を聞〔き〕きたてまつらず。

【今者四衆。:こんじゃししゅ】
...今者〔いま〕、四衆〔ししゅ〕

【咸皆有疑。:げんかいうぎ】
...咸〔ことごと〕く皆〔みな〕疑〔うたがい〕有〔あ〕り。

【唯願世尊。:ゆいがんせそん】
...唯〔ただ〕願〔ねが〕わくは世尊〔せそん〕、

【敷演斯事。:ふえんしじ】
...斯〔こ〕の事〔じ〕を敷演〔ふえん〕したまえ。

【世尊何故。:せそんがこ】
...世尊〔せそん〕何〔なに〕が故〔ゆえ〕ぞ、

【慇懃称歎。:おんごんしょうたん】
...慇懃〔おんごん〕に

【甚深微妙。:じんじんみみょう】
...甚深〔じんじん〕微妙〔みみょう〕

【難解之法。:なんげしほう】
...難解〔なんげ〕の法〔ほう〕を称歎〔しょうたん〕したもう。

【爾時舎利弗。:にじしゃりほつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に舎利弗〔しゃりほつ〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔もう〕さく、

【慧日大聖尊:えにちだいしょうそん】
...慧日大聖尊〔えにちだいしょうそん〕

【久乃説是法:くないせつぜほう】
...久〔ひさ〕しく有〔あ〕って乃〔いま〕し是〔こ〕の法〔ほう〕を説〔と〕きたもう

【自説得如是:じせっとくにょぜ】
...自〔みずか〕ら是〔かく〕の如〔ごと〕き

【力無畏三昧:りきむいさんまい】
...力〔りき〕無畏〔むい〕三昧〔さんまい〕

【禅定解脱等:ぜんじょうげだっとう】
...禅定〔ぜんじょう〕解脱等〔げだつとう〕の

【不可思議法:ふかしぎほう】
...不可思議〔ふかしぎ〕の法〔ほう〕を得〔え〕たりと説〔と〕きたもう

【道場所得法:どうじょうしょとくほう】
...道場所得〔どうじょうしょとく〕の法〔ほう〕は

【無能發問者:むのうほつもんじゃ】
...能〔よ〕く問〔とい〕を發〔おこ〕す者〔もの〕無〔な〕し

【我意難可測:がいなんかしき】
...我〔わ〕が意〔こころ〕測〔はか〕るべきこと難〔かた〕し

【亦無能問者:やくむのうもんじゃ】
...亦〔また〕能〔よ〕く問〔と〕う者〔もの〕無〔な〕し

【無問而自説:むもんにじせつ】
...問〔と〕うこと無〔な〕けれども而〔しか〕も自〔みずか〕ら説〔と〕いて

【称歎所行道:しょうたんしょぎょうどう】
...所行〔しょぎょう〕の道〔どう〕を称歎〔しょうたん〕したもう

【智慧甚微妙:ちえじんみみょう】
...智慧〔ちえ〕甚〔はなは〕だ微妙〔みみょう〕にして

【諸佛之所得:しょぶっししょとく】
...諸佛〔しょぶつ〕の得〔え〕たまえる所〔ところ〕なり

【無漏諸羅漢:むろしょらかん】
...無漏〔むろ〕の諸〔もろもろ〕の羅漢〔らかん〕

【及求涅槃者:ぎゅうぐねはんじゃ】
...及〔およ〕び涅槃〔ねはん〕を求〔もと〕むる者〔もの〕

【今皆堕疑網:こんかいだぎもう】
...今〔いま〕皆〔みな〕疑網〔ぎもう〕に堕〔だ〕しぬ

【佛何故説是:ぶつがこせつぜ】
...佛〔ほとけ〕何〔なに〕が故〔ゆえ〕ぞ是〔これ〕を説〔と〕きたもう

【其求縁覚者:ごぐえんがくじゃ】
...其〔そ〕の縁覚〔えんがく〕を求〔もと〕むる者〔もの〕

【比丘比丘尼:びくびくに】
...比丘〔びく〕比丘尼〔びくに〕

【諸天龍鬼神:しょてんりゅうきじん】
...諸〔もろもろ〕の天龍〔てんりゅう〕鬼神〔きじん〕

【及乾闥婆等:ぎゅうけんだつばとう】
...及〔およ〕び乾闥婆等〔けんだつばとう〕

【相視懐猶予:そうじえゆよ】
...相視〔あいみ〕て猶予〔ゆよ〕を懐〔いだ〕き

【瞻仰両足尊:せんごうりょうそくそん】
...両足尊〔りょうそくそん〕を瞻仰〔せんごう〕す

【是事為云何:ぜじいうんが】
...是〔こ〕の事〔じ〕云何〔いかん〕なる為〔べ〕き

【願佛為解説:がんぶっちげせつ】
...願〔ねが〕わくは佛〔ほとけ〕為〔ため〕に解説〔げせつ〕したまえ

【於諸声聞衆:おしょしょうもんじゅ】
...諸〔もろもろ〕の声聞衆〔しょうもんしゅ〕に於〔おい〕て

【佛説我第一:ぶっせつがだいいち】
...佛〔ほとけ〕我〔われ〕を第一〔だいいち〕なりと説〔と〕きたもう

【我今自於智:がこんじおち】
...我〔われ〕今〔いま〕自〔みずか〕ら智〔ち〕に於〔おい〕て

【疑惑不能了:ぎわくふのうりょう】
...疑惑〔ぎわく〕して了〔さと〕ること能〔あた〕わず

【為是究竟法:いぜくきょうほう】
...是〔こ〕れ究竟〔くきょう〕の法〔ほう〕とや為〔せ〕ん

【為是所行道:いぜしょぎょうどう】
...是〔こ〕れ所行〔しょぎょう〕の道〔どう〕とや為〔せ〕ん

【佛口所生子:ぶっくしょしょうじ】
...佛口所生〔ぶっくしょしょう〕の子〔みこ〕

【合掌瞻仰待:がっしょうせんごうだい】
...合掌〔がっしょう〕瞻仰〔せんごう〕して待〔ま〕ちたてまつる

【願出微妙音:がんすいみみょうおん】
...願〔ねが〕わくは微妙〔みみょう〕の音〔みこえ〕を出〔いだ〕して

【時為如實説:じいにょじっせつ】
...時〔とき〕に為〔ため〕に實〔じつ〕の如〔ごと〕く説〔と〕きたまえ

【諸天龍神等:しょてんりゅうじんとう】
...諸〔もろもろ〕の天龍神等〔てんりゅうじんとう〕

【其数如恒沙:ごしゅにょごうじゃ】
...其〔そ〕の数〔かず〕恒沙〔ごうじゃ〕の如〔ごと〕し

【求佛諸菩薩:ぐぶつしょぼさつ】
...佛〔ほとけ〕を求〔もと〕むる諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕

【大数有八萬:だいしゅうはちまん】
...大数八萬〔だいしゅはちまん〕有〔あ〕り

【又諸萬億国:うしょまんのっこく】
...又〔また〕諸〔もろもろ〕の萬億国〔まんのくこく〕の

【転輪聖王至:てんりんじょうおうし】
...転輪聖王〔てんりんじょうおう〕の至〔いた〕れる

【合掌以敬心:がっしょういきょうしん】
...合掌〔がっしょう〕し敬心〔きょうしん〕を以〔もっ〕て

【欲聞具足道:よくもんぐそくどう】
...具足〔ぐそく〕の道〔どう〕を聞〔き〕きたてまつらんと欲〔ほっ〕す

【爾時佛告。:にじぶつごう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に佛〔ほとけ〕、

【舎利弗。:しゃりほつ】
舎利弗〔しゃりほつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【止。:し】
...止〔や〕みなん、

【止。:し】
...止〔や〕みなん、

【不須復説。:ふしゅぶせつ】
...復〔また〕説〔と〕くべからず。

【若説是事。:にゃくせつぜじ】
...若〔も〕し是〔こ〕の事〔じ〕を説〔と〕かば、

【一切世間。:いっさいせけん】
...一切世間〔いっさいせけん〕の

【諸天及人。:しょてんぎゅうにん】
...諸天〔しょてん〕及〔およ〕び人〔にん〕、

【皆當驚疑。:かいとうきょうぎ】
...皆〔みな〕當〔まさ〕に驚疑〔きょうぎ〕すべし。

【舎利弗。:しゃりほつ】
舎利弗〔しゃりほつ〕、

【重白佛言。:じゅうびゃくぶつごん】
重〔かさ〕ねて佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【唯願説之。:ゆいがんせっし】
...唯〔ただ〕願〔ねが〕わくは之〔これ〕を説〔と〕きたまえ。

【唯願説之。:ゆいがんせっし】
...唯〔ただ〕願〔ねが〕わくは之〔これ〕を説〔と〕きたまえ。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【是会無数。:ぜえむしゅ】
...是〔こ〕の会〔え〕の無数〔むしゅ〕

【百千萬億。:ひゃくせんまんのく】
...百千萬億〔ひゃくせんまんのく〕

【阿僧祇衆生。:あそうぎしゅじょう】
...阿僧祇〔あそうぎ〕の衆生〔しゅじょう〕は、

【曾見諸佛。:ぞうけんしょぶつ】
...曾〔かつ〕て諸佛〔しょぶつ〕を見〔み〕たてまつり、

【諸根猛利。:しょこんみょうり】
...諸根〔しょこん〕猛利〔みょうり〕にして、

【智慧明了。:ちえみょうりょう】
...智慧〔ちえ〕明了〔みょうりょう〕なり。

【聞佛所説。:もんぶっしょせつ】
...佛〔ほとけ〕の所説〔しょせつ〕を聞〔き〕きたてまつらば、

【則能敬信。:そくのうきょうしん】
...則〔すなわ〕ち能〔よ〕く敬信〔きょうしん〕せん。

【爾時舎利弗。:にじしゃりほつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に舎利弗〔しゃりほつ〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔もう〕さく、

【法王無上尊:ほうおうむじょうそん】
...法王無上尊〔ほうおうむじょうそん〕

【唯説願勿慮:ゆいせつがんもっりょ】
...唯〔ただ〕説〔と〕きたまえ願〔ねが〕わくは慮〔うらおもい〕したもうこと勿〔なか〕れ

【是会無量衆:ぜえむりょうしゅ】
...是〔こ〕の会〔え〕の無量〔むりょう〕の衆〔しゅ〕は

【有能敬信者:うのうきょうしんじゃ】
...能〔よ〕く敬信〔きょうしん〕すべき者〔もの〕有〔あ〕り

【佛復止舎利弗。:ぶつぶししゃりほつ】
佛〔ほとけ〕復〔また〕、

【若説是事。:にゃくせつぜじ】
...止〔や〕みなん舎利弗〔しゃりほつ〕、若〔も〕し是〔こ〕の事〔じ〕を説〔と〕かば、

【一切世間。:いっさいせけん】
...一切世間〔いっさいせけん〕の天〔てん〕、

【天人阿修羅。:てんにんあしゅら】
...人〔にん〕、阿修羅〔あしゅら〕、

【皆當驚疑。:かいとうきょうぎ】
...皆〔みな〕當〔まさ〕に驚疑〔きょうぎ〕すべし。

【増上慢比丘。:ぞうじょうまんびく】
...増上慢〔ぞうじょうまん〕の比丘〔びく〕は、

【将墜於大坑。:しょうついおだいきょう】
...将〔まさ〕に大坑〔だいきょう〕に墜〔お〕つべし。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【重説偈言:じゅうせつげごん】
重〔かさ〕ねて偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【止止不須説:ししふしゅせつ】
...止〔や〕みなん止〔や〕みなん説〔と〕くべからず

【我法妙難思:がほうみょうなんし】
...我〔わ〕が法〔ほう〕は妙〔みょう〕にして思〔おも〕い難〔がた〕し

【諸増上慢者:しょぞうじょうまんじゃ】
...諸〔もろもろ〕の増上慢〔ぞうじょうまん〕の者〔もの〕は

【聞必不敬信:もんぴつふきょうしん】
...聞〔き〕いて必〔かなら〕ず敬信〔きょうしん〕せじ

【爾時舎利弗。:にじしゃりほつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に舎利弗〔しゃりほつ〕、

【重白佛言。:じゅうびゃくぶつごん】
重〔かさ〕ねて佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【唯願説之。:ゆいがんせっし】
...唯〔ただ〕願〔ねが〕わくは之〔これ〕を説〔と〕きたまえ。

【唯願説之。:ゆいがんせっし】
...唯〔ただ〕願〔ねが〕わくは之〔これ〕を説〔と〕きたまえ。

【今此会中。:こんしえちゅう】
...今〔いま〕此〔こ〕の会中〔えちゅう〕の我〔わ〕が

【如我等比。:にょがとうび】
...如〔ごと〕き等比〔たぐい〕、

【百千萬億。:ひゃくせんまんのく】
...百千萬億〔ひゃくせんまんのく〕なるは、

【世世已曾。:せせいぞう】
...世世〔せせ〕に已〔すで〕に曾〔かつ〕て、

【従佛受化。:じゅうぶつじゅけ】
...佛〔ほとけ〕に従〔したが〕いたてまつりて化〔け〕を受〔う〕けたり。

【如此人等。:にょしにんとう】
...此〔かく〕の如〔ごと〕き人等〔にんとう〕、

【必能敬信。:ひつのうきょうしん】
...必〔かなら〕ず能〔よ〕く敬信〔きょうしん〕し、

【長夜安穏。:じょうやあんのん】
...長夜〔じょうや〕安穏〔あんのん〕にして、

【多所饒益。:たしょにょうやく】
...饒益〔にょうやく〕する所〔ところ〕多〔おお〕からん。

【爾時舎利弗。:にじしゃりほつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に舎利弗〔しゃりほつ〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔もう〕さく、

【無上両足尊:むじょうりょうそくそん】
...無上両足尊〔むじょうりょうそくそん〕

【願説第一法:がんせつだいいっぽう】
...願〔ねが〕わくは第一〔だいいち〕の法〔ほう〕を説〔と〕きたまえ

【我為佛長子:がいぶっちょうし】
...我〔われ〕は為〔こ〕れ佛〔ほとけ〕の長子〔ちょうし〕なり

【唯垂分別説:ゆいすいふんべっせつ】
...唯〔ただ〕分別〔ふんべつ〕し説〔と〕くことを垂〔た〕れたまえ

【是会無量衆:ぜえむりょうしゅ】
...是〔こ〕の会〔え〕の無量〔むりょう〕の衆〔しゅ〕は

【能敬信此法:のうきょうしんしほう】
...能〔よ〕く此〔こ〕の法〔ほう〕を敬信〔きょうしん〕せん

【佛已曾世世:ぶっちぞうせせ】
...佛〔ほとけ〕已〔すで〕に曾〔かつ〕て世世〔せせ〕に

【教化如是等:きょうけにょぜとう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き等〔ら〕を教化〔きょうけ〕したまえり

【皆一心合掌:かいいっしんがっしょう】
...皆〔みな〕一心〔いっしん〕に合掌〔がっしょう〕して

【欲聴受佛語:よくちょうじゅぶつご】
...佛語〔ぶつご〕を聴受〔ちょうじゅ〕せんと欲〔ほっ〕す

【我等千二百:がとうせんにひゃく】
...我等〔われら〕千二百〔せんにひゃく〕

【及余求佛者:ぎゅうよぐぶっしゃ】
...及〔およ〕び余〔よ〕の佛〔ほとけ〕を求〔もと〕むる者〔もの〕あり

【願為此衆故:がんにししゅこ】
...願〔ねが〕わくは此〔こ〕の衆〔しゅ〕の為〔ため〕の故〔ゆえ〕に

【唯垂分別説:ゆいすいふんべっせつ】
...唯〔ただ〕分別〔ふんべつ〕し説〔と〕くことを垂〔た〕れたまえ

【是等聞此法:ぜとうもんしほう】
...是等〔これら〕此〔こ〕の法〔ほう〕を聞〔き〕きたてまつらば

【則生大歓喜:そくしょうだいかんぎ】
...則〔すなわ〕ち大歓喜〔だいかんぎ〕を生〔しょう〕ずべし

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【告舎利弗。:ごうしゃりほつ】
舎利弗〔しゃりほつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【汝已慇懃三請。:にょいおんごんさんしょう】
...汝〔なんじ〕已〔すで〕に慇懃〔おんごん〕に三〔み〕たび請〔しょう〕じつ。

【豈得不説。:きとくふせつ】
...豈〔あに〕説〔と〕かざることを得〔え〕んや。

【汝今諦聴。:にょこんたいちょう】
...汝〔なんじ〕今〔いま〕諦〔あきら〕かに聴〔き〕き、

【善思念之。:ぜんしねんし】
...善〔よ〕く之〔これ〕を思念〔しねん〕せよ。

【吾當為汝。:ごとういにょ】
...吾〔われ〕當〔まさ〕に汝〔なんじ〕が為〔ため〕に、

【分別解説。:ふんべつげせつ】
...分別〔ふんべつ〕し解説〔げせつ〕すべし。

【説此語時。:せっしごじ】
此〔こ〕の語〔みこと〕を説〔と〕きたもう時〔とき〕、

【会中有比丘。:えちゅううびく】
会中〔えちゅう〕に比丘〔びく〕、

【比丘尼。:びくに】
比丘尼〔びくに〕、

【優婆塞。:うばそく】
優婆塞〔うばそく〕、

【優婆夷。:うばい】
優婆夷〔うばい〕、

【五千人等。:ごせんにんとう】
五千人等〔ごせんにんとう〕有〔あ〕り。

【即従座起。:そくじゅうざき】
即〔すなわ〕ち座〔ざ〕より起〔た〕って、

【禮佛而退。:らいぶつにたい】
佛〔ほとけ〕を禮〔らい〕して退〔しりぞ〕きぬ。

【所以者何。:しょいしゃが】
所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【此輩罪根深重。:しはいざいこんじんじゅう】
此〔こ〕の輩〔ともがら〕は罪根〔ざいこん〕深重〔じんじゅう〕に、

【及増上慢。:ぎゅうぞうじょうまん】
及〔およ〕び増上慢〔ぞうじょうまん〕にして、

【未得謂得。:みとくいとく】
未〔いま〕だ得〔え〕ざるを得〔え〕たりと謂〔おも〕い、

【未證謂證。:みしょういしょう】
未〔いま〕だ證〔しょう〕せざるを證〔しょう〕せりと謂〔おも〕えり。

【有如此失。:うにょししつ】
此〔かく〕の如〔ごと〕き失〔とが〕有〔あ〕り、

【是以不住。:ぜいふじゅう】
是〔ここ〕を以〔もっ〕て住〔じゅう〕せず。

【世尊黙然。:せそんもくねん】
世尊〔せそん〕黙然〔もくねん〕として、

【而不制止。:にふせいし】
制止〔せいし〕したまわず。

【爾時佛告舎利弗。:にじぶつごうしゃりほつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に佛〔ほとけ〕、舎利弗〔しゃりほつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【我今此衆。:がこんししゅ】
...我〔わ〕が今〔いま〕此〔こ〕の衆〔しゅ〕は、

【無復枝葉。:むぶしよう】
...復〔また〕枝葉〔しよう〕無〔な〕く、

【純有貞實。:じゅんぬじょうじつ】
...純〔もっぱら〕ら貞實〔じょうじつ〕のみ有〔あ〕り。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【如是増上慢人。:にょぜぞうじょうまんにん】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き増上慢〔ぞうじょうまん〕の人〔ひと〕は、

【退亦佳矣。:たいやくけい】
...退〔しりぞ〕くも亦〔また〕佳〔よ〕し。

【汝今善聴。:にょこんぜんちょう】
...汝〔なんじ〕今〔いま〕善〔よ〕く聴〔き〕け、

【當為汝説。:とういにょせつ】
...當〔まさ〕に汝〔なんじ〕が為〔ため〕に説〔と〕くべし。

【舎利弗言。:しゃりほつごん】
舎利弗〔しゃりほつ〕の言〔もう〕さく、

【唯然。:ゆいねん】
...唯然〔ゆいねん〕、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【願楽欲聞。:がんぎょうよくもん】
...願楽〔ねが〕わくは聞〔き〕きたてまつらんと欲〔ほっ〕す。

【佛告舎利弗。:ぶつごうしゃりほつ】
佛〔ほとけ〕、舎利弗〔しゃりほつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【如是妙法。:にょぜみょうほう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き妙法〔みょうほう〕は、

【諸佛如来。:しょぶつにょらい】
...諸佛〔しょぶつ〕如来〔にょらい〕、

【時乃説之。:じないせっし】
...時〔とき〕に乃〔いま〕し之〔これ〕を説〔と〕きたもう。

【如優曇鉢華。:にょうどんばっけ】
...優曇鉢華〔うどんばつけ〕の

【時一現耳。:じいちげんに】
...時〔とき〕に一〔ひと〕たび現〔げん〕ずるが如〔ごと〕き耳〔のみ〕。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【汝等當信。:にょとうとうしん】
...汝等〔なんだち〕當〔まさ〕に信〔しん〕ずべし。

【佛之所説。:ぶっししょせつ】
...佛〔ほとけ〕の所説〔しょせつ〕は、

【言不虚妄。:ごんふこもう】
...言〔みこと〕虚妄〔こもう〕ならず。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【諸佛随宜説法。:しょぶつずいぎせっぽう】
...諸佛〔しょぶつ〕の随宜〔ずいぎ〕の説法〔せっぽう〕は、

【意趣難解。:いしゅなんげ】
...意趣〔いしゅ〕解〔げ〕し難〔がた〕し。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【我以無数方便。:がいむしゅほうべん】
...我〔われ〕、無数〔むしゅ〕の方便〔ほうべん〕、

【種種因縁。:しゅじゅいんねん】
...種種〔しゅじゅ〕の因縁〔いんねん〕、

【譬喩言辞。:ひゆごんじ】
...譬喩〔ひゆ〕、言辞〔ごんじ〕を以〔もっ〕て

【演説諸法。:えんぜっしょほう】
...諸法〔しょほう〕を演説〔えんぜつ〕す。

【是法非思量分別。:ぜほうひしりょうふんべつ】
...是〔こ〕の法〔ほう〕は思量〔しりょう〕分別〔ふんべつ〕の能〔よ〕く

【之所能解。:ししょのうげ】
...解〔げ〕する所〔ところ〕に非〔あら〕ず。

【唯有諸佛。:ゆいうしょぶつ】
...唯〔ただ〕諸佛〔しょぶつ〕のみ有〔ましま〕して、

【乃能知之。:ないのうちし】
...乃〔いま〕し能〔よ〕く之〔これ〕を知〔し〕ろしめせり。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【諸佛世尊。:しょぶっせそん】
...諸佛世尊〔しょぶつせそん〕は、

【唯以一大事因縁故。:ゆいいいちだいじいんねんこ】
...唯〔ただ〕一大事〔いちだいじ〕の因縁〔いんねん〕を以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に

【出現於世。:しゅつげんのせ】
...世〔よ〕に出現〔しゅつげん〕したもう。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【云何名諸佛世尊。:うんがみょうしょぶっせそん】
...云何〔いかん〕なるか、諸佛世尊〔しょぶつせそん〕は

【唯以一大事因縁故。:ゆいいいちだいじいんねんこ】
...唯〔ただ〕一大事〔いちだいじ〕の因縁〔いんねん〕を以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に、

【出現於世。:しゅつげんのせ】
...世〔よ〕に出現〔しゅつげん〕したもうと名〔な〕づくる。

【諸佛世尊。:しょぶっせそん】
...諸佛世尊〔しょぶつせそん〕は、

【欲令衆生。:よくりょうしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕をして、

【開佛知見。:かいぶっちけん】
...佛知見〔ぶっちけん〕を開〔ひら〕かしめ、

【使得清浄故。:しとくしょうじょうこ】
...清浄〔しょうじょう〕なることを得〔え〕せしめんと欲〔ほっ〕するが故〔ゆえ〕に、

【出現於世。:しゅつげんのせ】
...世〔よ〕に出現〔しゅつげん〕したもう。

【欲示衆生。:よくじしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕に

【佛知見故。:ぶっちけんこ】
...佛知見〔ぶっちけん〕を示〔しめ〕さんと欲〔ほっ〕するが故〔ゆえ〕に、

【出現於世。:しゅつげんのせ】
...世〔よ〕に出現〔しゅつげん〕したもう。

【欲令衆生。:よくりょうしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕をして、

【悟佛知見故。:ごぶっちけんこ】
...佛知見〔ぶっちけん〕を悟〔さと〕らしめんと欲〔ほっ〕するが故〔ゆえ〕に、

【出現於世。:しゅつげんのせ】
...世〔よ〕に出現〔しゅつげん〕したもう。

【欲令衆生。:よくりょうしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕をして、

【入佛知見道故。:にゅうぶっちけんどうこ】
...佛知見〔ぶっちけん〕の道〔どう〕に入〔い〕らしめんと欲〔ほっ〕するが故〔ゆえ〕に、

【出現於世。:しゅつげんのせ】
...世〔よ〕に出現〔しゅつげん〕したもう。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【是為諸佛。:ぜいしょぶつ】
...是〔これ〕を諸佛〔しょぶつ〕は

【唯以一大事因縁故。:ゆいいいちだいじいんねんこ】
...唯〔ただ〕一大事〔いちだいじ〕の因縁〔いんねん〕を以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に、

【出現於世。:しゅつげんのせ】
...世〔よ〕に出現〔しゅつげん〕したもうと為〔な〕づく。

【佛告舎利弗。:ぶつごうしゃりほつ】
佛〔ほとけ〕、舎利弗〔しゃりほつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【諸佛如来。:しょぶつにょらい】
...諸佛如来〔しょぶつにょらい〕は

【但教化菩薩。:たんきょうけぼさつ】
...但〔ただ〕菩薩〔ぼさつ〕を教化〔きょうけ〕したもう。

【諸有所作。:しょうしょさ】
...諸〔もろもろ〕の所作〔しょさ〕有〔あ〕るは

【常為一事。:じょういいちじ】
...常〔つね〕に一事〔いちじ〕の為〔ため〕なり。

【唯以佛之知見。:ゆいいぶっしちけん】
...唯〔ただ〕佛〔ほとけ〕の知見〔ちけん〕を以〔もっ〕て、

【示悟衆生。:じごしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕に示悟〔じご〕したまわんとなり。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【如来但以一佛乗故。:にょらいたんにいちぶつじょうこ】
...如来〔にょらい〕は但〔ただ〕一佛乗〔いちぶつじょう〕を以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に、

【為衆生説法。:いしゅじょうせっぽう】
...衆生〔しゅじょう〕の為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕きたもう。

【無有余乗。:むうよじょう】
...余乗〔よじょう〕の若〔も〕しは二〔に〕、

【若二若三。:にゃくににゃくさん】
...若〔も〕しは三〔さん〕有〔あ〕ること無〔な〕し。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【一切十方諸佛。:いっさいじっぽうしょぶつ】
...一切十方〔いっさいじっぽう〕の諸佛〔しょぶつ〕の

【法亦如是。:ほうやくにょぜ】
...法〔ほう〕も亦〔また〕是〔かく〕の如〔ごと〕し。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【過去諸佛。:かこしょぶつ】
...過去〔かこ〕の諸佛〔しょぶつ〕も、

【以無量無数方便。:いむりょうむしゅほうべん】
...無量無数〔むりょうむしゅ〕の方便〔ほうべん〕、

【種種因縁。:しゅじゅいんねん】
...種種〔しゅじゅ〕の因縁〔いんねん〕、

【譬喩言辞。:ひゆごんじ】
...譬喩〔ひゆ〕、言辞〔ごんじ〕を以〔もっ〕て、

【而為衆生。:にいしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕の為〔ため〕に

【演説諸法。:えんぜっしょほう】
...諸法〔しょほう〕を演説〔えんぜつ〕したもう。

【是法皆為。:ぜほうかいい】
...是〔こ〕の法〔ほう〕も皆〔みな〕、

【一佛乗故。:いちぶつじょうこ】
...一佛乗〔いちぶつじょう〕の為〔ため〕の故〔ゆえ〕なり。

【是諸衆生。:ぜしょしゅじょう】
...是〔こ〕の諸〔もろもろ〕の衆生〔しゅじょう〕の、

【従諸佛聞法。:じゅうしょぶつもんぼう】
...諸佛〔しょぶつ〕に従〔したが〕いたてまつりて法〔ほう〕を聞〔き〕きしも、

【究竟皆得。:くきょうかいとく】
...究竟〔くきょう〕して皆〔みな〕、

【一切種智。:いっさいしゅち】
...一切種智〔いっさいしゅち〕を得〔え〕たり。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【未来諸佛。:みらいしょぶつ】
...未来〔みらい〕の諸佛〔しょぶつ〕の、

【當出於世。:とうしゅっとせ】
...當〔まさ〕に世〔よ〕に出〔い〕でたもうべきも、

【亦以無量。:やくいむりょう】
...亦〔また〕無量〔むりょう〕

【無数方便。:むしゅほうべん】
...無数〔むしゅ〕の方便〔ほうべん〕、

【種種因縁。:しゅじゅいんねん】
...種種〔しゅじゅ〕の因縁〔いんねん〕、

【譬喩言辞。:ひゆごんじ】
...譬喩〔ひゆ〕、言辞〔ごんじ〕を以〔もっ〕て

【而為衆生。:にいしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕の為〔ため〕に、

【演説諸法。:えんぜっしょほう】
...諸法〔しょほう〕を演説〔えんぜつ〕したまわん。

【是法皆為。:ぜほうかいい】
...是〔こ〕の法〔ほう〕も皆〔みな〕、

【一佛乗故。:いちぶつじょうこ】
...一佛乗〔いちぶつじょう〕の為〔ため〕の故〔ゆえ〕なり。

【是諸衆生。:ぜしょしゅじょう】
...是〔こ〕の諸〔もろもろ〕の衆生〔しゅじょう〕の、

【従佛聞法。:じゅうぶつもんぼう】
...佛〔ほとけ〕に従〔したが〕いたてまつりて法〔ほう〕を聞〔き〕かんも、

【究竟皆得。:くきょうかいとく】
...究竟〔くきょう〕して皆〔みな〕、

【一切種智。:いっさいしゅち】
...一切種智〔いっさいしゅち〕を得〔う〕べし。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【現在十方。:げんざいじっぽう】
...現在〔げんざい〕十方〔じっぽう〕の

【無量百千萬億。:むりょうひゃくせんまんのく】
...無量百千萬億〔むりょうひゃくせんまんのく〕の

【佛土中。:ぶつどちゅう】
...佛土〔ぶつど〕の中〔なか〕の

【諸佛世尊。:しょぶっせそん】
...諸佛世尊〔しょぶつせそん〕の、

【多所饒益。:たしょにょうやく】
...衆生〔しゅじょう〕を饒益〔にょうやく〕し、

【安楽衆生。:あんらくしゅじょう】
...安楽〔あんらく〕ならしめたもう所〔ところ〕多〔おお〕し。

【是諸佛。:ぜしょぶつ】
...是〔こ〕の諸佛〔しょぶつ〕も、

【亦以無量。:やくいむりょう】
...亦〔また〕無量〔むりょう〕

【無数方便。:むしゅほうべん】
...無数〔むしゅ〕の方便〔ほうべん〕、

【種種因縁。:しゅじゅいんねん】
...種種〔しゅじゅ〕の因縁〔いんねん〕、

【譬喩言辞。:ひゆごんじ】
...譬喩〔ひゆ〕、言辞〔ごんじ〕を以〔もっ〕て、

【而為衆生。:にいしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕の為〔ため〕に

【演説諸法。:えんぜっしょほう】
...諸法〔しょほう〕を演説〔えんぜつ〕したもう。

【是法皆為。:ぜほうかいい】
...是〔こ〕の法〔ほう〕も皆〔みな〕、

【一佛乗故。:いちぶつじょうこ】
...一佛乗〔いちぶつじょう〕の為〔ため〕の故〔ゆえ〕なり。

【是諸衆生。:ぜしょしゅじょう】
...是〔こ〕の諸〔もろもろ〕の衆生〔しゅじょう〕の、

【従佛聞法。:じゅうぶつもんぼう】
...佛〔ほとけ〕に従〔したが〕いたてまつりて法〔ほう〕を聞〔き〕けるも、

【究竟皆得。:くきょうかいとく】
...究竟〔くきょう〕して皆〔みな〕、

【一切種智。:いっさいしゅち】
...一切種智〔いっさいしゅち〕を得〔う〕。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【是諸佛。:ぜしょぶつ】
...是〔こ〕の諸佛〔しょぶつ〕は、

【但教化菩薩。:たんきょうけぼさつ】
...但〔ただ〕菩薩〔ぼさつ〕を教化〔きょうけ〕したもう。

【欲以佛之知見。:よくいぶっしちけん】
...佛〔ほとけ〕の知見〔ちけん〕を以〔もっ〕て

【示衆生故。:じしゅじょうこ】
...衆生〔しゅじょう〕に示〔しめ〕さんと

【欲以佛之知見。:よくいぶっしちけん】
...欲〔ほっ〕するが故〔ゆえ〕に、佛〔ほとけ〕の知見〔ちけん〕を以〔もっ〕て

【悟衆生故。:ごしゅじょうこ】
...衆生〔しゅじょう〕に悟〔さと〕らしめんと

【欲令衆生。:よくりょうしゅじょう】
...欲〔ほっ〕するが故〔ゆえ〕に、衆生〔しゅじょう〕をして

【入佛知見道故。:にゅうぶっちけんどうこ】
...佛〔ほとけ〕の知見〔ちけん〕の道〔どう〕に入〔い〕らしめんと欲〔ほっ〕するが故〔ゆえ〕なり。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【我今亦復如是。:がこんやくぶにょぜ】
...我〔われ〕も今〔いま〕亦復〔またまた〕是〔かく〕の如〔ごと〕し。

【知諸衆生。:ちしょしゅじょう】
...諸〔もろもろ〕の衆生〔しゅじょう〕に、

【有種種欲。:うしゅじゅよく】
...種種〔しゅじゅ〕の欲〔よく〕、

【深心所著。:じんしんしょじゃく】
...深心〔じんしん〕の所著〔しょじゃく〕有〔あ〕ることを知〔し〕って、

【随其本性。:ずいごほんしょう】
...其〔そ〕の本性〔ほんしょう〕に随〔したが〕って、

【以種種因縁。:いしゅじゅいんねん】
...種種〔しゅじゅ〕の因縁〔いんねん〕、

【譬喩言辞。:ひゆごんじ】
...譬喩〔ひゆ〕、言辞〔ごんじ〕、

【方便力故。:ほうべんりきこ】
...方便力〔ほうべんりき〕を以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に、

【而為説法。:にいせっぽう】
...而〔しか〕も為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕く。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【如此皆為。:にょしかいい】
...此〔かく〕の如〔ごと〕きは皆〔みな〕、

【得一佛乗。:とくいちぶつじょう】
...一佛乗〔いちぶつじょう〕の

【一切種智故。:いっさいしゅちこ】
...一切種智〔いっさいしゅち〕を得〔え〕せしめんが為〔ため〕の故〔ゆえ〕なり。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【十方世界中。:じっぽうせかいちゅう】
...十方世界〔じっぽうせかい〕の中〔なか〕には、

【尚無二乗。:しょうむにじょう】
...尚〔なお〕二乗〔にじょう〕無〔な〕し。

【何況有三。:がきょううさん】
...何〔いか〕に況〔いわ〕んや、三〔さん〕有〔あ〕らんや。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【諸佛出於。:しょぶつしゅっと】
...諸佛〔しょぶつ〕は

【五濁惡世。:ごじょくあくせ】
...五濁〔ごじょく〕の惡世〔あくせ〕に出〔い〕でたもう。

【所謂劫濁。:しょいこうじょく】
...所謂〔いわゆる〕劫濁〔こうじょく〕・

【煩悩濁。:ぼんのうじょく】
...煩悩濁〔ぼんのうじょく〕・

【衆生濁。:しゅじょうじょく】
...衆生濁〔しゅじょうじょく〕・

【見濁。:けんじょく】
...見濁〔けんじょく〕・

【命濁。:みょうじょく】
...命濁〔みょうじょく〕なり。

【如是舎利弗。:にょぜしゃりほつ】
...是〔かく〕の如〔ごと〕し舎利弗〔しゃりほつ〕、

【劫濁乱時。:こうじょくらんじ】
...劫〔こう〕の濁乱〔じょくらん〕の時〔とき〕は、

【衆生垢重。:しゅじょうくじゅう】
...衆生〔しゅじょう〕垢重〔くじゅう〕く、

【慳貪嫉妬。:けんどんしっと】
...慳貪嫉妬〔けんどんしっと〕にして、

【成就諸不善根故。:じょうじゅしょふぜんごんこ】
...諸〔もろもろ〕の不善根〔ふぜんごん〕を成就〔じょうじゅ〕するが故〔ゆえ〕に、

【諸佛以方便力。:しょぶついほうべんりき】
...諸佛〔しょぶつ〕方便力〔ほうべんりき〕を以〔もっ〕て、

【於一佛乗。:おいちぶつじょう】
...一佛乗〔いちぶつじょう〕に於〔おい〕て、

【分別説三。:ふんべっせっさん】
...分別〔ふんべつ〕して三〔さん〕と説〔と〕きたもう。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【若我弟子。:にゃくがでし】
...若〔も〕し我〔わ〕が弟子〔でし〕、

【自謂阿羅漢。:じいあらかん】
...自〔みずか〕ら阿羅漢〔あらかん〕、

【辟支佛者。:ひゃくしぶっしゃ】
...辟支佛〔ひゃくしぶつ〕なりと謂〔い〕わん者〔もの〕、

【不聞不知。:ふもんふち】
...①

【諸佛如来。:しょぶつにょらい】
...諸佛如来〔しょぶつにょらい〕の、

【但教化菩薩事。:たんきょうけぼさつじ】
...但〔ただ〕菩薩〔ぼさつ〕を教化〔きょうけ〕したもう事〔じ〕を、①聞〔き〕かず知〔し〕らずんば、

【此非佛弟子。:しひぶつでし】
...此〔こ〕れ佛弟子〔ぶつでし〕に非〔あら〕ず、

【非阿羅漢。:ひあらかん】
...阿羅漢〔あらかん〕に非〔あら〕ず、

【非辟支佛。:ひひゃくしぶつ】
...辟支佛〔ひゃくしぶつ〕に非〔あら〕ず。

【又舎利弗。:うしゃりほつ】
...又〔また〕舎利弗〔しゃりほつ〕、

【是諸比丘。:ぜしょびく】
...是〔こ〕の諸〔もろもろ〕の比丘〔びく〕、

【比丘尼。:びくに】
...比丘尼〔びくに〕、

【自謂已得。:じいいとく】
...自〔みずか〕ら已〔すで〕に

【阿羅漢。:あらかん】
...阿羅漢〔あらかん〕を得〔え〕たり。

【是最後身。:ぜさいごしん】
...是〔こ〕れ最後身〔さいごしん〕なり、

【究竟涅槃。:くきょうねはん】
...究竟〔くきょう〕の涅槃〔ねはん〕なりと謂〔おも〕いて、

【便不復志求。:べんふぶしぐ】
...便〔すなわ〕ち復〔また〕②

【阿耨多羅三藐三菩提。:あのくたらさんみゃくさんぼだい】
...阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕を②志求〔しぐ〕せざらん。

【當知此輩。:とうちしはい】
...當〔まさ〕に知〔し〕るべし、此〔こ〕の輩〔ともがら〕は

【皆是増上慢人。:かいぜぞうじょうまんにん】
...皆〔みな〕是〔こ〕れ増上慢〔ぞうじょうまん〕の人〔ひと〕なり。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【若有比丘。:にゃくうびく】
...若〔も〕し比丘〔びく〕の、

【實得阿羅漢。:じっとくあらかん】
...實〔じつ〕に阿羅漢〔あらかん〕を得〔え〕たる有〔あ〕って、

【若不信此法。:にゃくふしんしほう】
...若〔も〕し此〔こ〕の法〔ほう〕を信〔しん〕ぜずといわば、

【無有是処。:むうぜしょ】
...是〔こ〕の処〔ことわり〕有〔あ〕ること無〔な〕けん。

【除佛滅度後。:じょぶつめつどご】
...佛〔ほとけ〕の滅度〔めつど〕の後〔のち〕、

【現前無佛。:げんぜんむぶつ】
...現前〔げんぜん〕に佛〔ほとけ〕無〔な〕からんをば除〔のぞ〕く。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【佛滅度後。:ぶつめつどご】
...佛〔ほとけ〕の滅度〔めつど〕の後〔のち〕に、

【如是等經。:にょぜとうきょう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き等〔ら〕の經〔きょう〕を、

【受持読誦。:じゅじどくじゅ】
...受持〔じゅじ〕し、読誦〔どくじゅ〕し、

【解其義者。:げごぎしゃ】
...其〔そ〕の義〔ぎ〕を解〔げ〕せん者〔もの〕、

【是人難得。:ぜにんなんとく】
...是〔こ〕の人〔ひと〕得難〔えがた〕ければなり。

【若遇余佛。:にゃくぐよぶつ】
...若〔も〕し余佛〔よぶつ〕に遇〔あ〕わば、

【於此法中。:おしほうちゅう】
...此〔こ〕の法〔ほう〕の中〔なか〕に於〔おい〕て、

【便得決了。:べんとくけっりょう】
...便〔すなわ〕ち決了〔けつりょう〕することを得〔え〕ん。

【舎利弗。:しゃりほつ】
...舎利弗〔しゃりほつ〕、

【汝等當一心信解。:にょとうとういっしんしんげ】
...汝等〔なんだち〕當〔まさ〕に一心〔いっしん〕に信解〔しんげ〕し、

【受持佛語。:じゅじぶつご】
...佛語〔ぶつご〕を受持〔じゅじ〕すべし。

【諸佛如来。:しょぶつにょらい】
...諸佛如来〔しょぶつにょらい〕は

【言無虚妄。:ごんむこもう】
...言〔みこと〕虚妄〔こもう〕無〔な〕し。

【無有余乗。:むうよじょう】
...余乗〔よじょう〕有〔あ〕ること無〔な〕く、

【唯一佛乗。:ゆいいちぶつじょう】
...唯〔ただ〕一佛乗〔いちぶつじょう〕のみなり。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【比丘比丘尼:びくびくに】
...比丘〔びく〕比丘尼〔びくに〕の

【有懐増上慢:うえぞうじょうまん】
...増上慢〔ぞうじょうまん〕を懐〔いだ〕くこと有〔あ〕る

【優婆塞我慢:うばそくがまん】
...優婆塞〔うばそく〕の我慢〔がまん〕なる

【優婆夷不信:うばいふしん】
...優婆夷〔うばい〕の不信〔ふしん〕なる

【如是四衆等:にょぜししゅとう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き四衆等〔ししゅら〕

【其数有五千:ごしゅうごせん】
...其〔そ〕の数〔かず〕五千〔ごせん〕有〔あ〕り

【不自見其過:ふじけんごか】
...自〔みずか〕ら其〔そ〕の過〔とが〕を見〔み〕ず

【於戒有欠漏:おかいうけっろ】
...戒〔かい〕に於〔おい〕て欠漏〔けつろ〕有〔あ〕って

【護惜其瑕疵:ごしゃくごけし】
...其〔そ〕の瑕疵〔けし〕を護〔まも〕り惜〔お〕しむ

【是小智已出:ぜしょうちいしゅつ】
...是〔こ〕の小智〔しょうち〕は已〔すで〕に出〔い〕でぬ

【衆中之糟糠:しゅじゅうしそうこう】
...衆中〔しゅじゅう〕の糟糠〔そうこう〕なり

【佛威徳故去:ぶっちとっここ】
...佛〔ほとけ〕の威徳〔いとく〕の故〔ゆえ〕に去〔さ〕りぬ

【斯人尠福徳:しにんせんふくとく】
...斯〔こ〕の人〔ひと〕は福徳〔ふくとく〕尠〔すくな〕くして

【不堪受是法:ふかんじゅぜほう】
...是〔こ〕の法〔ほう〕を受〔う〕くるに堪〔た〕えず

【此衆無枝葉:ししゅむしよう】
...此〔こ〕の衆〔しゅ〕は枝葉無〔しような〕し

【唯有諸貞實:ゆいうしょじょうじつ】
...唯〔ただ〕諸〔もろもろ〕の貞實〔じょうじつ〕のみ有〔あ〕り

【舎利弗善聴:しゃりほつぜんちょう】
...舎利弗〔しゃりほつ〕善〔よ〕く聴〔き〕け

【諸佛所得法:しょぶっしょとくほう】
...諸佛〔しょぶつ〕所得〔しょとく〕の法〔ほう〕は

【無量方便力:むりょうほうべんりき】
...無量〔むりょう〕の方便力〔ほうべんりき〕をもって

【而為衆生説:にいしゅじょうせつ】
...衆生〔しゅじょう〕の為〔ため〕に説〔と〕きたもう

【衆生心所念:しゅじょうしんしょねん】
...衆生〔しゅじょう〕の心〔こころ〕の所念〔しょねん〕

【種種所行道:しゅじゅしょぎょうどう】
...種種〔しゅじゅ〕の所行〔しょぎょう〕の道〔どう〕

【若干諸欲性:にゃっかんしょよくしょう】
...若干〔そこばく〕の諸〔もろもろ〕の欲性〔よくしょう〕

【先世善惡業:せんぜぜんなくごう】
...先世〔せんぜ〕の善惡〔ぜんなく〕の業〔ごう〕

【佛悉知是已:ぶっしっちぜい】
...佛〔ほとけ〕悉〔ことごと〕く是〔これ〕を知〔し〕ろしめし已〔おわ〕って

【以諸縁譬喩:いしょえんひゆ】
...諸〔もろもろ〕の縁〔えん〕譬喩〔ひゆ〕

【言辞方便力:ごんじほうべんりき】
...言辞〔ごんじ〕方便力〔ほうべんりき〕を以〔もっ〕て

【令一切歓喜:りょういっさいかんぎ】
...一切〔いっさい〕をして歓喜〔かんぎ〕せしめたもう

【或説修多羅:わくせっしゅたら】
...或〔あるい〕は修多羅〔しゅたら〕

【伽陀及本事:かだぎゅうほんじ】
...伽陀及〔かだおよ〕び本事〔ほんじ〕

【本生未曾有:ほんじょうみぞうう】
...本生〔ほんじょう〕未曾有〔みぞう〕を説〔と〕き

【亦説於因縁:やくせっといんねん】
...亦〔また〕因縁〔いんねん〕

【譬喩并祇夜:ひゆびょうぎや】
...譬喩〔ひゆ〕並〔なら〕びに祇夜〔ぎや〕

【優婆提舎經:うばだいしゃきょう】
...優婆提舎經〔うばだいしゃきょう〕を説〔と〕きたもう

【鈍根楽小法:どんごんぎょうしょうぼう】
...鈍根〔どんこん〕にして小法〔しょうぼう〕を楽〔ねが〕い

【貪著於生死:とんじゃくおしょうじ】
...生死〔しょうじ〕に貪著〔とんじゃく〕し

【於諸無量佛:おしょむりょうぶつ】
...諸〔もろもろ〕の無量〔むりょう〕の佛〔ほとけ〕に於〔おい〕て

【不行深妙道:ふぎょうじんみょうどう】
...深妙〔じんみょう〕の道〔どう〕を行〔ぎょう〕ぜずして

【衆苦所悩乱:しゅくしょのうらん】
...衆苦〔しゅく〕に悩乱〔のうらん〕せらる

【為是説涅槃:いぜせつねはん】
...是〔これ〕が為〔ため〕に涅槃〔ねはん〕を説〔と〕きたもう

【我設是方便:がせつぜほうべん】
...我〔われ〕是〔こ〕の方便〔ほうべん〕を設〔もう〕けて

【令得入佛慧:りょうとくにゅうぶって】
...佛慧〔ぶって〕に入〔い〕ることを得〔え〕せしむ

【未曾説汝等:みぞうせつにょとう】
...未〔いま〕だ曾〔かつ〕て汝等〔なんだち〕

【當得成佛道:とうとくじょうぶつどう】
...當〔まさ〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕ずることを得〔う〕べしと説〔と〕かず

【所以未曾説:しょいみぞうせつ】
...未〔いま〕だ曾〔かつ〕て説〔と〕かざる所以〔ゆえ〕は

【説時未至故:せつじみしこ】
...説時〔せつじ〕未〔いま〕だ至〔いた〕らざる故〔ゆえ〕なり

【今正是其時:こんしょうぜごじ】
...今正〔いままさ〕しく是〔こ〕れ其〔そ〕の時〔とき〕なり

【決定説大乗:けつじょうせつだいじょう】
...決定〔けつじょう〕して大乗〔だいじょう〕を説〔と〕く

【我此九部法:がしくぶほう】
...我〔わ〕が此〔こ〕の九部〔くぶ〕の法〔ほう〕は

【随順衆生説:ずいじゅんしゅじょうせつ】
...衆生〔しゅじょう〕に随順〔ずいじゅん〕して説〔と〕く

【入大乗為本:にゅうだいじょういほん】
...大乗〔だいじょう〕に入〔い〕るの本〔はじめ〕と為〔な〕す

【以故説是經:いこせつぜきょう】
...故〔ゆえ〕を以〔もっ〕て是〔こ〕の經〔きょう〕を説〔と〕く

【有佛子心浄:うぶっししんじょう】
...佛子〔ぶっし〕の心〔こころ〕浄〔きよ〕く

【柔軟亦利根:にゅうなんやくりこん】
...柔軟〔にゅうなん〕に亦〔また〕利根〔りこん〕にして

【無量諸佛所:むりょうしょぶっしょ】
...無量〔むりょう〕の諸佛〔しょぶつ〕の所〔みもと〕にして

【而行深妙道:にぎょうじんみょうどう】
...深妙〔じんみょう〕の道〔どう〕を行〔ぎょう〕ずる有〔あ〕り

【為此諸佛子:いししょぶっし】
...此〔こ〕の諸〔もろもろ〕の佛子〔ぶっし〕の為〔ため〕に

【説是大乗經:せつぜだいじょうきょう】
...是〔こ〕の大乗經〔だいじょうきょう〕を説〔と〕く

【我記如是人:がきにょぜにん】
...我〔われ〕是〔かく〕の如〔ごと〕き人〔ひと〕

【来世成佛道:らいせじょうぶつどう】
...来世〔らいせ〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕ぜんと記〔き〕す

【以深心念佛:いじんしんねんぶつ】
...深心〔じんしん〕に佛〔ほとけ〕を念〔ねん〕じ

【修持浄戒故:しゅじじょうかいこ】
...浄戒〔じょうかい〕を修持〔しゅじ〕するを以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に

【此等聞得佛:しとうもんとくぶつ】
...此等〔これら〕佛〔ほとけ〕を得〔う〕べしと聞〔き〕いて

【大喜充遍身:だいきじゅうへんしん】
...大喜〔だいき〕身〔み〕に充遍〔じゅうへん〕す

【佛知彼心行:ぶっちひしんぎょう】
...佛〔ほとけ〕彼〔か〕の心行〔しんぎょう〕を知〔し〕れり

【故為説大乗:こいせつだいじょう】
...故〔かるがゆえ〕に為〔ため〕に大乗〔だいじょう〕を説〔と〕く

【声聞若菩薩:しょうもんにゃくぼさつ】
...声聞〔しょうもん〕若〔も〕しは菩薩〔ぼさつ〕

【聞我所説法:もんがしょせっぽう】
...我〔わ〕が所説〔しょせつ〕の法〔ほう〕を聞〔き〕くこと

【乃至於一偈:ないしおいちげ】
...乃至〔ないし〕一偈〔いちげ〕に於〔おい〕てもせば

【皆成佛無疑:かいじょうぶつむぎ】
...皆〔みな〕成佛〔じょうぶつ〕せんこと疑〔うたがい〕無〔な〕し

【十方佛土中:じっぽうぶつどちゅう】
...十方〔じっぽう〕佛土〔ぶつど〕の中〔なか〕には

【唯有一乗法:ゆいういちじょうほう】
...唯〔ただ〕一乗〔いちじょう〕の法〔ほう〕のみ有〔あ〕り

【無二亦無三:むにやくむさん】
...二〔に〕無〔な〕く亦〔また〕三〔さん〕無〔な〕し

【除佛方便説:じょぶつほうべんせつ】
...佛〔ほとけ〕の方便〔ほうべん〕の説〔せつ〕をば除〔のぞ〕く

【但以仮名字:たんにけみょうじ】
...但〔ただ〕仮〔かり〕の名字〔みょうじ〕を以〔もっ〕て

【引導於衆生:いんどうおしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕を引導〔いんどう〕したもう

【説佛智慧故:せつぶっちえこ】
...佛〔ほとけ〕の智慧〔ちえ〕を説〔と〕かんが故〔ゆえ〕なり

【諸佛出於世:しょぶつしゅっとせ】
...諸佛〔しょぶつ〕世〔よ〕に出〔い〕でたもうには

【唯此一事實:ゆいしいちじじつ】
...唯〔ただ〕此〔こ〕の一事〔いちじ〕のみ實〔じつ〕なり

【余二則非眞:よにそくひしん】
...余〔よ〕の二〔に〕は則〔すなわ〕ち眞〔まこと〕に非〔あら〕ず

【終不以小乗:じゅうふいしょうじょう】
...終〔つい〕に小乗〔しょうじょう〕を以〔もっ〕て

【済度於衆生:さいどおしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕を済度〔さいど〕したまわず

【佛自住大乗:ぶつじじゅうだいじょう】
...佛〔ほとけ〕は自〔みずか〕ら大乗〔だいじょう〕に住〔じゅう〕したまえり

【如其所得法:にょごしょとくほう】
...其〔そ〕の所得〔しょとく〕の法〔ほう〕の如〔ごと〕き

【定慧力荘厳:じょうえりきしょうごん】
...定慧〔じょうえ〕の力〔ちから〕荘厳〔しょうごん〕せり

【以此度衆生:いしどしゅじょう】
...此〔こ〕れを以〔もっ〕て衆生〔しゅじょう〕を度〔ど〕したもう

【自證無上道:じしょうむじょうどう】
...自〔みずか〕ら無上道〔むじょうどう〕

【大乗平等法:だいじょうびょうどうほう】
...大乗〔だいじょう〕平等〔びょうどう〕の法〔ほう〕を證〔しょう〕して

【若以小乗化:にゃくいしょうじょうけ】
...若〔も〕し小乗〔しょうじょう〕を以〔もっ〕て化〔け〕すること

【乃至於一人:ないしおいちにん】
...乃至〔ないし〕一人〔いちにん〕に於〔おい〕てもせば

【我則堕慳貪:がそくだけんどん】
...我〔われ〕則〔すなわ〕ち慳貪〔けんどん〕に堕〔だ〕せん

【此事為不可:しじいふか】
...此〔こ〕の事〔じ〕は為〔さだ〕めて不可〔ふか〕なり

【若人信歸佛:にゃくにんしんきぶつ】
...若〔も〕し人〔ひと〕佛〔ほとけ〕に信歸〔しんき〕すれば

【如来不欺誑:にょらいふごおう】
...如来〔にょらい〕欺誑〔ごおう〕したまわず

【亦無貪嫉意:やくむとんしっち】
...亦〔また〕貪嫉〔とんしつ〕の意〔こころ〕無〔な〕し

【断諸法中惡:だんしょほうちゅうあく】
...諸法〔しょほう〕の中〔なか〕の惡〔あく〕を断〔だん〕じたまえり

【故佛於十方:こぶっとじっぽう】
...故〔かるがゆえ〕に佛〔ほとけ〕十方〔じっぽう〕に於〔おい〕て

【而独無所畏:にどくむしょい】
...独〔ひとり〕畏〔おそ〕るる所〔ところ〕無〔な〕し

【我以相厳身:がいそうごんしん】
...我〔われ〕相〔そう〕を以〔もっ〕て身〔み〕を厳〔かざ〕り

【光明照世間:こうみょうしょうせけん】
...光明〔こうみょう〕世間〔せけん〕を照〔てら〕す

【無量衆所尊:むりょうしゅしょそん】
...無量〔むりょう〕の衆〔しゅ〕に尊〔とうと〕まれて

【為説實相印:いせつじっそういん】
...為〔ため〕に實相〔じつそう〕の印〔いん〕を説〔と〕く

【舎利弗當知:しゃりほっとうち】
...舎利弗〔しゃりほつ〕當〔まさ〕に知〔し〕るべし

【我本立誓願:がほんりっせいがん】
...我〔われ〕本〔もと〕誓願〔せいがん〕を立〔た〕てて

【欲令一切衆:よくりょういっさいしゅ】
...一切〔いっさい〕の衆〔しゅ〕をして

【如我等無異:にょがとうむい】
...我〔わ〕が如〔ごと〕く等〔ひと〕しくして異〔ことな〕ること無〔な〕からしめんと欲〔ほっ〕しき

【如我昔所願:にょがしゃくしょがん】
...我〔わ〕が昔〔むかし〕の所願〔しょがん〕の如〔ごと〕き

【今者已満足:こんじゃいまんぞく】
...今者〔いま〕已〔すで〕に満足〔まんぞく〕しぬ

【化一切衆生:けいっさいしゅじょう】
...一切衆生〔いっさいしゅじょう〕を化〔け〕して

【皆令入佛道:かいりょうにゅうぶつどう】
...皆〔みな〕佛道〔ぶつどう〕に入〔い〕らしむ

【若我遇衆生:にゃくがぐしゅじょう】
...若〔も〕し我〔われ〕衆生〔しゅじょう〕に遇〔あ〕えば

【尽教以佛道:じんきょういぶつどう】
...尽〔ことごと〕く教〔おし〕うるに佛道〔ぶつどう〕を以〔もっ〕てす

【無智者錯乱:むちしゃしゃくらん】
...無智〔むち〕の者〔もの〕は錯乱〔しゃくらん〕し

【迷惑不受教:めいわくふじゅきょう】
...迷惑〔めいわく〕して教〔おし〕えを受〔う〕けず

【我知此衆生:がちししゅじょう】
...我〔われ〕知〔し〕んぬ此〔こ〕の衆生〔しゅじょう〕は

【未曾修善本:みぞうしゅぜんぽん】
...未〔いま〕だ曾〔かつ〕て善本〔ぜんぽん〕を修〔しゅ〕せず

【堅著於五欲:けんじゃくおごよく】
...堅〔かた〕く五欲〔ごよく〕に著〔じゃく〕して

【癡愛故生悩:ちあいこしょうのう】
...癡愛〔ちあい〕の故〔ゆえ〕に悩〔なやみ〕を生〔しょう〕ず

【以諸欲因縁:いしょよくいんねん】
...諸欲〔しょよく〕の因縁〔いんねん〕を以〔もっ〕て

【墜堕三惡道:ついださんなくどう】
...三惡道〔さんなくどう〕に墜堕〔ついだ〕し

【輪廻六趣中:りんねろくしゅちゅう】
...六趣〔ろくしゅ〕の中〔なか〕に輪廻〔りんね〕して

【備受諸苦毒:びじゅしょくどく】
...備〔つぶ〕さに諸〔もろもろ〕の苦毒〔くどく〕を受〔う〕く

【受胎之微形:じゅたいしみぎょう】
...受胎〔じゅたい〕の微形〔みぎょう〕

【世世常増長:せせじょうぞうじょう】
...世世〔せせ〕に常〔つね〕に増長〔ぞうじょう〕し

【薄徳少福人:はくとくしょうふくにん】
...薄徳〔はくとく〕少福〔しょうふく〕の人〔ひと〕として

【衆苦所逼迫:しゅくしょひっぱく】
...衆苦〔しゅく〕に逼迫〔ひっぱく〕せらる

【入邪見稠林:にゅうじゃけんちゅうりん】
...邪見〔じゃけん〕の稠林〔ちゅうりん〕

【若有若無等:にゃくうにゃくむとう】
...若〔も〕しは有〔う〕若〔も〕しは無〔む〕等〔とう〕に入〔い〕り

【依止此諸見:えしししょけん】
...此〔こ〕の諸見〔しょけん〕に依止〔えし〕して

【具足六十二:ぐそくろくじゅうに】
...六十二〔ろくじゅうに〕を具足〔ぐそく〕す

【深著虚妄法:じんじゃくこもうほう】
...深〔ふか〕く虚妄〔こもう〕の法〔ほう〕に著〔じゃく〕して

【堅受不可捨:けんじゅふかしゃ】
...堅〔かた〕く受〔う〕けて捨〔す〕つべからず

【我慢自矜高:がまんじきょうこう】
...我慢〔がまん〕にして自〔みずか〕ら矜高〔ほこ〕り

【諂曲心不實:てんごくしんふじつ】
...諂曲〔てんごく〕にして心〔こころ〕不實〔ふじつ〕なり

【於千萬億劫:おせんまんのっこう】
...千萬億劫〔せんまんのくこう〕に於〔おい〕て

【不聞佛名字:ふもんぶつみょうじ】
...佛〔ほとけ〕の名字〔みょうじ〕を聞〔き〕かず

【亦不聞正法:やくふもんしょうぼう】
...亦〔また〕正法〔しょうぼう〕を聞〔き〕かず

【如是人難度:にょぜにんなんど】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き人〔ひと〕は度〔ど〕し難〔がた〕し

【是故舎利弗:ぜこしゃりほつ】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に舎利弗〔しゃりほつ〕

【我為設方便:がいせつほうべん】
...我〔われ〕為〔ため〕に方便〔ほうべん〕を設〔もう〕けて

【説諸尽苦道:せっしょじんくどう】
...諸〔もろもろ〕の尽苦〔じんく〕の道〔どう〕を説〔と〕き

【示之以涅槃:じしいねはん】
...之〔これ〕に示〔しめ〕すに涅槃〔ねはん〕を以〔もっ〕てす

【我雖説涅槃:がすいせつねはん】
...我〔われ〕涅槃〔ねはん〕を説〔と〕くと雖〔いえど〕も

【是亦非眞滅:ぜやくひしんめつ】
...是〔こ〕れ亦〔また〕眞〔しん〕の滅〔めつ〕に非〔あら〕ず

【諸法従本来:しょほうじゅうほんらい】
...諸法〔しょほう〕は本〔もと〕より来〔このかた〕

【常自寂滅相:じょうじじゃくめっそう】
...常〔つね〕に自〔おのずか〕ら寂滅〔じゃくめつ〕の相〔そう〕なり

【佛子行道已:ぶっしぎょうどうい】
...佛子〔ぶっし〕道〔どう〕を行〔ぎょう〕じ已〔おわ〕って

【来世得作佛:らいせとくさぶつ】
...来世〔らいせ〕に作佛〔さぶつ〕することを得〔え〕ん

【我有方便力:がうほうべんりき】
...我〔われ〕方便力〔ほうべんりき〕有〔あ〕って

【開示三乗法:かいじさんじょうほう】
...三乗〔さんじょう〕の法〔ほう〕を開示〔かいじ〕す

【一切諸世尊:いっさいしょせそん】
...一切〔いっさい〕の諸〔もろもろ〕の世尊〔せそん〕も

【皆説一乗道:かいせついちじょうどう】
...皆〔みな〕一乗〔いちじょう〕の道〔どう〕を説〔と〕きたもう

【今此諸大衆:こんししょだいしゅ】
...今〔いま〕此〔こ〕の諸〔もろもろ〕の大衆〔だいしゅ〕

【皆應除疑惑:かいおうじょぎわく】
...皆〔みな〕應〔まさ〕に疑惑〔ぎわく〕を除〔のぞ〕くべし

【諸佛語無異:しょぶつごむい】
...諸佛〔しょぶつ〕は語〔みこと〕異〔ことな〕ること無〔む〕し

【唯一無二乗:ゆいいちむにじょう】
...唯〔ただ〕一〔いち〕にして二乗〔にじょう〕無〔な〕し

【過去無数劫:かこむしゅこう】
...過去〔かこ〕無数劫〔むしゅこう〕の

【無量滅度佛:むりょうめつどぶつ】
...無量〔むりょう〕の滅度〔めつど〕の佛〔ほとけ〕

【百千萬億種:ひゃくせんまんのくしゅ】
...百千萬億種〔ひゃくせんまんのくしゅ〕にして

【其数不可量:ごしゅふかりょう】
...其〔そ〕の数〔かず〕量〔はか〕るべからず

【如是諸世尊:にょぜしょせそん】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き諸〔もろもろ〕の世尊〔せそん〕も

【種種縁譬喩:しゅじゅえんひゆ】
...種種〔しゅじゅ〕の縁〔えん〕譬喩〔ひゆ〕

【無数方便力:むしゅほうべんりき】
...無数〔むしゅ〕の方便力〔ほうべんりき〕をもって

【演説諸法相:えんぜっしょほうそう】
...諸法〔しょほう〕の相〔そう〕を演説〔えんぜつ〕したまいき

【是諸世尊等:ぜしょせそんとう】
...是〔こ〕の諸〔もろもろ〕の世尊等〔せそんとう〕も

【皆説一乗法:かいせついちじょうほう】
...皆〔みな〕一乗〔いちじょう〕の法〔ほう〕を説〔と〕き

【化無量衆生:けむりょうしゅじょう】
...無量〔むりょう〕の衆生〔しゅじょう〕を化〔け〕して

【令入於佛道:りょうにゅうおぶつどう】
...佛道〔ぶつどう〕に入〔い〕らしめたまいき

【又諸大聖主:うしょだいしょうしゅ】
...又〔また〕諸〔もろもろ〕の大聖主〔だいしょうしゅ〕

【知一切世間:ちいっさいせけん】
...一切世間〔いっさいせけん〕の

【天人群生類:てんにんぐんじょうるい】
...天人群生類〔てんにんぐんじょうるい〕

【深心之所欲:じんしんししょよく】
...深心〔じんしん〕の所欲〔しょよく〕を知〔し〕ろしめして

【更以異方便:きょういいほうべん】
...更〔さら〕に異〔い〕の方便〔ほうべん〕を以〔もっ〕て

【助顕第一義:じょけんだいいちぎ】
...第一義〔だいいちぎ〕を助顕〔じょけん〕したまいき

【若有衆生類:にゃくうしゅじょうるい】
...若〔も〕し衆生類〔しゅじょうるい〕有〔あ〕って

【値諸過去佛:ちしょかこぶつ】
...諸〔もろもろ〕の過去〔かこ〕の佛〔ほとけ〕に値〔あ〕いたてまつりて

【若聞法布施:にゃくもんぼうふせ】
...若〔も〕しは法〔ほう〕を聞〔き〕いて布施〔ふせ〕し

【或持戒忍辱:わくじかいにんにく】
...或〔あるい〕は持戒〔じかい〕忍辱〔にんにく〕

【精進禅智等:しょうじんぜんちとう】
...精進〔しょうじん〕禅〔ぜん〕智等〔ちとう〕

【種種修福徳:しゅじゅしゅふくとく】
...種種〔しゅじゅ〕に福徳〔ふくとく〕を修〔しゅ〕せし

【如是諸人等:にょぜしょにんとう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き諸人等〔しょにんら〕

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【諸佛滅度已:しょぶつめつどい】
...諸佛〔しょぶつ〕滅度〔めつど〕し已〔おわ〕って

【若人善軟心:にゃくにんぜんなんしん】
...若〔も〕し人〔ひと〕善軟〔ぜんなん〕の心〔こころ〕ありし

【如是諸衆生:にょぜしょしゅじょう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き諸〔もろもろ〕の衆生〔しゅじょう〕

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【諸佛滅度已:しょぶつめつどい】
...諸佛〔しょぶつ〕滅度〔めつど〕し已〔おわ〕って

【供養舎利者:くようしゃりしゃ】
...舎利〔しゃり〕を供養〔くよう〕する者〔もの〕

【起萬億種塔:きまんのくしゅとう】
...萬億種〔まんおくしゅ〕の塔〔とう〕を起〔た〕てて

【金銀及頗梨:こんごんぎゅうはり】
...金銀〔こんごん〕及〔およ〕び頗梨〔はり〕

【硨磲与碼碯:しゃこよめのう】
...硨磲〔しゃこ〕と碼碯〔めのう〕

【玫瑰瑠璃珠:まいえるりしゅ】
...玫瑰〔まいえ〕瑠璃珠〔るりしゅ〕とをもって

【清浄廣厳飾:しょうじょうこうごんじき】
...清浄〔しょうじょう〕に廣〔ひろ〕く厳飾〔ごんじき〕し

【荘校於諸塔:しょうきょうおしょとう】
...諸〔もろもろ〕の塔〔とう〕を荘校〔しょうきょう〕し

【或有起石廟:わくうきしゃくみょう】
...或〔あるい〕は石廟〔しゃくみょう〕を起〔た〕つに

【栴檀及沈水:せんだんぎゅうじんずい】
...栴檀〔せんだん〕及〔およ〕び沈水〔じんすい〕

【木樒并余材:もくみつびょうよざい】
...木樒〔もくみつ〕並〔なら〕びに余〔よ〕の材〔ざい〕

【甎瓦泥土等:せんがでいどとう】
...甎瓦〔せんが〕泥土等〔でいどとう〕をもってする有〔あ〕り

【若於曠野中:にゃくおこうやちゅう】
...若〔も〕しは曠野〔こうや〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【積土成佛廟:しゃくどじょうぶつみょう】
...土〔つち〕を積〔つ〕んで佛廟〔ぶつみょう〕を成〔な〕し

【乃至童子戯:ないしどうじけ】
...乃至〔ないし〕童子〔どうじ〕の戯〔たわむ〕れに

【聚沙為佛塔:じゅしゃいぶっとう】
...沙〔すな〕を聚〔あつ〕めて佛塔〔ぶっとう〕と為〔せ〕る

【如是諸人等:にょぜしょにんとう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き諸人等〔しょにんら〕

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【若人為佛故:にゃくにんいぶっこ】
...若〔も〕し人〔ひと〕佛〔ほとけ〕の為〔ため〕の故〔ゆえ〕に

【建立諸形像:こんりゅうしょぎょうぞう】
...諸〔もろもろ〕の形像〔ぎょうぞう〕を建立〔こんりゅう〕し

【刻彫成衆相:こくちょうじょうしゅそう】
...刻彫〔こくちょう〕して衆相〔しゅそう〕を成〔な〕せる

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【或以七寶成:わくいしっぽうじょう】
...或〔あるい〕は七寶〔しっぽう〕を以〔もっ〕て成〔な〕し

【鍮石赤白銅:ちゅうじゃくしゃくびゃくどう】
...鍮石〔ちゅうしゃく〕赤白銅〔しゃくびゃくどう〕

【白鑞及鉛錫:びゃくろうぎゅうえんじゃく】
...白鑞〔びゃくろう〕及〔およ〕び鉛錫〔えんじゃく〕

【鉄木及与泥:てつもくぎゅうよでい】
...鉄木〔てつもく〕及与〔および〕泥〔でい〕

【或以膠漆布:わくいきょうしっぷ】
...或〔あるい〕は膠〔きょう〕漆布〔しっぷ〕を以〔もっ〕て

【厳飾作佛像:ごんじきさぶつぞう】
...厳飾〔ごんじき〕して佛像〔ぶつぞう〕を作〔つく〕れる

【如是諸人等:にょぜしょにんとう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き諸人等〔しょにんら〕

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【綵画作佛像:さいえさぶつぞう】
...綵画〔さいえ〕して佛像〔ぶつぞう〕の

【百福荘厳相:ひゃっぷくしょうごんそう】
...百福〔ひゃっぷく〕荘厳〔しょうごん〕の相〔そう〕を作〔な〕すこと

【自作若使人:じさにゃくしにん】
...自〔みずか〕らも作〔な〕し若〔も〕しは人〔ひと〕をしてもせる

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【乃至童子戯:ないしどうじけ】
...乃至〔ないし〕童子〔どうじ〕の戯〔たわむ〕れに

【若草木及筆:にゃくそうもくぎゅうひつ】
...若〔も〕しは草木〔そうもく〕及〔およ〕び筆〔ふで〕

【或以指爪甲:わくいしそうこう】
...或〔あるい〕は指〔ゆび〕の爪甲〔つめ〕を以〔もっ〕て

【而画作佛像:にえさぶつぞう】
...画〔えが〕いて佛像〔ぶつぞう〕を作〔な〕せる

【如是諸人等:にょぜしょにんとう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き諸人等〔しょにんら〕

【漸漸積功徳:ぜんぜんしゃっくどく】
...漸漸〔ぜんぜん〕に功徳〔くどく〕を積〔つ〕み

【具足大悲心:ぐそくだいひしん】
...大悲心〔だいひしん〕を具足〔ぐそく〕して

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じて

【但化諸菩薩:たんけしょぼさつ】
...但〔ただ〕諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕を化〔け〕し

【度脱無量衆:どだつむりょうしゅ】
...無量〔むりょう〕の衆〔しゅ〕を度脱〔どだつ〕しき

【若人於塔廟:にゃくにんのとうみょう】
...若〔も〕し人〔ひと〕塔廟〔とうみょう〕

【寶像及画像:ほうぞうぎゅうえぞう】
...寶像〔ほうぞう〕及〔およ〕び画像〔えぞう〕に於〔おい〕て

【以華香幡蓋:いけこうばんがい】
...華香〔けこう〕幡蓋〔ばんがい〕を以〔もっ〕て

【敬心而供養:きょうしんにくよう】
...敬心〔きょうしん〕にして供養〔くよう〕し

【若使人作楽:にゃくしにんさがく】
...若〔も〕しは人〔ひと〕をして楽〔がく〕を作〔な〕さしめ

【撃鼓吹角貝:きゃっくすいかくばい】
...鼓〔つづみ〕を撃〔う〕ち角貝〔かくばい〕を吹〔ふ〕き

【簫笛琴箜篌:しょうちゃくきんくご】
...簫〔しょう〕笛〔ちゃく〕琴〔きん〕箜篌〔くご〕

【琵琶鐃銅抜:びわにょうどうばつ】
...琵琶〔びわ〕鐃〔にょう〕銅抜〔どうばつ〕

【如是衆妙音:にょぜしゅみょうおん】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き衆〔もろもろ〕の妙音〔みょうおん〕

【尽持以供養:じんじいくよう】
...尽〔ことごと〕く持〔たも〕って以〔もっ〕て供養〔くよう〕し

【或以歓喜心:わくいかんぎしん】
...或〔あるい〕は歓喜〔かんぎ〕の心〔こころ〕を以〔もっ〕て

【歌唄頌佛徳:かばいじゅぶっとく】
...歌唄〔かばい〕して佛徳〔ぶっとく〕を頌〔じゅ〕し

【乃至一小音:ないしいちしょうおん】
...乃至〔ないし〕一小音〔いちしょうおん〕をもってせし

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【若人散乱心:にゃくにんさんらんしん】
...若〔も〕し人〔ひと〕散乱〔さんらん〕の心〔こころ〕に

【乃至以一華:ないしいいっけ】
...乃至〔ないし〕一華〔いっけ〕を以〔もっ〕て

【供養於画像:くようおえぞう】
...画像〔えぞう〕に供養〔くよう〕せし

【漸見無数佛:ぜんけんむしゅぶつ】
...漸〔ようや〕く無数〔むしゅ〕の佛〔ほとけ〕を見〔み〕たてまつりき

【或有人禮拝:わくうにんらいはい】
...或〔あるい〕は人〔ひと〕有〔あ〕って禮拝〔らいはい〕し

【或復但合掌:わくぶたんがっしょう】
...或〔あるい〕は復〔また〕但〔ただ〕合掌〔がっしょう〕し

【乃至挙一手:ないしこいっしゅ】
...乃至〔ないし〕一手〔いっしゅ〕を挙〔あ〕げ

【或復小低頭:わくぶしょうていず】
...或〔あるい〕は復〔また〕小〔すこ〕し頭〔こうべ〕を低〔た〕れて

【以此供養像:いしくようぞう】
...此〔こ〕れを以〔もっ〕て像〔ぞう〕に供養〔くよう〕せし

【漸見無量佛:ぜんけんむりょうぶつ】
...漸〔ようや〕く無量〔むりょう〕の佛〔ほとけ〕を見〔み〕たてまつり

【自成無上道:じじょうむじょうどう】
...自〔みずか〕ら無上道〔むじょうどう〕を成〔じょう〕じて

【廣度無数衆:こうどむしゅしゅ】
...廣〔ひろ〕く無数〔むしゅ〕の衆〔しゅ〕を度〔ど〕し

【入無余涅槃:にゅうむよねはん】
...無余〔むよ〕涅槃〔ねはん〕に入〔い〕ること

【如薪尽火滅:にょしんじんかめつ】
...薪〔たきぎ〕尽〔つ〕きて火〔ひ〕の滅〔き〕ゆるが如〔ごと〕くなりき

【若人散乱心:にゃくにんさんらんしん】
...若〔も〕し人〔ひと〕散乱〔さんらん〕の心〔こころ〕に

【入於塔廟中:にゅうおとうみょうちゅう】
...塔廟〔とうみょう〕の中〔なか〕に入〔い〕って

【一称南無佛:いっしょうなむぶつ】
...一〔ひと〕たび南無佛〔なむぶつ〕と称〔しょう〕せし

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【於諸過去佛:おしょかこぶつ】
...諸〔もろもろ〕の過去〔かこ〕の佛〔ほとけ〕

【現在或滅後:げんざいわくめつご】
...現在〔げんざい〕或〔あるい〕は滅後〔めつご〕に於〔おい〕て

【若有聞是法:にゃくうもんぜほう】
...若〔も〕し是〔こ〕の法〔ほう〕を聞〔き〕くこと有〔あ〕りし

【皆已成佛道:かいいじょうぶつどう】
...皆〔みな〕已〔すで〕に佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕じき

【未来諸世尊:みらいしょせそん】
...未来〔みらい〕の諸〔もろもろ〕の世尊〔せそん〕

【其数無有量:ごしゅむうりょう】
...其〔そ〕の数〔かず〕量〔はかり〕有〔あ〕ること無〔な〕けん

【是諸如来等:ぜしょにょらいとう】
...是〔こ〕の諸〔もろもろ〕の如来等〔にょらいとう〕も

【亦方便説法:やくほうべんせっぽう】
...亦〔また〕方便〔ほうべん〕して法〔ほう〕を説〔と〕きたまわん

【一切諸如来:いっさいしょにょらい】
...一切〔いっさい〕の諸〔もろもろ〕の如来〔にょらい〕

【以無量方便:いむりょうほうべん】
...無量〔むりょう〕の方便〔ほうべん〕を以〔もっ〕てす

【度脱諸衆生:どだっしょしゅじょう】
...諸〔もろもろ〕の衆生〔しゅじょう〕を度脱〔どだつ〕して

【入佛無漏智:にゅうぶつむろち】
...佛〔ほとけ〕の無漏智〔むろち〕に入〔い〕れたまわん

【若有聞法者:にゃくうもんぼうしゃ】
...若〔も〕し法〔ほう〕を聞〔き〕くこと有〔あ〕らん者〔もの〕は

【無一不成佛:むいちふじょうぶつ】
...一〔ひと〕りとして成佛〔じょうぶつ〕せずということ無〔な〕けん

【諸佛本誓願:しょぶつほんせいがん】
...諸佛〔しょぶつ〕の本誓願〔ほんせいがん〕は

【我所行佛道:がしょぎょうぶつどう】
...我〔わ〕が所行〔しょぎょう〕の佛道〔ぶつどう〕

【普欲令衆生:ふよくりょうしゅじょう】
...普〔あまね〕く衆生〔しゅじょう〕をして

【亦同得此道:やくどうとくしどう】
...亦〔また〕同〔おな〕じく此〔こ〕の道〔どう〕を得〔え〕せしめんと欲〔ほっ〕す

【未来世諸佛:みらいせしょぶつ】
...未来世〔みらいせ〕の諸佛〔しょぶつ〕

【雖説百千億:すいせつひゃくせんのく】
...百千億〔ひゃくせんのく〕

【無数諸法門:むしゅしょほうもん】
...無数〔むしゅ〕の諸〔もろもろ〕の法門〔ほうもん〕を説〔と〕きたもうと雖〔いえど〕も

【其實為一乗:ごじっちいちじょう】
...其〔そ〕れ實〔じつ〕には一乗〔いちじょう〕の為〔ため〕なり

【諸佛両足尊:しょぶつりょうそくそん】
...諸佛〔しょぶつ〕両足尊〔りょうそくそん〕

【知法常無性:ちほうじょうむしょう】
...法〔ほう〕は常〔つね〕に無性〔むしょう〕なり

【佛種従縁起:ぶっしゅじゅうえんぎ】
...佛種〔ぶっしゅ〕は縁〔えん〕によって起〔おこ〕ると知〔し〕ろしめす

【是故説一乗:ぜこせついちじょう】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に一乗〔いちじょう〕を説〔と〕きたまわん

【是法住法位:ぜほうじゅうほうい】
...是〔こ〕の法〔ほう〕は法位〔ほうい〕に住〔じゅう〕して

【世間相常住:せけんそうじょうじゅう】
...世間〔せけん〕の相〔そう〕常住〔じょうじゅう〕なり

【於道場知已:おどうじょうちい】
...道場〔どうじょう〕に於〔おい〕て知〔し〕ろしめし已〔おわ〕って

【導師方便説:どうしほうべんせつ】
...導師〔どうし〕方便〔ほうべん〕して説〔と〕きたまわん

【天人所供養:てんにんしょくよう】
...天人〔てんにん〕の供養〔くよう〕したてまつる所〔ところ〕の

【現在十方佛:げんざいじっぽうぶつ】
...現在〔げんざい〕十方〔じっぽう〕の佛〔ほとけ〕

【其数如恒沙:ごしゅにょごうじゃ】
...其〔そ〕の数〔かず〕恒沙〔ごうじゃ〕の如〔ごと〕く

【出現於世間:しゅつげんのせけん】
...世間〔せけん〕に出現〔しゅつげん〕したもうも

【安穏衆生故:あんのんしゅじょうこ】
...衆生〔しゅじょう〕を安穏〔あんのん〕ならしめんが故〔ゆえ〕に

【亦説如是法:やくせつにょぜほう】
...亦〔また〕是〔かく〕の如〔ごと〕き法〔ほう〕を説〔と〕きたもう

【知第一寂滅:ちだいいちじゃくめつ】
...第一〔だいいち〕の寂滅〔じゃくめつ〕を知〔し〕ろしめして

【以方便力故:いほうべんりきこ】
...方便力〔ほうべんりき〕を以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に

【雖示種種道:すいじしゅじゅどう】
...種種〔しゅじゅ〕の道〔どう〕を示〔しめ〕すと雖〔いえど〕も

【其實為佛乗:ごじっちぶつじょう】
...其〔そ〕れ實〔じつ〕には佛乗〔ぶつじょう〕の為〔ため〕なり

【知衆生諸行:ちしゅじょうしょぎょう】
...衆生〔しゅじょう〕の諸行〔しょぎょう〕

【深心之所念:じんしんししょねん】
...深心〔じんしん〕の所念〔しょねん〕

【過去所習業:かこしょしゅうぎょう】
...過去〔かこ〕所習〔しょしゅう〕の業〔ごう〕

【欲性精進力:よくしょうしょうじんりき】
...欲性〔よくしょう〕精進力〔しょうじんりき〕

【及諸根利鈍:ぎっしょこんりどん】
...及〔およ〕び諸根〔しょこん〕の利鈍〔りどん〕を知〔し〕ろしめして

【以種種因縁:いしゅじゅいんねん】
...種種〔しゅじゅ〕の因縁〔いんねん〕

【譬喩亦言辞:ひゆやくごんじ】
...譬喩〔ひゆ〕亦〔また〕言辞〔ごんじ〕を以〔もっ〕て

【随應方便説:ずいおうほうべんせつ】
...應〔まさ〕に随〔したが〕って方便〔ほうべん〕して説〔と〕きたもう

【今我亦如是:こんがやくにょぜ】
...今〔いま〕我〔われ〕も亦是〔またかく〕の如〔ごと〕し

【安穏衆生故:あんのんしゅじょうこ】
...衆生〔しゅじょう〕を安穏〔あんのん〕ならしめんが故〔ゆえ〕に

【以種種法門:いしゅじゅほうもん】
...種種〔しゅじゅ〕の法門〔ほうもん〕を以〔もっ〕て

【宣示於佛道:せんじおぶつどう】
...佛道〔ぶつどう〕を宣示〔せんじ〕す

【我以智慧力:がいちえりき】
...我〔われ〕智慧力〔ちえりき〕を以〔もっ〕て

【知衆生性欲:ちしゅじょうしょうよく】
...衆生〔しゅじょう〕の性欲〔しょうよく〕を知〔し〕って

【方便説諸法:ほうべんせっしょほう】
...方便〔ほうべん〕して諸法〔しょほう〕を説〔と〕いて

【皆令得歓喜:かいりょうとっかんぎ】
...皆〔みな〕歓喜〔かんぎ〕することを得〔え〕せしむ

【舎利弗當知:しゃりほっとうち】
...舎利弗〔しゃりほつ〕當〔まさ〕に知〔し〕るべし

【我以佛眼観:がいぶつげんかん】
...我〔われ〕佛眼〔ぶつげん〕を以〔もっ〕て観〔かん〕じて

【見六道衆生:けんろくどうしゅじょう】
...六道〔ろくどう〕の衆生〔しゅじょう〕を見〔み〕るに

【貪窮無福慧:びんぐむふくえ】
...貪窮〔びんぐ〕にして福慧〔ふくえ〕無〔な〕し

【入生死険道:にゅうしょうじけんどう】
...生死〔しょうじ〕の険道〔けんどう〕に入〔い〕って

【相続苦不断:そうぞっくふだん】
...相続〔そうぞく〕して苦断〔くた〕えず

【深著於五欲:じんじゃくおごよく】
...深〔ふか〕く五欲〔ごよく〕に著〔じゃく〕すること

【如犛牛愛尾:にょみょうごあいび】
...犛牛〔みょうご〕の尾〔お〕を愛〔あい〕するが如〔ごと〕し

【以貪愛自蔽:いとんないじへい】
...貪愛〔とんない〕を以〔もっ〕て自〔みずか〕ら蔽〔おお〕い

【盲瞑無所見:もうみょうむしょけん】
...盲瞑〔もうみょう〕にして見〔み〕る所無〔ところな〕し

【不求大勢佛:ふぐだいせいぶつ】
...大勢〔だいせい〕の佛〔ほとけ〕

【及与断苦法:ぎゅうよだんくほう】
...及与〔および〕断苦〔だんく〕の法〔ほう〕を求〔もと〕めず

【深入諸邪見:じんにゅうしょじゃけん】
...深〔ふか〕く諸〔もろもろ〕の邪見〔じゃけん〕に入〔い〕って

【以苦欲捨苦:いくよくしゃく】
...苦〔く〕を以〔もっ〕て苦〔く〕を捨〔す〕てんと欲〔ほっ〕す

【為是衆生故:いぜしゅじょうこ】
...是〔こ〕の衆生〔しゅじょう〕の為〔ため〕の故〔ゆえ〕に

【而起大悲心:にきだいひしん】
...而〔しか〕も大悲心〔だいひしん〕を起〔おこ〕しき

【我始坐道場:がしざどうじょう】
...我〔われ〕始〔はじ〕め道場〔どうじょう〕に坐〔ざ〕し

【観樹亦經行:かんじゅやっきょうぎょう】
...樹〔き〕を観〔かん〕じ亦〔また〕經行〔きょうぎょう〕して

【於三七日中:おさんしちにっちゅう】
...三七日〔さんしちにち〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【思惟如是事:しゆいにょぜじ】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き事〔じ〕を思惟〔しゆい〕しき

【我所得智慧:がしょとくちえ】
...我〔わ〕が所得〔しょとく〕の智慧〔ちえ〕は

【微妙最第一:みみょうさいだいいち】
...微妙〔みみょう〕にして最〔もっと〕も第一〔だいいち〕なり

【衆生諸根鈍:しゅじょうしょこんどん】
...衆生〔しゅじょう〕の諸根〔しょこん〕鈍〔どん〕にして

【著楽癡所盲:じゃくらくちしょもう】
...楽〔らく〕に著〔じゃく〕し癡〔ち〕に盲〔めし〕いられたり

【如斯之等類:にょししとうるい】
...斯〔かく〕の如〔ごと〕きの等類〔たぐい〕

【云何而可度:うんがにかど】
...云何〔いか〕にして度〔ど〕すべきと

【爾時諸梵王:にじしょぼんのう】
...爾〔そ〕の時〔とき〕に諸〔もろもろ〕の梵王〔ぼんのう〕

【及諸天帝釋:ぎっしょてんたいしゃく】
...及〔およ〕び諸〔もろもろ〕の天帝釋〔てんたいしゃく〕

【護世四天王:ごせしてんのう】
...護世四天王〔ごせしてんのう〕

【及大自在天:ぎゅうだいじざいてん】
...及〔およ〕び大自在天〔だいじざいてん〕

【并余諸天衆:びょうよしょてんじゅ】
...並〔なら〕びに余〔よ〕の諸〔もろもろ〕の天衆〔てんしゅ〕

【眷属百千萬:けんぞくひゃくせんまん】
...眷属〔けんぞく〕百千萬〔ひゃくせんまん〕

【恭敬合掌禮:くぎょうがっしょうらい】
...恭敬〔くぎょう〕合掌〔がっしょう〕し禮〔らい〕して

【請我転法輪:しょうがてんぼうりん】
...我〔われ〕に転法輪〔てんぼうりん〕を請〔しょう〕ず

【我即自思惟:がそくじしゆい】
...我〔われ〕即〔すなわ〕ち自〔みずか〕ら思惟〔しゆい〕すらく

【若但讃佛乗:にゃくたんさんぶつじょう】
...若〔も〕し但〔ただ〕佛乗〔ぶつじょう〕を讃〔ほ〕めば

【衆生没在苦:しゅじょうもつざいく】
...衆生〔しゅじょう〕苦〔く〕に没在〔もつざい〕し

【不能信是法:ふのうしんぜほう】
...是〔こ〕の法〔ほう〕を信〔しん〕ずること能〔あた〕わじ

【破法不信故:はほうふしんこ】
...法〔ほう〕を破〔は〕して信〔しん〕ぜざるが故〔ゆえ〕に

【墜於三惡道:ついおさんなくどう】
...三惡道〔さんなくどう〕に堕〔お〕ちなん

【我寧不説法:がにょうふせっぽう】
...我〔われ〕寧〔むし〕ろ法〔ほう〕を説〔と〕かずとも

【疾入於涅槃:しつにゅうおねはん】
...疾〔と〕く涅槃〔ねはん〕にや入〔い〕りなん

【尋念過去佛:じんねんかこぶつ】
...尋〔つ〕いで過去〔かこ〕の佛〔ほとけ〕の

【所行方便力:しょぎょうほうべんりき】
...所行〔しょぎょう〕の方便力〔ほうべんりき〕を念〔おも〕うに

【我今所得道:がこんしょとくどう】
...我〔わ〕が今〔いま〕得〔う〕る所〔ところ〕の道〔どう〕も

【亦應説三乗:やくおうせっさんじょう】
...亦〔また〕應〔まさ〕に三乗〔さんじょう〕と説〔と〕くべし

【作是思惟時:さぜしゆいじ】
...是〔こ〕の思惟〔しゆい〕を作〔な〕す時〔とき〕

【十方佛皆現:じっぽうぶつかいげん】
...十方〔じっぽう〕の佛〔ほとけ〕皆〔みな〕現〔げん〕じて

【梵音慰喩我:ぼんのんにゆが】
...梵音〔ぼんのん〕をもって我〔われ〕を慰喩〔いゆ〕したもう

【善哉釋迦文:ぜんざいしゃかもん】
...善哉〔ぜんざい〕釋迦文〔しゃかもん〕

【第一之導師:だいいちしどうし】
...第一〔だいいち〕の導師〔どうし〕

【得是無上法:とくぜむじょうほう】
...是〔こ〕の無上〔むじょう〕の法〔ほう〕を得〔え〕たまえども

【随諸一切佛:ずいしょいっさいぶつ】
...諸〔もろもろ〕の一切〔いっさい〕の佛〔ほとけ〕に随〔したが〕って

【而用方便力:にゆうほうべんりき】
...方便力〔ほうべんりき〕を用〔ゆう〕いたもう

【我等亦皆得:がとうやっかいとく】
...我等〔われら〕も亦〔また〕皆〔みな〕

【最妙第一法:さいみょうだいいっぽう】
...最妙〔さいみょう〕第一〔だいいち〕の法〔ほう〕を得〔う〕れども

【為諸衆生類:いしょしゅじょうるい】
...諸〔もろもろ〕の衆生類〔しゅじょうるい〕の為〔ため〕に

【分別説三乗:ふんべっせっさんじょう】
...分別〔ふんべつ〕して三乗〔さんじょう〕と説〔と〕く

【少智楽小法:しょうちぎょうしょうぼう】
...少智〔しょうち〕は小法〔しょうぼう〕を楽〔ねが〕って

【不自信作佛:ふじしんさぶつ】
...自〔みずか〕ら作佛〔さぶつ〕せんことを信〔しん〕ぜず

【是故以方便:ぜこいほうべん】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に方便〔ほうべん〕を以〔もっ〕て

【分別説諸果:ふんべっせっしょか】
...分別〔ふんべつ〕して諸果〔しょか〕を説〔と〕く

【雖復説三乗:すいぶせっさんじょう】
...復〔また〕三乗〔さんじょう〕を説〔と〕くと雖〔いえど〕も

【但為教菩薩:たんにきょうぼさつ】
...但〔ただ〕菩薩〔ぼさつ〕を教〔おし〕えんが為〔ため〕なりと

【舎利弗當知:しゃりほっとうち】
...舎利弗〔しゃりほつ〕當〔まさ〕に知〔し〕るべし

【我聞聖師子:がもんしょうしし】
...我〔われ〕聖師子〔しょうしし〕の

【深浄微妙音:じんじょうみみょうおん】
...深浄微妙〔じんじょうみみょう〕の音〔みこえ〕を聞〔き〕いて

【喜称南無佛:きしょうなむぶつ】
...喜〔よろこ〕んで南無佛〔なむぶつ〕と称〔しょう〕す

【復作如是念:ぶさにょぜねん】
...復〔また〕是〔かく〕の如〔ごと〕き念〔ねん〕を作〔な〕す

【我出濁惡世:がしゅつじょくあくせ】
...我〔われ〕濁惡世〔じょくあくせ〕に出〔い〕でたり

【如諸佛所説:にょしょぶっしょせつ】
...諸佛〔しょぶつ〕の所説〔しょせつ〕の如〔ごと〕く

【我亦随順行:がやくずいじゅんぎょう】
...我〔われ〕も亦〔また〕随順〔ずいじゅん〕して行〔ぎょう〕ぜんと

【思惟是事已:しゆいぜじい】
...是〔こ〕の事〔じ〕を思惟〔しゆい〕し已〔おわ〕って

【即趣波羅奈:そくしゅはらない】
...即〔すなわ〕ち波羅奈〔はらない〕に趣〔おもむ〕く

【諸法寂滅相:しょほうじゃくめっそう】
...諸法〔しょほう〕寂滅〔じゃくめつ〕の相〔そう〕は

【不可以言宣:ふかいごんせん】
...言〔ことば〕を以〔もっ〕て宣〔の〕ぶべからず

【以方便力故:いほうべんりきこ】
...方便力〔ほうべんりき〕を以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に

【為五比丘説:いごびくせつ】
...五比丘〔ごびく〕の為〔ため〕に説〔と〕きぬ

【是名転法輪:ぜみょうてんぼうりん】
...是〔これ〕を転法輪〔てんぼうりん〕と名〔な〕づく

【便有涅槃音:べんぬねはんのん】
...便〔すなわ〕ち涅槃〔ねはん〕の音〔こえ〕

【及以阿羅漢:ぎゅういあらかん】
...及以〔および〕阿羅漢〔あらかん〕

【法僧差別名:ほうそうしゃべつみょう】
...法僧〔ほうそう〕差別〔しゃべつ〕の名〔な〕有〔あ〕り

【従久遠劫来:じゅうくおんごうらい】
...久遠劫〔くおんごう〕より来〔このかた〕

【讃示涅槃法:さんじねはんぼう】
...涅槃〔ねはん〕の法〔ほう〕を讃示〔さんじ〕して

【生死苦永尽:しょうじくようじん】
...生死〔しょうじ〕の苦〔く〕永〔なが〕く尽〔つく〕すと

【我常如是説:がじょうにょぜせつ】
...我〔われ〕常〔つね〕に是〔かく〕の如〔ごと〕く説〔と〕きき

【舎利弗當知:しゃりほっとうち】
...舎利弗〔しゃりほつ〕當〔まさ〕に知〔し〕るべし

【我見佛子等:がけんぶっしとう】
...我〔われ〕佛子等〔ぶっしとう〕を見〔み〕るに

【志求佛道者:しぐぶつどうしゃ】
...佛道〔ぶつどう〕を志求〔しぐ〕する者〔もの〕

【無量千萬億:むりょうせんまんのく】
...無量千萬億〔むりょうせんまんのく〕

【咸以恭敬心:げんにくぎょうしん】
...咸〔ことごと〕く恭敬〔くぎょう〕の心〔こころ〕を以〔もっ〕て

【皆来至佛所:かいらいしぶっしょ】
...皆〔みな〕佛所〔ぶっしょ〕に来至〔らいし〕し

【曾従諸佛聞:ぞうじゅうしょぶつもん】
...曾〔かつ〕て諸佛〔しょぶつ〕に従〔したが〕いたてまつりて

【方便所説法:ほうべんしょせっぽう】
...方便所説〔ほうべんしょせつ〕の法〔ほう〕を聞〔き〕けり

【我即作是念:がそくさぜねん】
...我〔われ〕即〔すなわ〕ち是〔こ〕の念〔ねん〕を作〔な〕さく

【如来所以出:にょらいしょいしゅつ】
...如来〔にょらい〕出〔い〕でたる所以〔ゆえ〕は

【為説佛慧故:いせつぶってこ】
...佛慧〔ぶって〕を説〔と〕かんが為〔ため〕の故〔ゆえ〕なり

【今正是其時:こんしょうぜごじ】
...今〔いま〕正〔まさ〕しく是〔こ〕れ其〔そ〕の時〔とき〕なり

【舎利弗當知:しゃりほっとうち】
...舎利弗〔しゃりほつ〕當〔まさ〕に知〔し〕るべし

【鈍根小智人:どんこんしょうちにん】
...鈍根小智〔どんこんしょうち〕の人〔ひと〕

【著相憍慢者:じゃくそうきょうまんしゃ】
...著相憍慢〔じゃくそうきょうまん〕の者〔もの〕は

【不能信是法:ふのうしんぜほう】
...是〔こ〕の法〔ほう〕を信〔しん〕ずること能〔あた〕わず

【今我喜無畏:こんがきむい】
...今〔いま〕我〔われ〕喜〔よろこ〕んで畏〔おそ〕れ無〔な〕し

【於諸菩薩中:おしょぼさっちゅう】
...諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【正直捨方便:しょうじきしゃほうべん】
...正直〔しょうじき〕に方便〔ほうべん〕を捨〔す〕てて

【但説無上道:たんぜつむじょうどう】
...但〔ただ〕無上道〔むじょうどう〕を説〔と〕く

【菩薩聞是法:ぼさつもんぜほう】
...菩薩〔ぼさつ〕是〔こ〕の法〔ほう〕を聞〔き〕いて

【疑網皆已除:ぎもうかいいじょ】
...疑網〔ぎもう〕皆〔みな〕已〔すで〕に除〔のぞ〕く

【千二百羅漢:せんにひゃくらかん】
...千二百〔せんにひゃく〕の羅漢〔らかん〕

【悉亦當作佛:しっちゃくとうさぶつ】
...悉〔ことごと〕く亦〔また〕當〔まさ〕に作佛〔さぶつ〕すべし

【如三世諸佛:にょさんぜしょぶつ】
...三世〔さんぜ〕諸佛〔しょぶつ〕の

【説法之儀式:せっぽうしぎしき】
...説法〔せっぽう〕の儀式〔ぎしき〕の如〔ごと〕く

【我今亦如是:がこんやくにょぜ】
...我〔われ〕も今〔いま〕亦〔また〕是〔かく〕の如〔ごと〕く

【説無分別法:せつむふんべっぽう】
...無分別〔むふんべつ〕の法〔ほう〕を説〔と〕く

【諸佛興出世:しょぶっこうしゅっせ】
...諸佛〔しょぶつ〕世〔よ〕に興出〔こうしゅつ〕したもうこと

【懸遠値遇難:けんのんちぐなん】
...懸遠〔けんのん〕にして値遇〔ちぐ〕すること難〔かた〕し

【正使出于世:しょうししゅっつせ】
...正使〔たとい〕世〔よ〕に出〔い〕でたもうとも

【説是法復難:せつぜほうぶなん】
...是〔こ〕の法〔ほう〕を説〔と〕きたもうこと復〔また〕難〔かた〕し

【無量無数劫:むりょうむしゅこう】
...無量無数劫〔むりょうむしゅこう〕にも

【聞是法亦難:もんぜほうやくなん】
...是〔こ〕の法〔ほう〕を聞〔き〕くこと亦〔また〕難〔かた〕し

【能聴是法者:のうちょうぜほうしゃ】
...能〔よ〕く是〔こ〕の法〔ほう〕を聴〔き〕く者〔もの〕

【斯人亦復難:しにんやくぶなん】
...斯〔こ〕の人〔ひと〕亦復〔またまた〕難〔かた〕し

【譬如優曇華:ひにょうどんげ】
...譬〔たと〕えば優曇華〔うどんげ〕の

【一切皆愛楽:いっさいかいあいぎょう】
...一切〔いっさい〕皆〔みな〕愛楽〔あいぎょう〕し

【天人所希有:てんにんしょけう】
...天人〔てんにん〕の希有〔けう〕にする所〔ところ〕として

【時時乃一出:じじないいっしゅつ】
...時時〔とき〕に乃〔いま〕し一〔ひと〕たび出〔い〕ずるが如〔ごと〕し

【聞法歓喜讃:もんぼうかんぎさん】
...法〔ほう〕を聞〔き〕いて歓喜〔かんぎ〕し讃〔ほ〕めて

【乃至發一言:ないしほついちごん】
...乃至〔ないし〕一言〔いちごん〕をも發〔ほっ〕せば

【則為已供養:そくいいくよう】
...則〔すなわ〕ち為〔こ〕れ已〔すで〕に

【一切三世佛:いっさいさんぜぶつ】
...一切〔いっさい〕三世〔さんぜ〕の佛〔ほとけ〕を供養〔くよう〕するなり

【是人甚希有:ぜにんじんけう】
...是〔こ〕の人〔ひと〕甚〔はなは〕だ希有〔けう〕なること

【過於優曇華:かおうどんげ】
...優曇華〔うどんげ〕に過〔す〕ぎたり

【汝等勿有疑:にょとうもっつぎ】
...汝等〔なんだち〕疑〔うたが〕い有〔あ〕ること勿〔なか〕れ

【我為諸法王:がいしょほうおう】
...我〔われ〕は為〔こ〕れ諸法〔しょほう〕の王〔おう〕

【普告諸大衆:ふごうしょだいしゅ】
...普〔あまね〕く諸〔もろもろ〕の大衆〔だいしゅ〕に告〔つ〕ぐ

【但以一乗道:たんにいちじょうどう】
...但〔ただ〕一乗〔いちじょう〕の道〔どう〕を以〔もっ〕て

【教化諸菩薩:きょうけしょぼさつ】
...諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕を教化〔きょうけ〕して

【無声聞弟子:むしょうもんでし】
...声聞〔しょうもん〕の弟子〔でし〕無〔な〕し

【汝等舎利弗:にょとうしゃりほつ】
...汝等〔なんだち〕舎利弗〔しゃりほつ〕

【声聞及菩薩:しょうもんぎゅうぼさつ】
...声聞〔しょうもん〕及〔およ〕び菩薩〔ぼさつ〕

【當知是妙法:とうちぜみょうほう】
...當〔まさ〕に知〔し〕るべし是〔こ〕の妙法〔みょうほう〕は

【諸佛之秘要:しょぶっしひよう】
...諸佛〔しょぶつ〕の秘要〔ひよう〕なり

【以五濁惡世:いごじょくあくせ】
...五濁〔ごじょく〕の惡世〔あくせ〕には

【但楽著諸欲:たんぎょうじゃくしょよく】
...但〔ただ〕諸欲〔しょよく〕に楽著〔ぎょうじゃく〕せるを以〔もっ〕て

【如是等衆生:にょぜとうしゅじょう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き等〔ら〕の衆生〔しゅじょう〕は

【終不求佛道:じゅうふぐぶつどう】
...終〔つい〕に佛道〔ぶつどう〕を求〔もと〕めず

【當来世惡人:とうらいせあくにん】
...當来世〔とうらいせ〕の惡人〔あくにん〕は

【聞佛説一乗:もんぶっせついちじょう】
...佛説〔ぶっせつ〕の一乗〔いちじょう〕を聞〔き〕いて

【迷惑不信受:めいわくふしんじゅ】
...迷惑〔めいわく〕して信受〔しんじゅ〕せず

【破法堕惡道:はほうだあくどう】
...法〔ほう〕を破〔は〕して惡道〔あくどう〕に堕〔だ〕せん

【有慙愧清浄:うざんぎしょうじょう】
...慙愧〔ざんぎ〕清浄〔しょうじょう〕にして

【志求佛道者:しぐぶつどうしゃ】
...佛道〔ぶつどう〕に志求〔しぐ〕する者〔もの〕有〔あ〕らば

【當為如是等:とういにょぜとう】
...當〔まさ〕に是〔かく〕の如〔ごと〕き等〔ら〕の為〔ため〕に

【廣讃一乗道:こうさんいちじょうどう】
...廣〔ひろ〕く一乗〔いちじょう〕の道〔どう〕を讃〔ほ〕むべし

【舎利弗當知:しゃりほっとうち】
...舎利弗〔しゃりほつ〕當〔まさ〕に知〔し〕るべし

【諸佛法如是:しょぶっぽうにょぜ】
...諸佛〔しょぶつ〕の法〔ほう〕是〔かく〕の如〔ごと〕く

【以萬億方便:いまんのくほうべん】
...萬億〔まんのく〕の方便〔ほうべん〕を以〔もっ〕て

【随宜而説法:ずいぎにせっぽう】
...宜〔よろ〕しきに随〔したが〕って法〔ほう〕を説〔と〕きたもう

【其不習学者:ごふじゅうがくじゃ】
...其〔そ〕の習学〔しゅうがく〕せざる者〔もの〕は

【不能暁了此:ふのうきょうりょうし】
...此〔こ〕れを暁了〔ぎょうりょう〕すること能〔あた〕わじ

【汝等既已知:にょとうきいち】
...汝等〔なんだち〕既已〔すで〕に

【諸佛世之師:しょぶつせしし】
...諸佛〔しょぶつ〕世〔よ〕の師〔し〕の

【随宜方便事:ずいぎほうべんじ】
...随宜〔ずいぎ〕方便〔ほうべん〕の事〔じ〕を知〔し〕りぬ

【無復諸疑惑:むぶしょぎわく】
...復〔また〕諸〔もろもろ〕の疑惑〔ぎわく〕無〔な〕く

【心生大歓喜:しんしょうだいかんぎ】
...心〔こころ〕に大歓喜〔だいかんぎ〕を生〔しょう〕じて

【自知當作佛:じちとうさぶつ】
...自〔みずか〕ら當〔まさ〕に作佛〔さぶつ〕すべしと知〔し〕れ




【妙法蓮華經巻第一:みょうほうれんげきょうかんだいいち】
妙法蓮華經〔みょうほうれんげきょう〕巻第一〔かんだいいち〕



ページのトップへ戻る