日蓮正宗法華講開信寺支部より

ようこそ開信寺へ

御書研鑚の集い 妙法蓮華経に学ぶ 御書研鑚資料


妙法蓮華經 授記品第六


【妙法蓮華經授記品第六:みょうほうれんげきょうじゅきほんだいろく】
妙法蓮華經〔みょうほうれんげきょう〕授記品第六〔じゅきほんだいろく〕




【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【説是偈已。:せつぜげい】
是〔こ〕の偈〔げ〕を説〔と〕き已〔おわ〕って、

【告諸大衆。:ごうしょだいしゅ】
諸〔もろもろ〕の大衆〔だいしゅ〕に告〔つ〕げて、

【唱如是言。:しょうにょぜごん】
是〔かく〕の如〔ごと〕き言〔ことば〕を唱〔とな〕えたまわく、

【我此弟子。:がしでし】
...我〔わ〕が此〔こ〕の弟子〔でし〕

【摩訶迦葉。:まかかしょう】
...摩訶迦葉〔まかかしょう〕、

【於未来世。:おみらいせ】
...未来世〔みらいせ〕に於〔おい〕て、

【當得奉覲。:とうとくぶごん】
...當〔まさ〕に①

【三百萬億。:さんびゃくまんのく】
...三百萬億〔さんびゃくまんのく〕の

【諸佛世尊。:しょぶっせそん】
...諸佛世尊〔しょぶつせそん〕を①奉覲〔ぶごん〕して、

【供養恭敬。:くようくぎょう】
...供養〔くよう〕恭敬〔くぎょう〕し、

【尊重讃歎。:そんじゅうさんだん】
...尊重〔そんじゅう〕讃歎〔さんだん〕し、

【廣宣諸佛。:こうせんしょぶつ】
...廣〔ひろ〕く諸佛〔しょぶつ〕の

【無量大法。:むりょうだいほう】
...無量〔むりょう〕の大法〔だいほう〕を宣〔の〕ぶることを得〔う〕べし。

【於最後身。:おさいごしん】
...最後身〔さいごしん〕に於〔おい〕て、

【得成為佛。:とくじょういぶつ】
...成〔じょう〕じて佛〔ほとけ〕に為〔な〕ることを得〔え〕ん。

【名曰光明如来。:みょうわつこうみょうにょらい】
...名〔な〕を光明如来〔こうみょうにょらい〕・

【應供。:おうぐ】
...應供〔おうぐ〕・

【正遍知。:しょうへんち】
...正遍知〔しょうへんち〕・

【明行足。:みょうぎょうそく】
...明行足〔みょうぎょうそく〕・

【善逝。:ぜんぜい】
...善逝〔ぜんぜい〕・

【世間解。:せけんげ】
...世間解〔せけんげ〕・

【無上士。:むじょうじ】
...無上士〔むじょうじ〕・

【調御丈夫。:じょうごじょうぶ】
...調御丈夫〔じょうごじょうぶ〕・

【天人師。:てんにんし】
...天人師〔てんにんし〕・

【佛世尊。:ぶっせそん】
...佛世尊〔ぶっせそん〕と曰〔い〕わん。

【国名光徳。:こくみょうこうとく】
...国〔くに〕を光徳〔こうとく〕と名〔な〕づけ、

【劫名大荘厳。:こうみょうだいしょうごん】
...劫〔こう〕を大荘厳〔だいしょうごん〕と名〔な〕づけん。

【佛壽十二小劫。:ぶつじゅじゅうにしょうこう】
...佛〔ほとけ〕の壽〔じゅ〕は十二小劫〔じゅうにしょうこう〕、

【正法住世。:しょうぼうじゅうせ】
...正法〔しょうぼう〕世〔よ〕に住〔じゅう〕すること

【二十小劫。:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕、

【像法亦住。:ぞうぼうやくじゅう】
...像法〔ぞうぼう〕も亦〔また〕住〔じゅう〕すること

【二十小劫。:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕ならん。

【国界厳飾。:こっかいごんじき】
...国界〔こっかい〕厳飾〔ごんじき〕して、

【無諸穢惡。:むしょえあく】
...諸〔もろもろ〕の穢惡〔えあく〕、

【瓦礫荊棘。:がりゃくきょうこく】
...瓦礫〔がりゃく〕、荊棘〔きょうこく〕、

【便利不浄。:べんりふじょう】
...便利〔べんり〕の不浄〔ふじょう〕無〔な〕く、

【其土平正。:ごどびょうじょう】
...其〔そ〕の土〔ど〕、平正〔びょうじょう〕にして、

【無有高下。:むうこうげ】
...高下〔こうげ〕、

【坑坎堆阜。:きょうかんたいふ】
...坑坎〔きょうかん〕、堆阜〔たいふ〕有〔あ〕ること無〔な〕けん。

【瑠璃為地。:るりいじ】
...瑠璃〔るり〕を地〔じ〕と為〔な〕して

【寶樹行列。:ほうじゅぎょうれつ】
...寶樹〔ほうじゅ〕行列〔ぎょうれつ〕し、

【黄金為繩。:おうごんいじょう】
...黄金〔おうごん〕を繩〔なわ〕と為〔な〕して、

【以界道側。:いかいどうそく】
...以〔もっ〕て道〔みち〕の側〔ほとり〕を界〔さか〕い、

【散諸寶華。:さんしょほうけ】
...諸〔もろもろ〕の寶華〔ほうけ〕を散〔さん〕じ、

【周遍清浄。:しゅへんしょうじょう】
...周遍〔しゅへん〕して清浄〔しょうじょう〕ならん。

【其国菩薩。:ごこくぼさつ】
...其〔そ〕の国〔くに〕の菩薩〔ぼさつ〕、

【無量千億。:むりょうせんおく】
...無量千億〔むりょうせんのく〕にして、

【諸声聞衆。:しょしょうもんじゅ】
...諸〔もろもろ〕の声聞衆〔しょうもんしゅ〕、

【亦復無数。:やくぶむしゅ】
...亦復〔またまた〕無数〔むしゅ〕ならん。

【無有魔事。:むうまじ】
...魔事〔まじ〕有〔あ〕ること無〔な〕けん。

【雖有魔。:すいうま】
...魔〔ま〕及〔およ〕び②

【及魔民。:ぎゅうまみん】
...魔民〔まみん〕有〔あ〕りと②雖〔いえど〕も、

【皆護佛法。:かいごぶっぽう】
...皆〔みな〕佛法〔ぶっぽう〕を護〔まも〕らん。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【告諸比丘:ごうしょびく】
...諸〔もろもろ〕の比丘〔びく〕に告〔つ〕ぐ

【我以佛眼:がいぶつげん】
...我〔われ〕佛眼〔ぶつげん〕を以〔もっ〕て

【見是迦葉:けんぜかしょう】
...是〔こ〕の迦葉〔かしょう〕を見〔み〕るに

【於未来世:おみらいせ】
...未来世〔みらいせ〕に於〔おい〕て

【過無数劫:かむしゅこう】
...無数劫〔むしゅこう〕を過〔す〕ぎて

【當得作佛:とうとくさぶつ】
...當〔まさ〕に作佛〔さぶつ〕することを得〔う〕べし

【而於来世:におらいせ】
...而〔しか〕も来世〔らいせ〕に於〔おい〕て

【供養奉覲:くようぶごん】
...③

【三百萬億:さんびゃくまんのく】
...三百萬億〔さんびゃくまんのく〕の

【諸佛世尊:しょぶっせそん】
...諸佛世尊〔しょぶつせそん〕を③供養〔くよう〕し奉覲〔ぶごん〕して

【為佛智慧:いぶっちえ】
...佛〔ほとけ〕の智慧〔ちえ〕の為〔ため〕に

【浄修梵行:じょうしゅぼんぎょう】
...浄〔きよ〕く梵行〔ぼんぎょう〕を修〔しゅ〕せん

【供養最上:くようさいじょう】
...最上〔さいじょう〕の

【二足尊已:にそくそんに】
...二足尊〔にそくそん〕を供養〔くよう〕し已〔おわ〕って

【修習一切:しゅじゅういっさい】
...一切〔いっさい〕の

【無上之慧:むじょうしえ】
...無上〔むじょう〕の慧〔え〕を修習〔しゅじゅう〕し

【於最後身:おさいごしん】
...最後身〔さいごしん〕に於〔おい〕て

【得成為佛:とくじょういぶつ】
...成〔じょう〕じて佛〔ほとけ〕に為〔な〕ることを得〔え〕ん

【其土清浄:ごどしょうじょう】
...其〔そ〕の土〔ど〕清浄〔しょうじょう〕にして

【瑠璃為地:るりいじ】
...瑠璃〔るり〕を地〔じ〕と為〔な〕し

【多諸寶樹:たしょほうじゅ】
...諸〔もろもろ〕の寶樹〔ほうじゅ〕多〔おお〕くして

【行列道側:ぎょうれつどうそく】
...道〔どう〕の側〔ほとり〕に行列〔ぎょうれつ〕し

【金繩界道:こんじょうかいどう】
...金繩〔こんじょう〕道〔みち〕を界〔さか〕いて

【見者歓喜:けんしゃかんぎ】
...見〔み〕る者〔もの〕歓喜〔かんぎ〕せん

【常出好香:じょうすいこうこう】
...常〔つね〕に好香〔こうこう〕を出〔いだ〕し

【散衆名華:さんしゅみょうけ】
...衆〔もろもろ〕の名華〔みょうけ〕を散〔さん〕じて

【種種奇妙:しゅじゅきみょう】
...種種〔しゅじゅ〕の奇妙〔きみょう〕なるものを

【以為荘厳:いいしょうごん】
...以〔もっ〕て荘厳〔しょうごん〕と為〔な〕し

【其地平正:ごじびょうじょう】
...其〔そ〕の地〔じ〕平正〔びょうじょう〕にして

【無有丘坑:むうくきょう】
...丘坑〔くきょう〕有〔あ〕ること無〔な〕けん

【諸菩薩衆:しょぼさっしゅ】
...諸〔もろもろ〕の菩薩衆〔ぼさつしゅ〕

【不可称計:ふかしょうけ】
...称計〔しょうけ〕すべからず

【其心調柔:ごしんじょうにゅう】
...其〔そ〕の心〔こころ〕調柔〔じょうにゅう〕にして

【逮大神通:たいだいじんづう】
...大神通〔だいじんづう〕に逮〔およ〕び

【奉持諸佛:ぶじしょぶつ】
...諸佛〔しょぶつ〕の

【大乗經典:だいじょうきょうでん】
...大乗〔だいじょう〕經典〔きょうでん〕を奉持〔ぶじ〕せん

【諸声聞衆:しょしょうもんじゅ】
...諸〔もろもろ〕の声聞衆〔しょうもんしゅ〕の

【無漏後身:むろごしん】
...無漏〔むろ〕の後身〔ごしん〕

【法王之子:ほうおうしし】
...法王〔ほうおう〕の子〔みこ〕なる

【亦不可計:やくふかけ】
...亦〔また〕計〔はか〕るべからず

【乃以天眼:ないいてんげん】
...乃〔すなわ〕ち天眼〔てんげん〕を以〔もっ〕ても

【不能数知:ふのうしゅち】
...数〔かぞ〕え知〔し〕ること能〔あた〕わじ

【其佛當壽:ごぶっとうじゅ】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕は當〔まさ〕に壽〔じゅ〕

【十二小劫:じゅうにしょうこう】
...十二小劫〔じゅうにしょうこう〕なるべし

【正法住世:しょうぼうじゅうせ】
...正法〔しょうぼう〕世〔よ〕に住〔じゅう〕すること

【二十小劫:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕

【像法亦住:ぞうぼうやくじゅう】
...像法〔ぞうぼう〕亦〔また〕住〔じゅう〕すること

【二十小劫:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕ならん

【光明世尊:こうみょうせそん】
...光明世尊〔こうみょうせそん〕

【其事如是:ごじにょぜ】
...其〔そ〕の事〔じ〕是〔かく〕の如〔ごと〕し

【爾時大目揵連。:にじだいもっけんれん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に大目揵連〔だいもっけんれん〕、

【須菩提。:しゅぼだい】
須菩提〔しゅぼだい〕、

【摩訶迦旃延等。:まかかせんねんとう】
摩訶迦栴延等〔まかかせんねんとう〕、

【皆悉悚慄。:かいしっしゅりつ】
皆〔みな〕悉〔ことごと〕く悚慄〔しゅりつ〕して、

【一心合掌。:いっしんがっしょう】
一心〔いっしん〕に合掌〔がっしょう〕し、

【瞻仰世尊。:せんごうせそん】
世尊〔せそん〕を瞻仰〔せんごう〕して、

【目不暫捨。:もくふざんしゃ】
目〔め〕暫〔しばら〕くも捨〔す〕てず。

【即共同声。:そくぐどうしょう】
即〔すなわ〕ち共〔とも〕に声〔こえ〕を同〔おな〕じうして、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔もう〕さく、

【大雄猛世尊:だいおうみょうせそん】
...大雄猛世尊〔だいおうみょうせそん〕

【諸釋之法王:しょしゃくしほうおう】
...諸釋〔しょしゃく〕の法王〔ほうおう〕

【哀愍我等故:あいみんがとうこ】
...我等〔われら〕を哀愍〔あいみん〕したもうが故〔ゆえ〕に

【而賜佛音声:にしぶっとんじょう】
...而〔しか〕も佛〔ほとけ〕の音声〔おんじょう〕を賜〔たま〕え

【若知我深心:にゃくちがじんしん】
...若〔も〕し我〔わ〕が深心〔じんしん〕を知〔し〕ろしめして

【見為授記者:けんにじゅきしゃ】
...授記〔じゅき〕為〔せ〕らるれば

【如以甘露灑:にょいかんろしゃ】
...甘露〔かんろ〕を以〔もっ〕て灑〔そそ〕ぐに

【除熱得清涼:じょねっとくしょうりょう】
...熱〔ねつ〕を除〔のぞ〕いて清涼〔しょうりょう〕を得〔う〕るが如〔ごと〕くならん

【如従飢国来:にょじゅうけこくらい】
...飢〔うえ〕えたる国〔くに〕より来〔きた〕って

【忽遇大王膳:こつぐだいおうぜん】
...忽〔たちま〕ちに大王〔だいおう〕の膳〔ぜん〕に遇〔あ〕わんに

【心猶懐疑懼:しんゆえぎく】
...心〔こころ〕猶〔なお〕疑懼〔ぎく〕を懐〔いだ〕いて

【未敢即便食:みかんそくべんじき】
...未〔いま〕だ敢〔あ〕えて即便〔すなわ〕ち食〔じき〕せず

【若復得王教:にゃくぶとくおうきょう】
...若〔も〕し復〔また〕王〔おう〕の教〔おしえ〕を得〔え〕ば

【然後乃敢食:ねんごないかんじき】
...然〔しか〕して後〔のち〕に乃〔すなわ〕ち敢〔あ〕えて食〔じき〕せんが如〔ごと〕く

【我等亦如是:がとうやくにょぜ】
...我等〔われら〕も亦〔また〕是〔かく〕の如〔ごと〕し

【毎惟小乗過:まいゆいしょうじょうか】
...毎〔つね〕に小乗〔しょうじょう〕の過〔とが〕を惟〔おも〕いて

【不知當云何:ふちとううんが】
...當〔まさ〕に云何〔いか〕にして

【得佛無上慧:とくぶつむじょうえ】
...佛〔ほとけ〕の無上慧〔むじょうえ〕を得〔う〕べきかを知〔し〕らず

【雖聞佛音声:すいもんぶっとんじょう】
...佛〔ほとけ〕の音声〔おんじょう〕の

【言我等作佛:ごんがとうさぶつ】
...我等〔われら〕作佛〔さぶつ〕せんと言〔のたも〕うを聞〔き〕くと雖〔いえど〕も

【心尚懐憂懼:しんじょうえうく】
...心〔こころ〕尚〔なお〕憂懼〔うく〕を懐〔いだ〕くこと

【如未敢便食:にょみかんべんじき】
...未〔いま〕だ敢〔あ〕えて便〔すなわ〕ち食〔じき〕せざるが如〔ごと〕し

【若蒙佛授記:にゃくむぶつじゅき】
...若〔も〕し佛〔ほとけ〕の授記〔じゅき〕を蒙〔こうむ〕りなば

【爾乃快安楽:にないけあんらく】
...爾〔しか〕して乃〔すなわ〕ち快〔こころよ〕く安楽〔あんらく〕ならん

【大雄猛世尊:だいおうみょうせそん】
...大雄猛世尊〔だいおうみょうせそん〕

【常欲安世間:じょうよくあんせけん】
...常〔つね〕に世間〔せけん〕を安〔やす〕んぜんと欲〔ほっ〕す

【願賜我等記:がんしがとうき】
...願〔ねが〕わくは我等〔われら〕に記〔き〕を賜〔たま〕え

【如飢須教食:にょけしゅきょうじき】
...飢〔うえ〕えて教〔おしえ〕を須〔ま〕って食〔じき〕するが如〔ごと〕くならん

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【知諸大弟子。:ちしょだいでし】
諸〔もろもろ〕の大弟子〔だいでし〕の、

【心之所念。:しんししょねん】
心〔こころ〕の所念〔しょねん〕を知〔し〕ろしめして、

【告諸比丘。:ごうしょびく】
諸〔もろもろ〕の比丘〔びく〕に告〔つ〕げたまわく、

【是須菩提。:ぜしゅぼだい】
...是〔こ〕の須菩提〔しゅぼだい〕は、

【於當来世。:おとうらいせ】
...當来世〔とうらいせ〕に於〔おい〕て、

【奉覲三百萬億。:ぶごんさんびゃくまんのく】
...三百萬億〔さんびゃくまんのく〕

【那由他佛。:なゆたぶつ】
...那由他〔なゆた〕の佛〔ほとけ〕を奉覲〔ぶごん〕して、

【供養恭敬。:くようくぎょう】
...供養〔くよう〕恭敬〔くぎょう〕し、

【尊重讃歎。:そんじゅうさんだん】
...尊重〔そんじゅう〕讃歎〔さんだん〕し、

【常修梵行。:じょうしゅぼんぎょう】
...常〔つね〕に梵行〔ぼんぎょう〕を修〔しゅ〕し、

【具菩薩道。:ぐぼさつどう】
...菩薩〔ぼさつ〕の道〔どう〕を具〔ぐ〕して、

【於最後身。:おさいごしん】
...最後身〔さいごしん〕に於〔おい〕て、

【得成為佛。:とくじょういぶつ】
...成〔じょう〕じて佛〔ほとけ〕と為〔な〕ることを得〔え〕ん。

【號曰名相如来。:ごうわつみょうそうにょらい】
...號〔な〕を名相如来〔みょうそうにょらい〕・

【應供。:おうぐ】
...應供〔おうぐ〕・

【正遍知。:しょうへんち】
...正遍知〔しょうへんち〕・

【明行足。:みょうぎょうそく】
...明行足〔みょうぎょうそく〕・

【善逝。:ぜんぜい】
...善逝〔ぜんぜい〕・

【世間解。:せけんげ】
...世間解〔せけんげ〕・

【無上士。:むじょうじ】
...無上士〔むじょうじ〕・

【調御丈夫。:じょうごじょうぶ】
...調御丈夫〔じょうごじょうぶ〕・

【天人師。:てんにんし】
...天人師〔てんにんし〕・

【佛世尊。:ぶっせそん】
...佛世尊〔ぶっせそん〕と曰〔い〕わん。

【劫名有寶。:こうみょううほう】
...劫〔こう〕を有寶〔うほう〕と名〔な〕づけ、

【国名寶生。:こくみょうほうしょう】
...国〔くに〕を寶生〔ほうしょう〕と名〔な〕づけん。

【其土平正。:ごどびょうじょう】
...其〔そ〕の土〔ど〕、平正〔びょうじょう〕にして

【頗梨為地。:はりいじ】
...頗梨〔はり〕を地〔じ〕と為〔な〕し、

【寶樹荘厳。:ほうじゅしょうごん】
...寶樹〔ほうじゅ〕荘厳〔しょうごん〕して、

【無諸丘坑。:むしょくきょう】
...諸〔もろもろ〕の丘坑〔くきょう〕、

【沙礫荊棘。:しゃりゃくきょうこく】
...沙礫〔しゃりゃく〕、荊棘〔きょうこく〕、

【便利之穢。:べんりしえ】
...便利〔べんり〕の穢〔けがれ〕無〔な〕く、

【寶華覆地。:ほうけふじ】
...寶華〔ほうけ〕、地〔じ〕に覆〔おお〕い、

【周遍清浄。:しゅへんしょうじょう】
...周遍〔しゅへん〕して清浄〔しょうじょう〕ならん。

【其土人民。:ごどにんみん】
...其〔そ〕の土〔ど〕の人民〔にんみん〕、

【皆処寶台。:かいしょほうだい】
...皆〔みな〕寶台〔ほうだい〕、

【珍妙楼閣。:ちんみょうろうかく】
...珍妙〔ちんみょう〕の楼閣〔ろうかく〕に処〔しょ〕せん。

【声聞弟子。:しょうもんでし】
...声聞〔しょうもん〕の弟子〔でし〕、

【無量無辺。:むりょうむへん】
...無量無辺〔むりょうむへん〕にして、

【算数譬喩。:さんじゅひゆ】
...算数〔さんじゅ〕譬喩〔ひゆ〕の

【所不能知。:しょふのうち】
...知〔し〕ること能〔あた〕わざる所〔ところ〕ならん。

【諸菩薩衆。:しょぼさっしゅ】
...諸〔もろもろ〕の菩薩衆〔ぼさつしゅ〕、

【無数千萬億。:むしゅせんまんのく】
...無数〔むしゅ〕千萬億〔せんまんのく〕

【那由他。:なゆた】
...那由他〔なゆた〕ならん。

【佛壽十二小劫。:ぶつじゅじゅうにしょうこう】
...佛〔ほとけ〕の壽〔じゅ〕は十二小劫〔じゅうにしょうこう〕、

【正法住世。:しょうぼうじゅうせ】
...正法〔しょうぼう〕世〔よ〕に住〔じゅう〕すること

【二十小劫。:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕、

【像法亦住。:ぞうぼうやくじゅう】
...像法〔ぞうぼう〕亦〔また〕住〔じゅう〕すること

【二十小劫。:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕ならん。

【其佛常処虚空。:ごぶつじょうしょこくう】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕、常〔つね〕に虚空〔こくう〕に処〔しょ〕して、

【為衆説法。:いしゅせっぽう】
...衆〔しゅ〕の為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕いて、

【度脱無量菩薩。:どだつむりょうぼさつ】
...無量〔むりょう〕の菩薩〔ぼさつ〕

【及声聞衆。:ぎっしょうもんじゅ】
...及〔およ〕び声聞衆〔しょうもんしゅ〕を度脱〔どだつ〕せん。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【諸比丘衆:しょびくしゅ】
...諸〔もろもろ〕の比丘衆〔びくしゅ〕

【今告汝等:こんごうにょとう】
...今〔いま〕汝等〔なんだち〕に告〔つ〕ぐ

【皆當一心:かいとういっしん】
...皆〔みな〕當〔まさ〕に一心〔いっしん〕に

【聴我所説:ちょうがしょせつ】
...我〔わ〕が所説〔しょせつ〕を聴〔き〕くべし

【我大弟子:がだいでし】
...我〔わ〕が大弟子〔だいでし〕

【須菩提者:しゅぼだいしゃ】
...須菩提〔しゅぼだい〕は

【當得作佛:とうとくさぶつ】
...當〔まさ〕に作佛〔さぶつ〕することを得〔う〕べし

【號曰名相:ごうわつみょうそう】
...號〔な〕を名相〔みょうそう〕と曰〔い〕わん

【當供無数:とうくむしゅ】
...當〔まさ〕に無数〔むしゅ〕

【萬億諸佛:まんのくしょぶつ】
...萬億〔まんのく〕の諸佛〔しょぶつ〕を供〔く〕し

【随佛所行:ずいぶっしょぎょう】
...佛〔ほとけ〕の所行〔しょぎょう〕に随〔したが〕って

【漸具大道:ぜんぐだいどう】
...漸〔ようや〕く大道〔だいどう〕を具〔ぐ〕すべし

【最後身得:さいごしんとく】
...最後身〔さいごしん〕に

【三十二相:さんじゅうにそう】
...三十二相〔さんじゅうにそう〕を得〔え〕て

【端正姝妙:たんじょうしゅみょう】
...端正〔たんじょう〕姝妙〔しゅみょう〕なること

【猶如寶山:ゆにょほうせん】
...猶〔なお〕寶山〔ほうせん〕の如〔ごと〕くならん

【其佛国土:ごぶっこくど】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕の国土〔こくど〕

【厳浄第一:ごんじょうだいいち】
...厳浄〔ごんじょう〕第一〔だいいち〕にして

【衆生見者:しゅじょうけんしゃ】
...衆生〔しゅじょう〕の見〔み〕る者〔もの〕

【無不愛楽:むふあいぎょう】
...愛楽〔あいぎょう〕せざること無〔な〕けん

【佛於其中:ぶっとごちゅう】
...佛〔ほとけ〕其〔そ〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【度無量衆:どむりょうしゅ】
...無量〔むりょう〕の衆〔しゅ〕を度〔ど〕せん

【其佛法中:ごぶっぽうちゅう】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕の法〔ほう〕の中〔なか〕には

【多諸菩薩:たしょぼさつ】
...諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕多〔おお〕く

【皆悉利根:かいしつりこん】
...皆〔みな〕悉〔ことごと〕く利根〔りこん〕にして

【転不退輪:てんぷたいりん】
...不退〔ふたい〕の輪〔りん〕を転〔てん〕ぜん

【彼国常以:ひこくじょうい】
...彼〔か〕の国〔くに〕は常〔つね〕に

【菩薩荘厳:ぼさつしょうごん】
...菩薩〔ぼさつ〕を以〔もっ〕て荘厳〔しょうごん〕せん

【諸声聞衆:しょしょうもんじゅ】
...諸〔もろもろ〕の声聞衆〔しょうもんしゅ〕も

【不可称数:ふかしょうしゅ】
...称数〔しょうしゅ〕すべからず

【皆得三明:かいとくさんみょう】
...皆〔みな〕三明〔さんみょう〕を得〔え〕

【具六神通:ぐろくじんづう】
...六神通〔ろくじんづう〕を具〔ぐ〕し

【住八解脱:じゅうはちげだつ】
...八解脱〔はちげだつ〕に住〔じゅう〕し

【有大威徳:うだいいとく】
...大威徳〔だいいとく〕有〔あ〕らん

【其佛説法:ごぶつせっぽう】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕の説法〔せっぽう〕には

【現於無量:げんのむりょう】
...無量〔むりょう〕の

【神通変化:じんづうへんげ】
...神通〔じんづう〕変化〔へんげ〕を現〔げん〕ずること

【不可思議:ふかしぎ】
...不可思議〔ふかしぎ〕ならん

【諸天人民:しょてんにんみん】
...諸天〔しょてん〕人民〔にんみん〕

【数如恒沙:しゅにょごうじゃ】
...数〔かず〕恒沙〔ごうじゃ〕の如〔ごと〕くにして

【皆共合掌:かいぐがっしょう】
...皆〔みな〕共〔とも〕に合掌〔がっしょう〕し

【聴受佛語:ちょうじゅぶつご】
...佛語〔ぶつご〕を聴受〔ちょうじゅ〕せん

【其佛當壽:ごぶっとうじゅ】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕は當〔まさ〕に壽〔じゅ〕

【十二小劫:じゅうにしょうこう】
...十二小劫〔じゅうにしょうこう〕なるべし

【正法住世:しょうぼうじゅうせ】
...正法〔しょうぼう〕世〔よ〕に住〔じゅう〕すること

【二十小劫:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕

【像法亦住:ぞうぼうやくじゅう】
...像法〔ぞうぼう〕亦〔また〕住〔じゅう〕すること

【二十小劫:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕ならん

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【復告諸比丘衆。:ぶごうしょびくしゅ】
復〔また〕諸〔もろもろ〕の比丘衆〔びくしゅ〕に告〔つ〕げたまわく、

【我今語汝。:がこんごにょ】
...我〔われ〕今〔いま〕汝〔なんじ〕に語〔かた〕る。

【是大迦旃延。:ぜだいかせんねん】
...是〔こ〕の大迦旃延〔だいかせんねん〕は

【於當来世。:おとうらいせ】
...當来世〔とうらいせ〕に於〔おい〕て、

【以諸供具。:いしょくぐ】
...諸〔もろもろ〕の供具〔くぐ〕を以〔もっ〕て、

【供養奉事。:くようぶじ】
...④

【八千億佛。:はっせんのくぶつ】
...八千億〔はっせんのく〕の佛〔ほとけ〕に④供養〔くよう〕奉事〔ぶじ〕し、

【恭敬尊重。:くぎょうそんじゅう】
...恭敬〔くぎょう〕尊重〔そんじゅう〕せん。

【諸佛滅後。:しょぶつめつご】
...諸佛〔しょぶつ〕の滅後〔めつご〕に、

【各起塔廟。:かっきとうみょう】
...各〔おのおの〕塔廟〔とうみょう〕を起〔た〕てん。

【高千由旬。:こうせんゆじゅん】
...高〔たか〕さ千由旬〔せんゆじゅん〕、

【縦廣正等。:じゅうこうしょうとう】
...縦廣〔じゅうこう〕正等〔しょうとう〕にして、

【五百由旬。:ごひゃくゆじゅん】
...五百由旬〔ごひゃくゆじゅん〕ならん。

【以金。:いこん】
...金〔こん〕、

【銀。:ごん】
...銀〔ごん〕、

【瑠璃。:るり】
...瑠璃〔るり〕、

【硨磲。:しゃこ】
...硨磲〔しゃこ〕、

【碼碯。:めのう】
...碼碯〔めのう〕、

【眞珠。:しんじゅ】
...眞珠〔しんじゅ〕、

【玫瑰。:まいえ】
...玫瑰〔まいえ〕の

【七寶合成。:しっぽうごうじょう】
...七寶〔しっぽう〕を以〔もっ〕て合成〔ごうじょう〕し、

【衆華瓔珞。:しゅけようらく】
...衆華〔しゅけ〕、瓔珞〔ようらく〕、

【塗香。:ずこう】
...塗香〔ずこう〕、

【抹香。:まっこう】
...抹香〔まっこう〕、

【焼香。:しょうこう】
...焼香〔しょうこう〕、

【繒蓋。:ぞうがい】
...繒蓋〔ぞうがい〕、

【幢幡。:どうばん】
...幢幡〔どうばん〕を

【供養塔廟。:くようとうみょう】
...塔廟〔とうみょう〕に供養〔くよう〕せん。

【過是已後。:かぜいご】
...是〔これ〕を過〔す〕ぎて已後〔いご〕、

【當復供養。:とうぶくよう】
...當〔まさ〕に復〔また〕

【二萬億佛。:にまんのくぶつ】
...二萬億〔にまんのく〕の佛〔ほとけ〕を供養〔くよう〕するも、

【亦復如是。:やくぶにょぜ】
...亦復〔またまた〕是〔かく〕の如〔ごと〕くすべし。

【供養是諸佛已。:くようぜしょぶっち】
...是〔こ〕の諸佛〔しょぶつ〕を供養〔くよう〕し已〔おわ〕って、

【具菩薩道。:ぐぼさつどう】
...菩薩〔ぼさつ〕の道〔どう〕を具〔ぐ〕して、

【當得作佛。:とうとくさぶつ】
...當〔まさ〕に作佛〔さぶつ〕することを得〔う〕べし。

【號曰閻浮那提金光如来。:ごうわつえんぶなだいこんこうにょらい】
...號〔な〕を閻浮那提金光如来〔えんぶなだいこんこうにょらい〕・

【應供。:おうぐ】
...應供〔おうぐ〕・

【正遍知。:しょうへんち】
...正遍知〔しょうへんち〕・

【明行足。:みょうぎょうそく】
...明行足〔みょうぎょうそく〕・

【善逝。:ぜんぜい】
...善逝〔ぜんぜい〕・

【世間解。:せけんげ】
...世間解〔せけんげ〕・

【無上士。:むじょうじ】
...無上士〔むじょうじ〕・

【調御丈夫。:じょうごじょうぶ】
...調御丈夫〔じょうごじょうぶ〕・

【天人師。:てんにんし】
...天人師〔てんにんし〕・

【佛世尊。:ぶっせそん】
...佛世尊〔ぶっせそん〕と曰〔い〕わん。

【其土平正。:ごどびょうじょう】
...其〔そ〕の土〔ど〕、平正〔びょうじょう〕にして

【頗梨為地。:はりいじ】
...頗梨〔はり〕を地〔じ〕と為〔な〕し、

【寶樹荘厳。:ほうじゅしょうごん】
...寶樹〔ほうじゅ〕荘厳〔しょうごん〕し、

【黄金為繩。:おうごんいじょう】
...黄金〔おうごん〕を繩〔なわ〕と為〔な〕し、

【以界道側。:いかいどうそく】
...以〔もっ〕て道〔みち〕の側〔ほとり〕を界〔さか〕い、

【妙華覆地。:みょうけふじ】
...妙華〔みょうけ〕、地〔じ〕に覆〔おお〕い、

【周遍清浄。:しゅへんしょうじょう】
...周遍〔しゅへん〕清浄〔しょうじょう〕にして、

【見者歓喜。:けんしゃかんぎ】
...見〔み〕る者〔もの〕歓喜〔かんぎ〕せん。

【無四惡道。:むしあくどう】
...四惡道〔しあくどう〕の

【地獄。:じごく】
...地獄〔じごく〕、

【餓鬼。:がき】
...餓鬼〔がき〕、

【畜生。:ちくしょう】
...畜生〔ちくしょう〕、

【阿修羅道。:あしゅらどう】
...阿修羅道〔あしゅらどう〕無〔な〕く、

【多有天人。:たうてんにん】
...多〔おお〕く天〔てん〕、人〔にん〕有〔あ〕らん。

【諸声聞衆。:しょしょうもんじゅ】
...諸〔もろもろ〕の声聞衆〔しょうもんしゅ〕

【及諸菩薩。:ぎっしょぼさつ】
...及〔およ〕び諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕、

【無量萬億。:むりょうまんのく】
...無量萬億〔むりょうまんのく〕にして、

【荘厳其国。:しょうごんごこく】
...其〔そ〕の国〔くに〕を荘厳〔しょうごん〕せん。

【佛壽十二小劫。:ぶつじゅじゅうにしょうこう】
...佛〔ほとけ〕の壽〔じゅ〕は十二小劫〔じゅうにしょうこう〕、

【正法住世。:しょうぼうじゅうせ】
...正法〔しょうぼう〕世〔よ〕に住〔じゅう〕すること

【二十小劫。:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕、

【像法亦住。:ぞうぼうやくじゅう】
...像法〔ぞうぼう〕亦〔また〕住〔じゅう〕すること

【二十小劫。:にじっしょうこう】
...二十小劫〔にじっしょうこう〕ならん。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【諸比丘衆:しょびくしゅ】
...諸〔もろもろ〕の比丘衆〔びくしゅ〕

【皆一心聴:かいいっしんちょう】
...皆〔みな〕一心〔いっしん〕に聴〔き〕け

【如我所説:にょがしょせつ】
...我〔わ〕が所説〔しょせつ〕の如〔ごと〕きは

【眞實無異:しんじつむい】
...眞實〔しんじつ〕にして異〔ことな〕ること無〔な〕し

【是迦旃延:ぜかせんねん】
...是〔こ〕の迦旃延〔かせんねん〕

【當以種種:とういしゅじゅ】
...當〔まさ〕に種種〔しゅじゅ〕の

【妙好供具:みょうこうくぐ】
...妙好〔みょうこう〕の供具〔くぐ〕を以〔もっ〕て

【供養諸佛:くようしょぶつ】
...諸佛〔しょぶつ〕を供養〔くよう〕すべし

【諸佛滅後:しょぶつめつご】
...諸佛〔しょぶつ〕の滅後〔めつご〕に

【起七寶塔:きしっぽうとう】
...七寶〔しっぽう〕の塔〔とう〕を起〔た〕て

【亦以華香:やくいけこう】
...亦〔また〕華香〔けこう〕を以〔もっ〕て

【供養舎利:くようしゃり】
...舎利〔しゃり〕を供養〔くよう〕し

【其最後身:ごさいごしん】
...其〔そ〕の最後身〔さいごしん〕に

【得佛智慧:とくぶっちえ】
...佛〔ほとけ〕の智慧〔ちえ〕を得〔え〕て

【成等正覚:じょうとうしょうがく】
...等正覚〔とうしょうがく〕を成〔じょう〕じ

【国土清浄:こくどしょうじょう】
...国土〔こくど〕清浄〔しょうじょう〕にして

【度脱無量:どだつむりょう】
...無量〔むりょう〕

【萬億衆生:まんのくしゅじょう】
...萬億〔まんのく〕の衆生〔しゅじょう〕を度脱〔どだつ〕し

【皆為十方:かいいじっぽう】
...皆〔みな〕十方〔じっぽう〕の

【之所供養:ししょくよう】
...供養〔くよう〕する所〔ところ〕と為〔な〕らん

【佛之光明:ぶっしこうみょう】
...佛〔ほとけ〕の光明〔こうみょう〕

【無能勝者:むのうしょうしゃ】
...能〔よ〕く勝〔まさ〕れる者〔もの〕無〔な〕けん

【其佛號曰:ごぶつごうわつ】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕の號〔な〕を

【閻浮金光:えんぶこんこう】
...閻浮〔えんぶ〕金光〔こんこう〕と曰〔い〕わん

【菩薩声聞:ぼさつしょうもん】
...菩薩〔ぼさつ〕声聞〔しょうもん〕の

【断一切有:だんいっさいう】
...一切〔いっさい〕の有〔う〕を断〔だん〕ぜる

【無量無数:むりょうむしゅ】
...無量〔むりょう〕無数〔むしゅ〕にして

【荘厳其国:しょうごんごこく】
...其〔そ〕の国〔くに〕を荘厳〔しょうごん〕せん

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【復告大衆。:ぶごうだいしゅ】
復〔また〕大衆〔だいしゅ〕に告〔つ〕げたまわく、

【我今語汝。:がこんごにょ】
...我〔われ〕今〔いま〕汝〔なんじ〕に語〔かた〕る。

【是大目揵連。:ぜだいもっけんれん】
...是〔こ〕の大目揵連〔だいもっけんれん〕は、

【當以種種供具。:とういしゅじゅくぐ】
...當〔まさ〕に種種〔しゅじゅ〕の供具〔くぐ〕を以〔もっ〕て、

【供養八千諸佛。:くようはっせんしょぶつ】
...八千〔はっせん〕の諸佛〔しょぶつ〕に供養〔くよう〕し、

【恭敬尊重。:くぎょうそんじゅう】
...恭敬〔くぎょう〕尊重〔そんじゅう〕したてまつるべし。

【諸佛滅後。:しょぶつめつご】
...諸佛〔しょぶつ〕の滅後〔めつご〕に、

【各起塔廟。:かっきとうみょう】
...各〔おのおの〕塔廟〔とうみょう〕を起〔た〕てて、

【高千由旬。:こうせんゆじゅん】
...高〔たか〕さ千由旬〔せんゆじゅん〕、

【縦廣正等。:じゅうこうしょうとう】
...縦廣〔じゅうこう〕正等〔しょうとう〕にして、

【五百由旬。:ごひゃくゆじゅん】
...五百由旬〔ごひゃくゆじゅん〕ならん。

【以金。:いこん】
...金〔こん〕、

【銀。:ごん】
...銀〔ごん〕、

【瑠璃。:るり】
...瑠璃〔るり〕、

【硨磲。:しゃこ】
...硨磲〔しゃこ〕、

【碼碯。:めのう】
...碼碯〔めのう〕、

【眞珠。:しんじゅ】
...眞珠〔しんじゅ〕、

【玫瑰。:まいえ】
...玫瑰〔まいえ〕の

【七寶合成。:しっぽうごうじょう】
...七寶〔しっぽう〕を以〔もっ〕て合成〔ごうじょう〕し、

【衆華。:しゅけ】
...衆華〔しゅけ〕、

【瓔珞。:ようらく】
...瓔珞〔ようらく〕、

【塗香。:ずこう】
...塗香〔ずこう〕、

【抹香。:まっこう】
...抹香〔まっこう〕、

【焼香。:しょうこう】
...焼香〔しょうこう〕、

【繒蓋。:ぞうがい】
...繒蓋〔ぞうがい〕、

【幢幡。:どうばん】
...幢幡〔どうばん〕を

【以用供養。:いゆうくよう】
...以用〔もっ〕て供養〔くよう〕せん。

【過是已後。:かぜいご】
...是〔これ〕を過〔す〕ぎて已後〔いご〕、

【當復供養。:とうぶくよう】
...當〔まさ〕に復〔また〕

【二百萬億諸佛。:にひゃくまんのくしょぶつ】
...二百萬億〔にひゃくまんのく〕の諸佛〔しょぶつ〕を供養〔くよう〕するも、

【亦復如是。:やくぶにょぜ】
...亦復〔またまた〕是〔かく〕の如〔ごと〕くすべし。

【當得成佛。:とうとくじょうぶつ】
...當〔まさ〕に成佛〔じょうぶつ〕することを得〔う〕べし。

【號曰多摩羅跋栴檀香如来。:ごうわつたまらばっせんだんこうにょらい】
...號〔な〕を多摩羅跋栴檀香如来〔たまらばつせんだんこうにょらい〕・

【應供。:おうぐ】
...應供〔おうぐ〕・

【正遍知。:しょうへんち】
...正遍知〔しょうへんち〕・

【明行足。:みょうぎょうそく】
...明行足〔みょうぎょうそく〕・

【善逝。:ぜんぜい】
...善逝〔ぜんぜい〕・

【世間解。:せけんげ】
...世間解〔せけんげ〕・

【無上士。:むじょうじ】
...無上士〔むじょうじ〕・

【調御丈夫。:じょうごじょうぶ】
...調御丈夫〔じょうごじょうぶ〕・

【天人師。:てんにんし】
...天人師〔てんにんし〕・

【佛世尊。:ぶっせそん】
...佛世尊〔ぶっせそん〕と曰〔い〕わん。

【劫名喜満。:こうみょうきまん】
...劫〔こう〕を喜満〔きまん〕と名〔な〕づけ、

【国名意楽。:こくみょういらく】
...国〔くに〕を意楽〔いらく〕と名〔な〕づけん。

【其土平正。:ごどびょうじょう】
...其〔そ〕の土〔ど〕平正〔びょうじょう〕にして、

【頗梨為地。:はりいじ】
...頗梨〔はり〕を地〔じ〕と為〔な〕し、

【寶樹荘厳。:ほうじゅしょうごん】
...寶樹〔ほうじゅ〕荘厳〔しょうごん〕し、

【散眞珠華。:さんしんじゅけ】
...眞珠華〔しんじゅけ〕を散〔さん〕じ、

【周遍清浄。:しゅへんしょうじょう】
...周遍〔しゅへん〕清浄〔しょうじょう〕にして、

【見者歓喜。:けんしゃかんぎ】
...見〔み〕る者〔もの〕歓喜〔かんぎ〕せん。

【多諸天人。:たしょてんにん】
...諸〔もろもろ〕の天〔てん〕、人〔にん〕多〔おお〕く、

【菩薩声聞。:ぼさつしょうもん】
...菩薩〔ぼさつ〕、声聞〔しょうもん〕

【其数無量。:ごしゅむりょう】
...其〔そ〕の数〔かず〕無量〔むりょう〕ならん。

【佛壽二十四小劫。:ぶつじゅにじゅうししょうこう】
...佛〔ほとけ〕の壽〔じゅ〕は二十四小劫〔にじゅうししょうこう〕、

【正法住世。:しょうぼうじゅうせ】
...正法〔しょうぼう〕世〔よ〕に住〔じゅう〕すること

【四十小劫。:しじっしょうこう】
...四十小劫〔しじっしょうこう〕、

【像法亦住。:ぞうぼうやくじゅう】
...像法〔ぞうぼう〕亦〔また〕住〔じゅう〕すること

【四十小劫。:しじっしょうこう】
...四十小劫〔しじっしょうこう〕ならん。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【我此弟子:がしでし】
...我〔わ〕が此〔こ〕の弟子〔でし〕

【大目揵連:だいもっけんれん】
...大目揵連〔だいもっけんれん〕は

【捨是身已:しゃぜしんに】
...是〔こ〕の身〔み〕を捨〔す〕て已〔おわ〕って

【得見八千:とっけんはっせん】
...八千〔はっせん〕

【二百萬億:にひゃくまんのく】
...二百萬億〔にひゃくまんのく〕の

【諸佛世尊:しょぶっせそん】
...諸佛世尊〔しょぶつせそん〕を見〔み〕たてまつることを得〔え〕

【為佛道故:いぶつどうこ】
...佛道〔ぶつどう〕の為〔ため〕の故〔ゆえ〕に

【供養恭敬:くようくぎょう】
...供養〔くよう〕恭敬〔くぎょう〕し

【於諸佛所:おしょぶっしょ】
...諸佛〔しょぶつ〕の所〔みもと〕に於〔おい〕て

【常修梵行:じょうしゅぼんぎょう】
...常〔つね〕に梵行〔ぼんぎょう〕を修〔しゅ〕し

【於無量劫:おむりょうこう】
...無量劫〔むりょうこう〕に於〔おい〕て

【奉持佛法:ぶじぶっぽう】
...佛法〔ぶっぽう〕を奉持〔ぶじ〕せん

【諸佛滅後:しょぶつめつご】
...諸佛〔しょぶつ〕の滅後〔めつご〕に

【起七寶塔:きしっぽうとう】
...七寶〔しっぽう〕の塔〔とう〕を起〔た〕てて

【長表金刹:じょうひょうこんせつ】
...長〔なが〕く金刹〔こんせつ〕を表〔あらわ〕し

【華香伎楽:けこうぎがく】
...華香〔けこう〕伎楽〔ぎがく〕をもって

【而以供養:にいくよう】
...以〔もっ〕て⑤

【諸佛塔廟:しょぶっとうみょう】
...諸佛〔しょぶつ〕の塔廟〔とうみょう〕に⑤供養〔くよう〕し

【漸漸具足:ぜんぜんぐそく】
...漸漸〔ぜんぜん〕に

【菩薩道已:ぼさつどうい】
...菩薩〔ぼさつ〕の道〔どう〕を具足〔ぐそく〕し已〔おわ〕って

【於意楽国:おいらっこく】
...意楽国〔いらくこく〕に於〔おい〕て

【而得作佛:にとくさぶつ】
...而〔しか〕も作佛〔さぶつ〕することを得〔え〕

【號多摩羅:ごうたまら】
...多摩羅〔たまら〕

【栴檀之香:せんだんしこう】
...栴檀〔せんだん〕の香〔こう〕と號〔なづ〕けん

【其佛壽命:ごぶつじゅみょう】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕の壽命〔じゅみょう〕は

【二十四劫:にじゅうしこう】
...二十四劫〔にじゅうしこう〕ならん

【常為天人:じょういてんにん】
...常〔つね〕に天人〔てんにん〕の為〔ため〕に

【演説佛道:えんぜつぶつどう】
...佛道〔ぶつどう〕を演説〔えんぜつ〕せん

【声聞無量:しょうもんむりょう】
...声聞〔しょうもん〕無量〔むりょう〕にして

【如恒河沙:にょごうがしゃ】
...恒河沙〔ごうがしゃ〕の如〔ごと〕く

【三明六通:さんみょうろくつう】
...三明〔さんみょう〕六通〔ろくつう〕あって

【有大威徳:うだいいとく】
...大威徳〔だいいとく〕有〔あ〕らん

【菩薩無数:ぼさつむしゅ】
...菩薩〔ぼさつ〕無数〔むしゅ〕にして

【志固精進:しこしょうじん】
...志〔こころざし〕固〔かた〕く精進〔しょうじん〕し

【於佛智慧:おぶっちえ】
...佛〔ほとけ〕の智慧〔ちえ〕に於〔おい〕て

【皆不退転:かいふたいてん】
...皆〔みな〕退転〔たいてん〕せじ

【佛滅度後:ぶつめつどご】
...佛〔ほとけ〕の滅度〔めつど〕の後〔のち〕

【正法當住:しょうぼうとうじゅう】
...正法〔しょうぼう〕當〔まさ〕に住〔じゅう〕すること

【四十小劫:しじっしょうこう】
...四十小劫〔しじっしょうこう〕なるべし

【像法亦爾:ぞうぼうやくに】
...像法〔ぞうぼう〕亦〔また〕爾〔しか〕なり

【我諸弟子:がしょでし】
...我〔わ〕が諸〔もろもろ〕の弟子〔でし〕の

【威徳具足:いとくぐそく】
...威徳〔いとく〕具足〔ぐそく〕せる

【其数五百:ごしゅごひゃく】
...其〔そ〕の数〔かず〕五百〔ごひゃく〕なるも

【皆當授記:かいとうじゅき】
...皆〔みな〕當〔まさ〕に授記〔じゅき〕すべし

【於未来世:おみらいせ】
...未来世〔みらいせ〕に於〔おい〕て

【咸得成佛:げんとくじょうぶつ】
...咸〔ことごと〕く成佛〔じょうぶつ〕することを得〔え〕ん

【我及汝等:がぎゅうにょとう】
...我〔われ〕及〔およ〕び汝等〔なんだち〕が

【宿世因縁:しゅくせいんねん】
...宿世〔しゅくせ〕の因縁〔いんねん〕

【吾今當説:ごこんとうせつ】
...吾〔われ〕今〔いま〕當〔まさ〕に説〔と〕くべし

【汝等善聴:にょとうぜんちょう】
...汝等〔なんだち〕善〔よ〕く聴〔き〕け



ページのトップへ戻る