日蓮正宗法華講開信寺支部より

ようこそ開信寺へ

御書研鑚の集い 妙法蓮華経に学ぶ 御書研鑚資料


妙法蓮華經 授学無学人記品第九


【妙法蓮華經授学無学人記品第九:みょうほうれんげきょうじゅがくむがくにんきほんだいく】
妙法蓮華經〔みょうほうれんげきょう〕授学無学人記品第九〔じゅがくむがくにんきほんだいく〕




【爾時阿難。:にじあなん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に阿難〔あなん〕、

【羅睺羅。:らごら】
羅睺羅〔らごら〕、

【而作是念。:にさぜねん】
而〔しか〕も是〔こ〕の念〔ねん〕を作〔な〕さく、

【我等毎自思惟。:がとうまいじしゆい】
...我等〔われら〕毎〔つね〕に自〔みずか〕ら思惟〔しゆい〕すらく、

【設得授記。:せっとくじゅき】
...設〔も〕し授記〔じゅき〕を得〔え〕ば、

【不亦快乎。:ふやっけこ】
...亦〔また〕快〔こころよ〕からざらんや。

【即従座起。:そくじゅうざき】
即〔すなわ〕ち座〔ざ〕より起〔た〕って、

【到於佛前。:とうおぶつぜん】
佛前〔ぶつぜん〕に到〔いた〕り、

【頭面禮足。:ずめんらいそく】
頭面〔ずめん〕に足〔みあし〕を禮〔らい〕し、

【倶白佛言。:くびゃくぶつごん】
倶〔とも〕に佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【我等於此。:がとうおし】
...我等〔われら〕此〔ここ〕に於〔おい〕て、

【亦應有分。:やくおううぶん】
...亦〔また〕應〔まさ〕に分〔ぶん〕有〔あ〕るべし。

【唯有如来。:ゆいうにょらい】
...唯〔ただ〕如来〔にょらい〕のみ有〔ましま〕して、

【我等所歸。:がとうしょき】
...我等〔われら〕が歸〔き〕する所〔ところ〕なり。

【又我等。:うがとう】
...又〔また〕、我等〔われら〕は

【為一切世間。:いいっさいせけん】
...為〔こ〕れ一切〔いっさい〕世間〔せけん〕の天〔てん〕、

【天人阿修羅。:てんにんあしゅら】
...人〔にん〕、阿修羅〔あしゅら〕に

【所見知識。:しょけんちしき】
...知識〔ちしき〕せらる所〔ところ〕なり。

【阿難常為侍者。:あなんじょういじしゃ】
...阿難〔あなん〕は常〔つね〕に侍者〔じしゃ〕と為〔な〕って

【護持法蔵。:ごじほうぞう】
...法蔵〔ほうぞう〕を護持〔ごじ〕す。

【羅睺羅。:らごら】
...羅睺羅〔らごら〕は

【是佛之子。:ぜぶっしし】
...是〔こ〕れ佛〔ほとけ〕の子〔みこ〕なり。

【若佛見授。:にゃくぶっけんじゅ】
...若〔も〕し佛〔ほとけ〕、

【阿耨多羅三藐三菩提記者。:あのくたらさんみゃくさんぼだいきしゃ】
...阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕の記〔き〕を授〔さず〕けらるれば、

【我願既満。:ががんきまん】
...我〔わ〕が願〔ねがい〕既〔すで〕に満〔まん〕じて

【衆望亦足。:しゅもうやくそく】
...衆〔もろもろ〕の望〔のぞみ〕亦〔また〕足〔た〕りなん。

【爾時学無学。:にじがくむがく】
爾〔そ〕の時〔とき〕に、学無学〔がくむがく〕の

【声聞弟子。:しょうもんでし】
声聞〔しょうもん〕の弟子〔でし〕

【二千人。:にせんにん】
二千人〔にせんにん〕、

【皆従座起。:かいじゅうざき】
皆〔みな〕、座〔ざ〕より起〔た〕って、

【偏袒右肩。:へんだんうけん】
偏〔ひとえ〕に右〔みぎ〕の肩〔かた〕を袒〔あらわ〕にし、

【到於佛前。:とうおぶつぜん】
佛〔ほとけ〕の前〔まえ〕に到〔いた〕り、

【一心合掌。:いっしんがっしょう】
一心〔いっしん〕に合掌〔がっしょう〕し、

【瞻仰世尊。:せんごうせそん】
世尊〔せそん〕を瞻仰〔せんごう〕して、

【如阿難。:にょあなん】
阿難〔あなん〕、

【羅睺羅所願。:らごらしょがん】
羅睺羅〔らごら〕の所願〔しょがん〕の如〔ごと〕くにして、

【住立一面。:じゅうりゅういちめん】
一面〔いちめん〕に住立〔じゅうりゅう〕せり。

【爾時佛告阿難。:にじぶつごうあなん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に佛〔ほとけ〕、阿難〔あなん〕に告〔つ〕げたまわく、

【汝於来世。:にょおらいせ】
...汝〔なんじ〕来世〔らいせ〕に於〔おい〕て、

【當得作佛。:とうとくさぶつ】
...當〔まさ〕に作佛〔さぶつ〕することを得〔う〕べし。

【號山海慧自在通王如来。:ごうせんかいえじざいつうおうにょらい】
...山海慧自在通王如来〔さんかいえじざいつうおうにょらい〕・

【應供。:おうぐ】
...應供〔おうぐ〕・

【正遍知。:しょうへんち】
...正遍知〔しょうへんち〕・

【明行足。:みょうぎょうそく】
...明行足〔みょうぎょうそく〕・

【善逝。:ぜんぜい】
...善逝〔ぜんぜい〕・

【世間解。:せけんげ】
...世間解〔せけんげ〕・

【無上士。:むじょうじ】
...無上士〔むじょうじ〕・

【調御丈夫。:じょうごじょうぶ】
...調御丈夫〔じょうごじょうぶ〕・

【天人師。:てんにんし】
...天人師〔てんにんし〕・

【佛世尊。:ぶっせそん】
...佛世尊〔ぶっせそん〕と號〔なづ〕けん。

【當供養。:とうくよう】
...當〔まさ〕に①

【六十二億諸佛。:ろくじゅうにおくしょぶつ】
...六十二億〔ろくじゅうにおく〕の諸佛〔しょぶつ〕を①供養〔くよう〕し、

【護持法蔵。:ごじほうぞう】
...法蔵〔ほうぞう〕を護持〔ごじ〕して、

【然後得阿耨多羅三藐三菩提。:ねんごとくあのくたらさんみゃくさんぼだい】
...然〔しか〕して後〔のち〕に阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕を得〔う〕べし。

【教化二十千萬億。:きょうけにじゅうせんまんのく】
...二十千萬億〔にじゅうせんまんのく〕

【恒河沙。:ごうがしゃ】
...恒河沙〔ごうがしゃ〕の

【諸菩薩等。:しょぼさっとう】
...諸〔もろもろ〕の菩薩等〔ぼさつとう〕を教化〔きょうけ〕し、

【令成阿耨多羅三藐三菩提。:りょうじょうあのくたらさんみゃくさんぼだい】
...阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕を成〔じょう〕ぜしめん。

【国名常立勝幡。:こくみょうじょうりっしょうばん】
...国〔くに〕を常立勝幡〔じょうりゅうしょうばん〕と名〔な〕づけ、

【其土清浄。:ごどしょうじょう】
...其〔そ〕の土〔ど〕清浄〔しょうじょう〕にして、

【瑠璃為地。:るりいじ】
...瑠璃〔るり〕を地〔じ〕と為〔せ〕ん。

【劫名妙音遍満。:こうみょうみょうおんへんまん】
...劫〔こう〕を妙音遍満〔みょうおんへんまん〕と名〔な〕づけん。

【其佛壽命。:ごぶつじゅみょう】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕の壽命〔じゅみょう〕、

【無量千萬億。:むりょうせんまんのく】
...無量千萬億〔むりょうせんまんのく〕

【阿僧祇劫。:あそうぎこう】
...阿僧祇劫〔あそうぎこう〕ならん。

【若人於千萬億。:にゃくにんおせんまんのく】
...若〔も〕し人〔ひと〕、千萬億〔せんまんのく〕

【無量阿僧祇劫中。:むりょうあそうぎこうちゅう】
...無量阿僧祇劫〔むりょうあそうぎこう〕の中〔なか〕に於〔おい〕て、

【算数校計。:さんじゅきょうけ】
...算数〔さんじゅ〕校計〔きょうけ〕すとも、

【不能得知。:ふのうとくち】
...知〔し〕ることを得〔う〕ること能〔あた〕わじ。

【正法住世。:しょうぼうじゅうせ】
...正法〔しょうぼう〕世〔よ〕に住〔じゅう〕すること

【倍於壽命。:ばいおじゅみょう】
...壽命〔じゅみょう〕に倍〔ばい〕し、

【像法住世。:ぞうぼうじゅうせ】
...像法世〔ぞうぼうよ〕に住〔じゅう〕すること

【復倍正法。:ぶばいしょうぼう】
...復〔また〕正法〔しょうぼう〕に倍〔ばい〕せん。

【阿難。:あなん】
...阿難〔あなん〕、

【是山海慧自在通王佛。:ぜせんかいえじざいつうおうぶつ】
...是〔こ〕の山海慧自在通王佛〔さんかいえじざいつうおうぶつ〕は、

【為十方。:いじっぽう】
...十方〔じっぽう〕の

【無量千萬億。:むりょうせんまんのく】
...無量千萬億〔むりょうせんまんのく〕

【恒河沙等。:ごうがしゃとう】
...恒河沙等〔ごうがしゃとう〕の

【諸佛如来。:しょぶつにょらい】
...諸佛〔しょぶつ〕如来〔にょらい〕に、

【所共讃歎。:しょぐさんだん】
...共〔とも〕に②

【称其功徳。:しょうごくどく】
...其〔そ〕の功徳〔くどく〕を②讃歎〔さんだん〕し称〔しょう〕せらるることを為〔え〕ん。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【我今僧中説:がこんそうじゅうせつ】
...我〔われ〕今〔いま〕僧中〔そうちゅう〕にして説〔と〕く

【阿難持法者:あなんじほうしゃ】
...阿難〔あなん〕持法者〔じほうしゃ〕

【當供養諸佛:とうくようしょぶつ】
...當〔まさ〕に諸佛〔しょぶつ〕を供養〔くよう〕し

【然後成正覚:ねんごじょうしょうがく】
...然〔しか〕して後〔のち〕に正覚〔しょうがく〕を成〔じょう〕ずべし

【號曰山海慧:ごうわっせんかいえ】
...號〔な〕を山海慧〔さんかいえ〕

【自在通王佛:じざいつうおうぶつ】
...自在通王佛〔じざいつうおうぶつ〕と曰〔い〕わん

【其国土清浄:ごこくどしょうじょう】
...其〔そ〕の国土〔こくど〕清浄〔しょうじょう〕にして

【名常立勝幡:みょうじょうりっしょうばん】
...常立勝幡〔じょうりゅうしょうばん〕と名〔な〕づけん

【教化諸菩薩:きょうけしょぼさつ】
...諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕を教化〔きょうけ〕すること

【其数如恒沙:ごしゅにょごうじゃ】
...其〔そ〕の数〔かず〕恒沙〔ごうじゃ〕の如〔ごと〕くならん

【佛有大威徳:ぶっつだいいとく】
...佛〔ほとけ〕大威徳〔だいいとく〕有〔ましま〕して

【名聞満十方:みょうもんまんじっぽう】
...名聞〔みょうもん〕十方〔じっぽう〕に満〔み〕ち

【壽命無有量:じゅみょうむうりょう】
...壽命〔じゅみょう〕量〔はかり〕有〔あ〕ること無〔な〕けん

【以愍衆生故:いみんしゅじょうこ】
...衆生〔しゅじょう〕を愍〔あわ〕れむを以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に

【正法倍壽命:しょうぼうばいじゅみょう】
...正法〔しょうぼう〕壽命〔じゅみょう〕に倍〔ばい〕し

【像法復倍是:ぞうぼうぶばいぜ】
...像法〔ぞうぼう〕復〔また〕是〔これ〕に倍〔ばい〕せん

【如恒河沙等:にょごうがしゃとう】
...恒河沙等〔ごうがしゃとう〕の如〔ごと〕き

【無数諸衆生:むしゅしょしゅじょう】
...無数〔むしゅ〕の諸〔もろもろ〕の衆生〔しゅじょう〕

【於此佛法中:おしぶっぽうちゅう】
...此〔こ〕の佛法〔ぶっぽう〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【種佛道因縁:しゅぶつどういんねん】
...佛道〔ぶつどう〕の因縁〔いんねん〕を種〔う〕えん

【爾時会中。:にじえちゅう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に、会中〔えちゅう〕の

【新發意菩薩八千人。:しんぼっちぼさつはっせんにん】
新發意〔しんぼっち〕の菩薩〔ぼさつ〕八千人〔はっせんにん〕、

【咸作是念。:げんさぜねん】
咸〔ことごと〕く是〔こ〕の念〔ねん〕を作〔な〕さく、

【我等尚不聞。:がとうじょうふもん】
...我等〔われら〕、尚〔なお〕、

【諸大菩薩。:しょだいぼさつ】
...諸〔もろもろ〕の大菩薩〔だいぼさつ〕の、

【得如是記。:とくにょぜき】
...是〔かく〕の如〔ごと〕きの記〔き〕を得〔う〕ることを聞〔き〕かず。

【有何因縁。:うがいんねん】
...何〔なに〕の因縁〔いんねん〕有〔あ〕って、

【而諸声聞。:にしょしょうもん】
...諸〔もろもろ〕の声聞〔しょうもん〕、

【得如是決。:とくにょぜけつ】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き決〔けつ〕を得〔う〕る。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【知諸菩薩。:ちしょぼさつ】
諸〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕の

【心之所念。:しんししょねん】
心〔こころ〕の所念〔しょねん〕を知〔し〕ろしめして、

【而告之曰。:にごうしわつ】
之〔これ〕に告〔つ〕げて曰〔のたま〕わく、

【諸善男子。:しょぜんなんし】
...諸〔もろもろ〕の善男子〔ぜんなんし〕、

【我与阿難等。:がよあなんとう】
...我〔われ〕、阿難〔あなん〕とは等〔ひと〕しく、

【於空王佛所。:おくうおうぶっしょ】
...空王佛〔くうおうぶつ〕の所〔みもと〕に於〔おい〕て、

【同時發阿耨多羅三藐三菩提心。:どうじほつあのくたらさんみゃくさんぼだいしん】
...同時〔どうじ〕に阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕の心〔こころ〕を發〔おこ〕しき。

【阿難常楽多聞。:あなんじょうぎょうたもん】
...阿難〔あなん〕は常〔つね〕に多聞〔たもん〕を楽〔ねが〕い、

【我常勤精進。:がじょうごんしょうじん】
...我〔われ〕は常〔つね〕に勤〔つと〕めて精進〔しょうじん〕す。

【是故我已。:ぜこがい】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に我〔われ〕は已〔すで〕に、

【得成阿耨多羅三藐三菩提。:とくじょうあのくたらさんみゃくさんぼだい】
...阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕を成〔じょう〕ずることを得〔え〕たり。

【而阿難。:にあなん】
...而〔しか〕るに阿難〔あなん〕は、

【護持我法。:ごじがほう】
...我〔わ〕が法〔ほう〕を護持〔ごじ〕し、

【亦護将来。:やくごしょうらい】
...亦〔また〕、将来〔しょうらい〕の

【諸佛法蔵。:しょぶっぽうぞう】
...諸佛〔しょぶつ〕の法蔵〔ほうぞう〕を護〔まも〕って、

【教化成就。:きょうけじょうじゅ】
...③

【諸菩薩衆。:しょぼさっしゅ】
...諸〔もろもろ〕の菩薩衆〔ぼさつしゅ〕を③教化〔きょうけ〕し成就〔じょうじゅ〕せん。

【其本願如是。:ごほんがんにょぜ】
...其〔そ〕の本願〔ほんがん〕是〔かく〕の如〔ごと〕し。

【故獲斯記。:こぎゃくしき】
...故〔かるがゆえ〕に斯〔こ〕の記〔き〕を獲〔う〕。

【阿難面於佛前。:あなんめんのぶつぜん】
阿難〔あなん〕面〔まのあた〕り佛前〔ぶつぜん〕に於〔おい〕て、

【自聞授記。:じもんじゅき】
自〔みずか〕ら授記〔じゅき〕、

【及国土荘厳。:ぎゅうこくどしょうごん】
及〔およ〕び国土〔こくど〕の荘厳〔しょうごん〕を聞〔き〕きたてまつりて、

【所願具足。:しょがんぐそく】
所願〔しょがん〕具足〔ぐそく〕し、

【心大歓喜。:しんだいかんぎ】
心〔こころ〕大〔おお〕いに歓喜〔かんぎ〕して、

【得未曾有。:とくみぞうう】
未曾有〔みぞう〕なることを得〔え〕たり。

【即時憶念。:そくじおくねん】
即時〔そくじ〕に過去〔かこ〕の、

【過去無量千萬億。:かこむりょうせんまんのく】
無量千萬億〔むりょうせんまんのく〕の

【諸佛法蔵。:しょぶっぽうぞう】
諸佛〔しょぶつ〕の法蔵〔ほうぞう〕を億念〔おくねん〕するに、

【通達無礙。:つうだつむげ】
通達〔つうだつ〕無礙〔むげ〕なること、

【如今所聞。:にょこんしょもん】
今〔いま〕聞〔き〕く所〔ところ〕の如〔ごと〕し。

【亦識本願。:やくしきほんがん】
亦〔また〕本願〔ほんがん〕を識〔し〕りぬ。

【爾時阿難。:にじあなん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に阿難〔あなん〕、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔もう〕さく、

【世尊甚希有:せそんじんけう】
...世尊〔せそん〕は甚〔はなは〕だ希有〔けう〕なり

【令我念過去:りょうがねんかこ】
...我〔われ〕をして過去〔かこ〕の

【無量諸佛法:むりょうしょぶっぽう】
...無量〔むりょう〕の諸佛〔しょぶつ〕の法〔ほう〕を念〔ねん〕ぜしめたもう

【如今日所聞:にょこんにちしょもん】
...今日〔こんにち〕聞〔き〕く所〔ところ〕の如〔ごと〕し

【我今無復疑:がこんむぶぎ】
...我〔われ〕今〔いま〕復〔また〕疑〔うたがい〕無〔な〕くして

【安住於佛道:あんじゅうおぶつどう】
...佛道〔ぶつどう〕に安住〔あんじゅう〕しぬ。

【方便為侍者:ほうべんいじしゃ】
...方便〔ほうべん〕をもって侍者〔じしゃ〕と為〔な〕り

【護持諸佛法:ごじしょぶっぽう】
...諸佛〔しょぶつ〕の法〔ほう〕を護持〔ごじ〕せん

【爾時佛告羅睺羅。:にじぶつごうらごら】
爾〔そ〕の時〔とき〕に佛〔ほとけ〕、羅睺羅〔らごら〕に告〔つ〕げたまわく、

【汝於来世。:にょおらいせ】
...汝〔なんじ〕来世〔らいせ〕に於〔おい〕て、

【當得作佛。:とうとくさぶつ】
...當〔まさ〕に作佛〔さぶつ〕することを得〔う〕べし。

【號蹈七寶華如来。:ごうとうしっぽうけにょらい】
...蹈七寶華如来〔とうしっぽうけにょらい〕・

【應供。:おうぐ】
...應供〔おうぐ〕・

【正遍知。:しょうへんち】
...正遍知〔しょうへんち〕・

【明行足。:みょうぎょうそく】
...明行足〔みょうぎょうそく〕・

【善逝。:ぜんぜい】
...善逝〔ぜんぜい〕・

【世間解。:せけんげ】
...世間解〔せけんげ〕・

【無上士。:むじょうじ】
...無上士〔むじょうじ〕・

【調御丈夫。:じょうごじょうぶ】
...調御丈夫〔じょうごじょうぶ〕・

【天人師。:てんにんし】
...天人師〔てんにんし〕・

【佛世尊。:ぶっせそん】
...佛世尊〔ぶっせそん〕と號〔なづ〕けん。

【當供養十世界。:とうくようじっせかい】
...當〔まさ〕に十世界〔じっせかい〕、

【微塵等数。:みじんとうしゅ】
...微塵等数〔みじんとうしゅ〕の

【諸佛如来。:しょぶつにょらい】
...諸佛〔しょぶつ〕如来〔にょらい〕を供養〔くよう〕すべし。

【常為諸佛。:じょういしょぶつ】
...常〔つね〕に諸佛〔しょぶつ〕の為〔ため〕に、

【而作長子。:にさちょうし】
...而〔しか〕も長子〔ちょうし〕と作〔な〕ること、

【猶如今也。:ゆにょこんや】
...猶〔なお〕今〔いま〕の如〔ごと〕くならん。

【是蹈七寶華佛。:ぜとうしっぽうけぶつ】
...是〔こ〕の蹈七寶華佛〔とうしっぽうけぶつ〕の

【国土荘厳。:こくどしょうごん】
...国土〔こくど〕の荘厳〔しょうごん〕、

【壽命劫数。:じゅみょうこっしゅ】
...壽命〔じゅみょう〕の劫数〔こっしゅ〕、

【所化弟子。:しょけでし】
...所化〔しょけ〕の弟子〔でし〕、

【正法像法。:しょうぼうぞうぼう】
...正法〔しょうぼう〕、像法〔ぞうぼう〕、

【亦如山海慧自在通王如来無異。:やくにょせんかいえじざいつうおうにょらいむい】
...亦〔また〕山海慧自在通王如来〔さんかいえじざいつうおうにょらい〕の如〔ごと〕くにして、

【亦為此佛。:やくいしぶつ】
...異〔ことな〕ること無〔な〕けん。亦〔また〕此〔こ〕の佛〔ほとけ〕の為〔ため〕に、

【而作長子。:にさちょうし】
...而〔しか〕も長子〔ちょうし〕と作〔な〕らん。

【過是已後。:かぜいご】
...是〔これ〕を過〔す〕ぎて已後〔いご〕、

【當得阿耨多羅三藐三菩提。:とうとくあのくたらさんみゃくさんぼだい】
...當〔まさ〕に阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕を得〔う〕べし。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【我為太子時:がいたいしじ】
...我〔われ〕太子〔たいし〕為〔た〕りし時〔とき〕

【羅睺為長子:らごいちょうし】
...羅睺長子〔らごちょうし〕と為〔な〕り

【我今成佛道:がこんじょうぶつどう】
...我〔われ〕今〔いま〕佛道〔ぶつどう〕を成〔じょう〕ずれば

【受法為法子:じゅほういほうし】
...法〔ほう〕を受〔う〕けて法子〔ほうし〕と為〔な〕れり

【於未来世中:おみらいせちゅう】
...未来世〔みらいせ〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【見無量億佛:けんむりょうおくぶつ】
...無量億〔むりょうおく〕の佛〔ほとけ〕を見〔み〕たてまつるに

【皆為其長子:かいいごちょうし】
...皆〔みな〕其〔そ〕の長子〔ちょうし〕と為〔な〕って

【一心求佛道:いっしんぐぶつどう】
...一心〔いっしん〕に佛道〔ぶつどう〕を求〔もと〕めん

【羅睺羅密行:らごらみつぎょう】
...羅睺羅〔らごら〕の密行〔みつぎょう〕は

【唯我能知之:ゆいがのうちし】
...唯〔ただ〕我〔われ〕のみ能〔よ〕く之〔これ〕を知〔し〕れり

【現為我長子:げんにがちょうし】
...現〔げん〕に我〔わ〕が長子〔ちょうし〕と為〔な〕って

【以示諸衆生:いじしょしゅじょう】
...以〔もっ〕て諸〔もろもろ〕の衆生〔しゅじょう〕に示〔しめ〕す

【無量億千萬:むりょうおくせんまん】
...無量億千萬〔むりょうおくせんまん〕の

【功徳不可数:くどくふかしゅ】
...功徳〔くどく〕数〔かぞ〕うべからず

【安住於佛法:あんじゅうおぶっぽう】
...佛法〔ぶっぽう〕に安住〔あんじゅう〕して

【以求無上道:いぐむじょうどう】
...以〔もっ〕て無上道〔むじょうどう〕を求〔もと〕む

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【見学無学二千人。:けんがくむがくにせんにん】
学無学〔がくむがく〕の二千人〔にせんにん〕を見〔み〕たもうに、

【其意柔軟。:ごいにゅうなん】
其〔そ〕の意〔こころ〕柔軟〔にゅうなん〕に、

【寂然清浄。:じゃくねんしょうじょう】
寂然〔じゃくねん〕清浄〔しょうじょう〕にして、

【一心観佛。:いっしんかんぶつ】
一心〔いっしん〕に佛〔ほとけ〕を観〔み〕たてまつる。

【佛告阿難。:ぶつごうあなん】
佛〔ほとけ〕、阿難〔あなん〕に告〔つ〕げたまわく、

【汝見是学無学二千人不。:にょけんぜがくむがくにせんにんふ】
...汝〔なんじ〕、是〔こ〕の学無学〔がくむがく〕の二千人〔にせんにん〕を見〔み〕るや不〔いな〕や。

【唯然已見。:ゆいねんいけん】
...唯〔ただ〕然〔しか〕なり、已〔すで〕に見〔み〕る。

【阿難。:あなん】
...阿難〔あなん〕、

【是諸人等。:ぜしょにんとう】
...是〔こ〕の諸人等〔しょにんら〕は、

【當供養。:とうくよう】
...當〔まさ〕に④

【五十世界微塵数。:ごじっせかいみじんじゅ】
...五十世界〔ごじっせかい〕微塵数〔みじんじゅ〕の

【諸佛如来。:しょぶつにょらい】
...諸佛〔しょぶつ〕如来〔にょらい〕を④供養〔くよう〕し、

【恭敬尊重。:くぎょうそんじゅう】
...恭敬〔くぎょう〕尊重〔そんじゅう〕し、

【護持法蔵。:ごじほうぞう】
...法蔵〔ほうぞう〕を護持〔ごじ〕して、

【末後同時。:まつごどうじ】
...末後〔まつご〕に同時〔どうじ〕に、

【於十方国。:おじっぽうこく】
...十方〔じっぽう〕の国〔くに〕に於〔おい〕て、

【各得成佛。:かくとくじょうぶつ】
...各〔おのおの〕成佛〔じょうぶつ〕することを得〔う〕べし。

【皆同一號。:かいどういちごう】
...皆〔みな〕同〔おな〕じく一號〔いちごう〕にして、

【名曰寶相如来。:みょうわつほうそうにょらい】
...名〔な〕づけて寶相如来〔ほうそうにょらい〕・

【應供。:おうぐ】
...應供〔おうぐ〕・

【正遍知。:しょうへんち】
...正遍知〔しょうへんち〕・

【明行足。:みょうぎょうそく】
...明行足〔みょうぎょうそく〕・

【善逝。:ぜんぜい】
...善逝〔ぜんぜい〕・

【世間解。:せけんげ】
...世間解〔せけんげ〕・

【無上士。:むじょうじ】
...無上士〔むじょうじ〕・

【調御丈夫。:じょうごじょうぶ】
...調御丈夫〔じょうごじょうぶ〕・

【天人師。:てんにんし】
...天人師〔てんにんし〕・

【佛世尊。:ぶっせそん】
...佛世尊〔ぶっせそん〕と曰〔い〕わん。

【壽命一劫。:じゅみょういっこう】
...壽命〔じゅみょう〕一劫〔いっこう〕ならん。

【国土荘厳。:こくどしょうごん】
...国土〔こくど〕の荘厳〔しょうごん〕、

【声聞菩薩。:しょうもんぼさつ】
...声聞〔しょうもん〕、菩薩〔ぼさつ〕、

【正法像法。:しょうぼうぞうぼう】
...正法〔しょうぼう〕、像法〔ぞうぼう〕、

【皆悉同等。:かいしつどうとう】
...皆〔みな〕悉〔ことごと〕く同等〔どうとう〕ならん。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【是二千声聞:ぜにせんしょうもん】
...是〔こ〕の二千〔にせん〕の声聞〔しょうもん〕

【今於我前住:こんのがぜんじゅう】
...今〔いま〕我〔わ〕が前〔まえ〕に於〔おい〕て住〔じゅう〕せる

【悉皆与授記:しっかいよじゅき】
...悉〔ことごと〕く皆〔みな〕授記〔じゅき〕与〔あた〕う

【未来當成佛:みらいとうじょうぶつ】
...未来〔みらい〕に當〔まさ〕に成佛〔じょうぶつ〕すべし

【所供養諸佛:しょくようしょぶつ】
...供養〔くよう〕する所〔ところ〕の諸佛〔しょぶつ〕は

【如上説塵数:にょじょうせつじんじゅ】
...上〔かみ〕に説〔と〕く塵数〔じんじゅ〕の如〔ごと〕くならん

【護持其法蔵:ごじごほうぞう】
...其〔そ〕の法蔵〔ほうぞう〕を護持〔ごじ〕して

【後當成正覚:ごとうじょうしょうがく】
...後〔のち〕に當〔まさ〕に正覚〔しょうがく〕を成〔じょう〕ずべし

【各於十方国:かくおじっぽうこく】
...各〔おのおの〕十方〔じっぽう〕の国〔くに〕に於〔おい〕て

【悉同一名號:しつどういちみょうごう】
...悉〔ことごと〕く同〔おな〕じく一名號〔いちみょうごう〕ならん

【倶時坐道場:くじざどうじょう】
...倶時〔くじ〕に道場〔どうじょう〕に坐〔ざ〕して

【以證無上慧:いしょうむじょうえ】
...以〔もっ〕て無上慧〔むじょうえ〕を證〔しょう〕し

【皆名為寶相:かいみょういほうそう】
...皆〔みな〕名〔な〕づけて寶相〔ほうそう〕と為〔せ〕ん

【国土及弟子:こくどぎゅうでし】
...国土〔こくど〕及〔およ〕び弟子〔でし〕

【正法与像法:しょうぼうよぞうぼう】
...正法〔しょうぼう〕と像法〔ぞうぼう〕と

【悉等無有異:しっとうむうい】
...悉〔ことごと〕く等〔ひと〕しくして異〔ことな〕ること有〔あ〕ること無〔な〕けん

【咸以諸神通:げんにしょじんづう】
...咸〔ことごと〕く諸〔もろもろ〕の神通〔じんづう〕を以〔もっ〕て

【度十方衆生:どじっぽうしゅじょう】
...十方〔じっぽう〕の衆生〔しゅじょう〕を度〔ど〕し

【名聞普周遍:みょうもんふしゅへん】
...名聞〔みょうもん〕普〔あまね〕く周遍〔しゅへん〕して

【漸入於涅槃:ぜんにゅうおねはん】
...漸〔ようや〕く涅槃〔ねはん〕に入〔い〕らん

【爾時学無学二千人。:にじがくむがくにせんにん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に学無学〔がくむがく〕の二千人〔にせんにん〕、

【聞佛授記。:もんぶつじゅき】
佛〔ほとけ〕の授記〔じゅき〕を聞〔き〕きたてまつりて、

【歓喜踊躍。:かんぎゆやく】
歓喜〔かんぎ〕踊躍〔ゆやく〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔もう〕さく、

【世尊慧燈明:せそんえとうみょう】
...世尊〔せそん〕は慧〔え〕の燈明〔とうみょう〕なり

【我聞授記音:がもんじゅきおん】
...我〔われ〕授記〔じゅき〕の音〔みこえ〕を聞〔き〕きたてまつりて

【心歓喜充満:しんかんぎじゅうまん】
...心〔こころ〕に歓喜〔かんぎ〕充満〔じゅうまん〕せること

【如甘露見灌:にょかんろけんかん】
...甘露〔かんろ〕をもって灌〔そそ〕がるるが如〔ごと〕し



ページのトップへ戻る