日蓮正宗法華講開信寺支部より

ようこそ開信寺へ

御書研鑚の集い 妙法蓮華経に学ぶ 御書研鑚資料


妙法蓮華經 見寶塔品第十一


【妙法蓮華經見寶塔品第十一:みょうほうれんげきょうけんほうとうほんだいじゅういち】
妙法蓮華經〔みょうほうれんげきょう〕見寶塔品第十一〔けんほうとうほんだいじゅういち〕




【爾時佛前。:にじぶつぜん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に佛前〔ぶつぜん〕に、

【有七寶塔。:うしっぽうとう】
七寶〔しっぽう〕の塔〔とう〕有〔あ〕り。

【高五百由旬。:こうごひゃくゆじゅん】
高〔たか〕さ五百〔ごひゃく〕由旬〔ゆじゅん〕、

【縦廣二百五十由旬。:じゅうこうにひゃくごじゅうゆじゅん】
縦廣〔じゅうこう〕二百五十〔にひゃくごじゅう〕由旬〔ゆじゅん〕なり。

【従地涌出。:じゅうじゆじゅつ】
地〔じ〕より涌出〔ゆじゅつ〕して、

【住在空中。:じゅうざいくうじゅう】
空中〔くうちゅう〕に住在〔じゅうざい〕す。

【種種寶物。:しゅじゅほうもつ】
種種〔しゅじゅ〕の寶物〔ほうもつ〕をもって、

【而荘校之。:にしょうきょうし】
之〔これ〕を荘校〔しょうきょう〕せり。

【五千欄楯。:ごせんらんじゅん】
五千〔ごせん〕の欄楯〔らんじゅん〕あって、

【龕室千萬。:がんしつせんまん】
龕室〔がんしつ〕千萬〔せんまん〕なり。

【無数幢幡。:むしゅどうばん】
無数〔むしゅ〕の幢幡〔どうばん〕、

【以為厳飾。:いいごんじき】
以〔もっ〕て厳飾〔ごんじき〕と為〔な〕し、

【垂寶瓔珞。:すいほうようらく】
寶〔たから〕の瓔珞〔ようらく〕を垂〔た〕れ、

【寶鈴萬億。:ほうりょうまんのく】
寶鈴〔ほうりょう〕萬億〔まんのく〕にして、

【而懸其上。:にげんごじょう】
其〔そ〕の上〔うえ〕に縣〔か〕かれり。

【四面皆出。:しめんかいすい】
四面〔しめん〕に皆〔みな〕、

【多摩羅跋栴檀之香。:たまらばっせんだんしこう】
多摩羅跋栴檀〔たまらばつせんだん〕の香〔こう〕を出〔いだ〕して、

【充遍世界。:じゅうへんせかい】
世界〔せかい〕に充遍〔じゅうへん〕せり。

【其諸幡蓋。:ごしょばんがい】
其〔そ〕の諸〔もろもろ〕の幡蓋〔ばんがい〕は、

【以金。:いこん】
金〔こん〕、

【銀。:ごん】
銀〔ごん〕、

【瑠璃。:るり】
瑠璃〔るり〕、

【硨磲。:しゃこ】
硨磲〔しゃこ〕、

【碼碯。:めのう】
碼碯〔めのう〕、

【眞珠。:しんじゅ】
眞珠〔しんじゅ〕、

【玫瑰。:まいえ】
玫瑰〔まいえ〕の

【七寶合成。:しっぽうごうじょう】
七寶〔しっぽう〕を以〔もっ〕て合成〔ごうじょう〕し、

【高至四天王宮。:こうししてんのうぐう】
高〔たか〕く四天王宮〔してんのうぐう〕に至〔いた〕る。

【三十三天。:さんじゅうさんてん】
三十三天〔さんじゅうさんてん〕、

【雨天曼陀羅華。:うてんまんだらけ】
天〔てん〕の曼陀羅華〔まんだらけ〕を雨〔ふ〕らして、

【供養寶塔。:くようほうとう】
寶塔〔ほうとう〕に供養〔くよう〕し、

【余諸天。:よしょてん】
余〔よ〕の諸天〔しょてん〕、

【龍。:りゅう】
龍〔りゅう〕、

【夜叉。:やしゃ】
夜叉〔やしゃ〕、

【乾闥婆。:けんだつば】
乾闥婆〔けんだつば〕、

【阿修羅。:あしゅら】
阿修羅〔あしゅら〕、

【迦楼羅。:かるら】
迦楼羅〔かるら〕、

【緊那羅。:きんなら】
緊那羅〔きんなら〕、

【摩睺羅伽。:まごらが】
摩睺羅伽〔まごらが〕の、

【人非人等。:にんぴにんとう】
人非人等〔にんぴにんとう〕の

【千萬億衆。:せんまんのくしゅ】
千萬億衆〔せんまんのくしゅ〕は、

【以一切華香瓔珞。:いいっさいけこうようらく】
一切〔いっさい〕の華香〔けこう〕、瓔珞〔ようらく〕、

【幡蓋伎楽。:ばんがいぎがく】
幡蓋〔ばんがい〕、伎楽〔ぎがく〕を以〔もっ〕て、

【供養寶塔。:くようほうとう】
寶塔〔ほうとう〕に供養〔くよう〕恭敬〔くぎょう〕し、

【恭敬尊重讃歎。:くぎょうそんじゅうさんだん】
尊重〔そんじゅう〕讃歎〔さんだん〕したてまつる。

【爾時寶塔中。:にじほうとうちゅう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に寶塔〔ほうとう〕の中〔うち〕より、

【出大音声。:すいだいおんじょう】
大音声〔だいおんじょう〕を出〔いだ〕して、

【歎言。:たんごん】
歎〔ほ〕めて言〔のたま〕わく、

【善哉善哉。:ぜんざいぜんざい】
...善哉〔ぜんざい〕善哉〔ぜんざい〕、

【釋迦牟尼世尊。:しゃかむにせそん】
...釋迦牟尼世尊〔しゃかむにせそん〕、

【能以平等大慧。:のういびょうどうだいえ】
...能〔よ〕く平等〔びょうどう〕大慧〔だいえ〕・

【教菩薩法。:きょうぼさっぽう】
...教菩薩法〔きょうぼさっぽう〕・

【佛所護念。:ぶっしょごねん】
...佛所護念〔ぶっしょごねん〕の

【妙法華經。:みょうほけきょう】
...妙法華經〔みょうほけきょう〕を以〔もっ〕て、

【為大衆説。:いだいしゅせつ】
...大衆〔だいしゅ〕の為〔ため〕に説〔と〕きたもう。

【如是如是。:にょぜにょぜ】
...是〔かく〕の如〔ごと〕し、是〔かく〕の如〔ごと〕し。

【釋迦牟尼世尊。:しゃかむにせそん】
...釋迦牟尼世尊〔しゃかむにせそん〕、

【如所説者。:にょしょせつしゃ】
...所説〔しょせつ〕の如〔ごと〕きは、

【皆是眞實。:かいぜしんじつ】
...皆〔みな〕是〔こ〕れ眞實〔しんじつ〕なり。

【爾時四衆。:にじししゅ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に四衆〔ししゅ〕、

【見大寶塔。:けんだいほうとう】
大寶塔〔だいほうとう〕の、

【住在空中。:じゅうざいくうじゅう】
空中〔くうちゅう〕に住在〔じゅうざい〕せるを見〔み〕、

【又聞塔中。:うもんたっちゅう】
又〔また〕塔〔とう〕の中〔うち〕より

【所出音声。:しょすいおんじょう】
出〔いだ〕したもう所〔ところ〕の音声〔おんじょう〕を聞〔き〕いて、

【皆得法喜。:かいとくほうき】
皆〔みな〕法喜〔ほうき〕を得〔え〕、

【怪未曾有。:けみぞうう】
未曾有〔みぞう〕なりと怪〔あや〕しみ、

【従座而起。:じゅうざにき】
座〔ざ〕より而〔しか〕も起〔た〕って、

【恭敬合掌。:くぎょうがっしょう】
恭敬〔くぎょう〕合掌〔がっしょう〕し、

【却住一面。:きゃくじゅういちめん】
却〔さ〕って一面〔いちめん〕に住〔じゅう〕す。

【爾時有菩薩摩訶薩。:にじうぼさつまかさつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に菩薩摩訶薩〔ぼさつまかさつ〕有〔あ〕り、

【名大楽説。:みょうだいぎょうせつ】
大楽説〔だいぎょうせつ〕と名〔な〕づく。

【知一切世間。:ちいっさいせけん】
一切〔いっさい〕世間〔せけん〕の

【天人阿修羅等。:てんにんあしゅらとう】
天〔てん〕、人〔にん〕、阿修羅等〔あしゅらとう〕の

【心之所疑。:しんししょぎ】
心〔こころ〕の所疑〔しょぎ〕を知〔し〕って、

【而白佛言。:にびゃくぶつごん】
佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【以何因縁。:いがいんねん】
...何〔なに〕の因縁〔いんねん〕を以〔もっ〕てか、

【有此寶塔。:うしほうとう】
...此〔こ〕の寶塔〔ほうとう〕有〔あ〕って、

【従地涌出。:じゅうじゆじゅつ】
...地〔じ〕より涌出〔ゆじゅつ〕せる、

【又於其中。:うおごちゅう】
...又〔また〕其〔そ〕の中〔うち〕より、

【發是音声。:ほつぜおんじょう】
...是〔こ〕の音声〔おんじょう〕を發〔おこ〕したもう。

【爾時佛告。:にじぶつごう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に佛〔ほとけ〕、

【大楽説菩薩。:だいぎょうせつぼさつ】
大楽説菩薩〔だいぎょうせつぼさつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【此寶塔中。:しほうとうちゅう】
...此〔こ〕の寶塔〔ほうとう〕の中〔うち〕に、

【有如来全身。:うにょらいぜんしん】
...如来〔にょらい〕の全身〔ぜんしん〕有〔いま〕す。

【乃往過去。:ないおうかこ】
...乃往〔ないおう〕過去〔かこ〕に、

【東方無量千萬億。:とうぼうむりょうせんまんのく】
...東方〔とうぼう〕の無量千萬億〔むりょうせんまんのく〕

【阿僧祇世界。:あそうぎせかい】
...阿僧祇〔あそうぎ〕の世界〔せかい〕に、

【国名寶浄。:こくみょうほうじょう】
...国〔くに〕を寶浄〔ほうじょう〕と名〔な〕づく。

【彼中有佛。:ひちゅううぶつ】
...彼〔か〕の中〔なか〕に佛〔ほとけ〕有〔いま〕す。

【號曰多寶。:ごうわつたほう】
...號〔な〕を多寶〔たほう〕と曰〔い〕う。

【其佛本行菩薩道時。:ごぶつほんぎょうぼさつどうじ】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕、本〔もと〕菩薩〔ぼさつ〕の道〔どう〕を行〔ぎょう〕ぜし時〔とき〕、

【作大誓願。:さだいせいがん】
...大誓願〔だいせいがん〕を作〔な〕したまわく、

【若我成佛。:にゃくがじょうぶつ】
....若〔も〕し我〔われ〕、成佛〔じょうぶつ〕して

【滅度之後。:めつどしご】
....滅度〔めつど〕の後〔のち〕、

【於十方国土。:おじっぽうこくど】
....十方〔じっぽう〕の国土〔こくど〕に於〔おい〕て、

【有説法華經処。:うせつほけきょうしょ】
....法華經〔ほけきょう〕を説〔と〕く処〔ところ〕有〔あ〕らば、

【我之塔廟。:がしとうみょう】
....我〔わ〕が塔廟〔とうみょう〕、

【為聴是經故。:いちょうぜきょうこ】
....是〔こ〕の經〔きょう〕を聴〔き〕かんが為〔ため〕の故〔ゆえ〕に、

【涌現其前。:ゆげんごぜん】
....其〔そ〕の前〔まえ〕に涌現〔ゆげん〕して、

【為作證明。:いさしょうみょう】
....為〔ため〕に證明〔しょうみょう〕と作〔な〕って、

【讃言善哉。:さんごんぜんざい】
....讃〔ほ〕めて善哉〔ぜんざい〕と言〔い〕わん。

【彼佛成道已。:ひぶつじょうどうい】
...彼〔か〕の佛〔ほとけ〕成道〔じょうどう〕し已〔おわ〕って、

【臨滅度時。:りんめつどじ】
...滅度〔めつど〕の時〔とき〕に臨〔のぞ〕んで、

【於天人大衆中。:おてんにんだいしゅちゅう】
...天〔てん〕・人〔にん〕大衆〔だいしゅ〕の中〔なか〕に於〔おい〕て、

【告諸比丘。:ごうしょびく】
...諸〔もろもろ〕の比丘〔びく〕に告〔つ〕げたまわく、

【我滅度後。:がめつどご】
....我〔わ〕が滅度〔めつど〕の後〔のち〕、

【欲供養我全身者。:よくくようがぜんしんしゃ】
....我〔わ〕が全身〔ぜんしん〕を供養〔くよう〕せんと欲〔ほっ〕せん者〔もの〕は、

【應起一大塔。:おうきいちだいとう】
....應〔まさ〕に一〔いち〕の大塔〔だいとう〕を起〔た〕つべし。

【其佛以神通願力。:ごぶついじんづうがんりき】
...其〔そ〕の佛〔ほとけ〕、神通〔じんづう〕と願力〔がんりき〕を以〔もっ〕て、

【十方世界。:じっぽうせかい】
...十方〔じっぽう〕世界〔せかい〕の

【在在処処。:ざいざいしょしょ】
...在在〔ざいざい〕処処〔しょしょ〕に、

【若有説法華經者。:にゃくうせつほけきょうじゃ】
...若〔も〕し法華經〔ほけきょう〕を説〔と〕く者〔もの〕有〔あ〕らば、

【彼之寶塔。:ひしほうとう】
...彼〔か〕の寶塔〔ほうとう〕、

【皆涌出其前。:かいゆじゅつごぜん】
...皆〔みな〕其〔そ〕の前〔まえ〕に涌出〔ゆじゅつ〕して、

【全身在於塔中。:ぜんしんざいおたっちゅう】
...全身〔ぜんしん〕、塔〔とう〕の中〔うち〕に在〔ましま〕して、

【讃言善哉善哉。:さんごんぜんざいぜんざい】
...讃〔ほ〕めて善哉〔ぜんざい〕善哉〔ぜんざい〕と言〔のたま〕う。

【大楽説。:だいぎょうせつ】
...大楽説〔だいぎょうせつ〕、

【今多寶如来塔。:こんたほうにょらいとう】
...今〔いま〕多寶如来〔たほうにょらい〕の塔〔とう〕、

【聞説法華經故。:もんせつほけきょうこ】
...法華經〔ほけきょう〕を説〔と〕くを聞〔き〕きたまわんが故〔ゆえ〕に、

【従地涌出。:じゅうじゆじゅつ】
...地〔じ〕より涌出〔ゆじゅつ〕して、

【讃言善哉善哉。:さんごんぜんざいぜんざい】
...讃〔ほ〕めて善哉〔ぜんざい〕善哉〔ぜんざい〕と言〔のたま〕う。

【是時大楽説菩薩。:ぜじだいぎょうせつぼさつ】
是〔こ〕の時〔とき〕に大楽説菩薩〔だいぎょうせつぼさつ〕、

【以如来神力故。:いにょらいじんりきこ】
如来〔にょらい〕の神力〔じんりき〕を以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕に、

【白佛言。:びゃくぶつごん】
佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【我等願欲。:がとうがんよく】
...我等〔われら〕願〔ねが〕わくは、

【見此佛身。:けんしぶっしん】
...此〔こ〕の佛身〔ぶっしん〕を見〔み〕たてまつらんと欲〔ほっ〕す。

【佛告大楽説菩薩摩訶薩。:ぶつごうだいぎょうせつぼさつまかさつ】
佛〔ほとけ〕、大楽説菩薩摩訶薩〔だいぎょうせつぼさつまかさつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【是多寶佛。:ぜたほうぶつ】
...是〔こ〕の多寶佛〔たほうぶつ〕

【有深重願。:うじんじゅうがん】
...深重〔じんじゅう〕の願〔がん〕有〔ましま〕す。

【若我寶塔。:にゃくがほうとう】
...若〔も〕し我〔わ〕が寶塔〔ほうとう〕、

【為聴法華經故。:いちょうほけきょうこ】
...法華經〔ほけきょう〕を聴〔き〕かんが為〔ため〕の故〔ゆえ〕に、

【出於諸佛前時。:しゅっとしょぶつぜんじ】
...諸佛〔しょぶつ〕の前〔みまえ〕に出〔い〕でん時〔とき〕、

【其有欲以我身。:ごうよくいがしん】
...其〔そ〕れ我〔わ〕が身〔み〕を以〔もっ〕て、

【示四衆者。:じししゅしゃ】
...四衆〔ししゅ〕に示〔しめ〕さんと欲〔ほっ〕すること有〔あ〕らば、

【彼佛分身諸佛。:ひぶつふんじんしょぶつ】
...彼〔か〕の佛〔ほとけ〕の分身〔ふんじん〕の諸佛〔しょぶつ〕、

【在於十方世界説法。:ざいおじっぽうせかいせっぽう】
...十方〔じっぽう〕世界〔せかい〕に在〔ましま〕して説法〔せっぽう〕したもうを、

【尽還集一処。:じんげんしゅういっしょ】
...尽〔ことごと〕く一処〔いっしょ〕に還〔かえ〕し集〔あつ〕めて、

【然後我身。:ねんごがしん】
...然〔しか〕して後〔のち〕に、

【乃出現耳。:ないしゅつげんに】
...我〔わ〕が身〔み〕乃〔すなわ〕ち出現〔しゅつげん〕せんのみ。

【大楽説。:だいぎょうせつ】
...大楽説〔だいぎょうせつ〕、

【我分身諸佛。:がふんじんしょぶつ】
...我〔わ〕が分身〔ふんじん〕の諸佛〔しょぶつ〕、

【在於十方世界説法者。:ざいおじっぽうせかいせっぽうしゃ】
...十方〔じっぽう〕世界〔せかい〕に在〔ましま〕して、説法〔せっぽう〕する者〔もの〕を、

【今應當集。:こんのうとうしゅう】
...今應〔いま〕當〔まさ〕に集〔あつ〕むべし。

【大楽説。:だいぎょうせつ】
大楽説〔だいぎょうせつ〕、

【白佛言。:びゃくぶつごん】
佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【我等亦願。:がとうやくがん】
...我等〔われら〕亦〔また〕願〔ねが〕わくは、

【欲見世尊。:よっけんせそん】
...世尊〔せそん〕の

【分身諸佛。:ふんじんしょぶつ】
...分身〔ふんじん〕の諸佛〔しょぶつ〕を見〔み〕たてまつり、

【禮拝供養。:らいはいくよう】
...禮拝〔らいはい〕し供養〔くよう〕せんと欲〔ほっ〕す。

【爾時佛放。:にじぶっぽう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に佛〔ほとけ〕、

【白毫一光。:びゃくごういっこう】
白毫〔びゃくごう〕の一光〔いっこう〕を放〔はな〕ちたもうに、

【即見東方。:そっけんとうぼう】
即〔すなわ〕ち東方〔とうぼう〕、

【五百萬億。:ごひゃくまんのく】
五百萬億〔ごひゃくまんのく〕

【那由他。:なゆた】
那由他〔なゆた〕

【恒河沙等。:ごうがしゃとう】
恒河沙等〔ごうがしゃとう〕の、

【国土諸佛。:こくどしょぶつ】
国土〔こくど〕の諸佛〔しょぶつ〕を見〔み〕たてまつる。

【彼諸国土。:ひしょこくど】
彼〔か〕の諸〔もろもろ〕の国土〔こくど〕は、

【皆以頗梨為地。:かいいはりいじ】
皆〔みな〕頗梨〔はり〕を以〔もっ〕て地〔じ〕と為〔な〕し、

【寶樹寶衣。:ほうじゅほうえ】
寶樹〔ほうじゅ〕、寶衣〔ほうえ〕、

【以為荘厳。:いいしょうごん】
以〔もっ〕て荘厳〔しょうごん〕と為〔な〕して、

【無数千萬億菩薩。:むしゅせんまんのくぼさつ】
無数〔むしゅ〕千萬億〔せんまんのく〕の菩薩〔ぼさつ〕、

【充満其中。:じゅうまんごちゅう】
其〔そ〕の中〔なか〕に充満〔じゅうまん〕せり。

【遍張寶幔。:へんじょうほうまん】
遍〔あまね〕く寶幔〔ほうまん〕を張〔は〕って、

【寶網羅上。:ほうもうらじょう】
寶網〔ほうもう〕上〔うえ〕に羅〔か〕けたり。

【彼国諸佛。:ひこくしょぶつ】
彼〔か〕の国〔くに〕の諸佛〔しょぶつ〕、

【以大妙音。:いだいみょうおん】
大妙音〔だいみょうおん〕を以〔もっ〕て、

【而説諸法。:にせつしょほう】
諸法〔しょほう〕を説〔と〕きたもう。

【及見無量千萬億菩薩。:ぎっけんむりょうせんまんのくぼさつ】
及〔およ〕び無量千萬億〔むりょうせんまんのく〕の菩薩〔ぼさつ〕の、

【遍満諸国。:へんまんしょこく】
諸国〔しょこく〕に遍満〔へんまん〕して、

【為衆説法。:いしゅせっぽう】
衆〔しゅ〕の為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕くを見〔み〕る。

【南西北方。:なんざいほっぽう】
南西〔なんざい〕北方〔ほっぽう〕、

【四維上下。:しゆいじょうげ】
四維〔しゆい〕上下〔じょうげ〕、

【白毫相光。:びゃくごうそうこう】
白毫相〔びゃくごうそう〕の光〔ひかり〕の、

【所照之処。:しょしょうししょ】
所照〔しょしょう〕の処〔ところ〕も、

【亦復如是。:やくぶにょぜ】
亦復〔またまた〕是〔かく〕の如〔ごと〕し。

【爾時十方諸佛。:にじじっぽうしょぶつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に十方〔じっぽう〕の諸佛〔しょぶつ〕、

【各告衆菩薩言。:かくごうしゅぼさつごん】
各〔おのおの〕、衆〔もろもろ〕の菩薩〔ぼさつ〕に告〔つ〕げて言〔のたま〕わく、

【善男子。:ぜんなんし】
...善男子〔ぜんなんし〕、

【我今應往。:がこんおうおう】
...我〔われ〕今〔いま〕應〔まさ〕に、

【娑婆世界。:しゃばせかい】
...娑婆世界〔しゃばせかい〕の

【釋迦牟尼佛所。:しゃかむにぶっしょ】
...釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕の所〔みもと〕に往〔ゆ〕き、

【并供養多寶如来寶塔。:びょうくようたほうにょらいほうとう】
...并〔なら〕びに多寶如来〔たほうにょらい〕の寶塔〔ほうとう〕を供養〔くよう〕すべし。

【時娑婆世界。:じしゃばせかい】
時〔とき〕に娑婆世界〔しゃばせかい〕、

【即変清浄。:そくへんしょうじょう】
即〔すなわ〕ち変〔へん〕じて清浄〔しょうじょう〕なり。

【瑠璃為地。:るりいじ】
瑠璃〔るり〕を地〔じ〕と為〔な〕して、

【寶樹荘厳。:ほうじゅしょうごん】
寶樹〔ほうじゅ〕荘厳〔しょうごん〕し、

【黄金為繩。:おうごんいじょう】
黄金〔おうごん〕を繩〔なわ〕と為〔な〕して、

【以界八道。:いかいはちどう】
以〔もっ〕て八道〔はちどう〕を界〔さか〕い、

【無諸聚落。:むしょじゅらく】
諸〔もろもろ〕の聚落〔じゅらく〕、

【村営城邑。:しゅんようじょうおう】
村営〔そんよう〕、城邑〔じょうおう〕、

【大海江河。:だいかいごうが】
大海〔だいかい〕、江河〔ごうが〕、

【山川林藪。:せんぜんりんそう】
山川〔せんぜん〕、林藪〔りんそう〕無〔な〕く、

【焼大寶香。:しょうだいほうこう】
大寶〔だいほう〕の香〔こう〕を焼〔た〕き、

【曼陀羅華。:まんだらけ】
曼陀羅華〔まんだらけ〕遍〔あまね〕く

【遍布其地。:へんぷごじ】
其〔そ〕の地〔じ〕に布〔し〕き、

【以寶網幔。:いほうもうまん】
寶〔たから〕の網幔〔もうまん〕を以〔もっ〕て、

【羅覆其上。:らぶごじょう】
其〔そ〕の上〔うえ〕に羅〔か〕け覆〔おお〕い、

【懸諸寶鈴。:げんしょほうりょう】
諸〔もろもろ〕の寶鈴〔ほうりょう〕を懸〔か〕けたり。

【唯留此会衆。:ゆいるしえしゅ】
唯〔ただ〕此〔こ〕の会〔え〕の衆〔しゅ〕を留〔とど〕めて、

【移諸天人。:いしょてんにん】
諸〔もろもろ〕の天〔てん〕、人〔にん〕を移〔うつ〕して

【置於他土。:ちおたど】
他土〔たど〕に置〔お〕く。

【是時諸佛。:ぜじしょぶつ】
是〔こ〕の時〔とき〕に諸佛〔しょぶつ〕、

【各将一大菩薩。:かくしょういちだいぼさつ】
各〔おのおの〕一〔ひと〕りの大菩薩〔だいぼさつ〕を将〔ひき〕いて、

【以為侍者。:いいじしゃ】
以〔もっ〕て侍者〔じしゃ〕と為〔な〕し、

【至娑婆世界。:ししゃばせかい】
娑婆世界〔しゃばせかい〕に至〔いた〕って、

【各到寶樹下。:かくとうほうじゅげ】
各〔おのおの〕寶樹〔ほうじゅ〕の下〔もと〕に到〔いた〕りたもう。

【一一寶樹。:いちいちほうじゅ】
一一〔いちいち〕の寶樹〔ほうじゅ〕、

【高五百由旬。:こうごひゃくゆじゅん】
高〔たか〕さ五百〔ごひゃく〕由旬〔ゆじゅん〕、

【枝葉華果。:しようけか】
枝葉〔しよう〕華果〔けか〕、

【次第荘厳。:しだいしょうごん】
次第〔しだい〕に荘厳〔しょうごん〕せり。

【諸寶樹下。:しょほうじゅげ】
諸〔もろもろ〕の寶樹下〔ほうじゅげ〕に、

【皆有師子之座。:かいうしししざ】
皆〔みな〕師子〔しし〕の座〔ざ〕有〔あ〕り。

【高五由旬。:こうごゆじゅん】
高〔たか〕さ五〔ご〕由旬〔ゆじゅん〕、

【亦以大寶。:やくいだいほう】
亦〔また〕大寶〔だいほう〕を以〔もっ〕て

【而校飾之。:にきょうじきし】
之〔これ〕を校飾〔きょうじき〕せり。

【爾時諸佛。:にじしょぶつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に諸佛〔しょぶつ〕、

【各於此座。:かくおしざ】
各〔おのおの〕此〔こ〕の座〔ざ〕に於〔おい〕て

【結跏趺坐。:けっかふざ】
結跏趺坐〔けっかふざ〕したもう。

【如是展転。:にょぜてんでん】
是〔かく〕の如〔ごと〕く展転〔てんでん〕して、

【遍満三千大千世界。:へんまんさんぜんだいせんせかい】
三千大千世界〔さんぜんだいせんせかい〕に遍満〔へんまん〕せり。

【而於釋迦牟尼佛。:におしゃかむにぶつ】
而〔しか〕も釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕の、

【一方所分之身。:いっぽうしょふんししん】
一方〔いっほう〕所分〔しょふん〕の身〔み〕に於〔おい〕て、

【猶故未尽。:ゆこみじん】
猶故〔なお〕未〔いま〕だ尽〔つ〕きず。

【時釋迦牟尼佛。:じしゃかむにぶつ】
時〔とき〕に釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【欲容受所分身諸佛故。:よくゆうじゅしょふんじんしょぶっこ】
所分身〔しょふんじん〕の諸佛〔しょぶつ〕を容受〔ようじゅ〕せんと欲〔ほっ〕するが故〔ゆえ〕に、

【八方各更変。:はっぽうかっきょうへん】
八方〔はっぽう〕に各〔おのおの〕、更〔さら〕に

【二百萬億。:にひゃくまんのく】
二百萬億〔にひゃくまんのく〕

【那由他国。:なゆたこく】
那由他〔なゆた〕の国〔くに〕を変〔へん〕じて、

【皆令清浄。:かいりょうしょうじょう】
皆〔みな〕清浄〔しょうじょう〕ならしめたもう。

【無有地獄。:むうじごく】
地獄〔じごく〕、

【餓鬼。:がき】
餓鬼〔がき〕、

【畜生。:ちくしょう】
畜生〔ちくしょう〕、

【及阿修羅。:ぎゅうあしゅら】
及〔およ〕び阿修羅〔あしゅら〕有〔あ〕ること無〔な〕し。

【又移諸天人。:ういしょてんにん】
又〔また〕諸〔もろもろ〕の天〔てん〕、人〔にん〕を移〔うつ〕して

【置於他土。:ちおたど】
他土〔たど〕に置〔お〕く。

【所化之国。:しょけしこく】
所化〔しょけ〕の国〔くに〕、

【亦以瑠璃為地。:やくいるりいじ】
亦〔また〕瑠璃〔るり〕を以〔もっ〕て地〔じ〕と為〔な〕し、

【寶樹荘厳。:ほうじゅしょうごん】
寶樹〔ほうじゅ〕荘厳〔しょうごん〕せり。

【樹高五百由旬。:じゅこうごひゃくゆじゅん】
樹〔き〕の高〔たか〕さ五百〔ごひゃく〕由旬〔ゆじゅん〕、

【枝葉華果。:しようけか】
枝葉〔しよう〕華果〔けか〕、

【次第厳飾。:しだいごんじき】
次第〔しだい〕に厳飾〔ごんじき〕せり。

【樹下皆有。:じゅげかいう】
樹下〔じゅげ〕に

【寶師子座。:ほうししざ】
皆〔みな〕寶〔たから〕の師子座〔ししざ〕有〔あ〕り。

【高五由旬。:こうごゆじゅん】
高〔たか〕さ五〔ご〕由旬〔ゆじゅん〕、

【種種諸寶。:しゅじゅしょほう】
種種〔しゅじゅ〕の諸寶〔しょほう〕、

【以為荘校。:いいしょうきょう】
以〔もっ〕て荘校〔しょうきょう〕と為〔な〕す。

【亦無大海江河。:やくむだいかいごうが】
亦〔また〕大海〔だいかい〕、江河〔ごうが〕、

【及目眞隣陀山。:ぎゅうもくしんりんだせん】
及〔およ〕び目眞隣陀山〔もくしんりんだせん〕、

【摩訶目眞隣陀山。:まかもくしんりんだせん】
摩訶目眞隣陀山〔まかもくしんりんだせん〕、

【鉄圍山。:てっちせん】
鉄圍山〔てっちせん〕、

【大鉄圍山。:だいてっちせん】
大鉄圍山〔だいてっちせん〕、

【須彌山等諸山王。:しゅみせんとうしょせんのう】
須彌山等〔しゅみせんとう〕の諸山〔しょせん〕の王〔おう〕無〔な〕く、

【通為一佛国土。:つういいちぶっこくど】
通〔つう〕じて一佛国土〔いちぶっこくど〕と為〔な〕って、

【寶地平正。:ほうじびょうじょう】
寶地〔ほうじ〕平正〔びょうじょう〕なり。

【寶交露幔。:ほうきょうろまん】
寶〔たから〕をもって交露〔きょうろ〕せる幔〔まく〕、

【遍覆其上。:へんぷごじょう】
遍〔あまね〕く其〔そ〕の上〔うえ〕に覆〔おお〕い、

【懸諸幡蓋。:げんしょばんがい】
諸〔もろもろ〕の幡蓋〔ばんがい〕を懸〔か〕け、

【焼大寶香。:しょうだいほうこう】
大寶〔だいほう〕の香〔こう〕を焼〔た〕き、

【諸天寶華。:しょてんほうけ】
諸天〔しょてん〕の寶華〔ほうけ〕、

【遍布其地。:へんぷごじ】
遍〔あまね〕く其〔そ〕の地〔じ〕に布〔し〕けり。

【釋迦牟尼佛。:しゃかむにぶつ】
釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【為諸佛當来坐故。:いしょぶつとうらいざこ】
諸佛〔しょぶつ〕の當〔まさ〕に来〔きた〕り坐〔ざ〕したもうべきが為〔ため〕の故〔ゆえ〕に、

【復於八方。:ぶおはっぽう】
復〔また〕八方〔はっぽう〕に於〔おい〕て、

【各変二百萬億。:かくへんにひゃくまんのく】
各〔おのおの〕二百萬億〔にひゃくまんのく〕

【那由他国。:なゆたこく】
那由他〔なゆた〕の国〔くに〕を変〔へん〕じて、

【皆令清浄。:かいりょうしょうじょう】
皆〔みな〕清浄〔しょうじょう〕ならしめたもう。

【無有地獄。:むうじごく】
地獄〔じごく〕、

【餓鬼。:がき】
餓鬼〔がき〕、

【畜生。:ちくしょう】
畜生〔ちくしょう〕、

【及阿修羅。:ぎゅうあしゅら】
及〔およ〕び阿修羅〔あしゅら〕有〔あ〕ること無〔な〕し。

【又移諸天人。:ういしょてんにん】
又〔また〕諸〔もろもろ〕の天〔てん〕、人〔にん〕を移〔うつ〕して

【置於他土。:ちおたど】
他土〔たど〕に置〔お〕く。

【所化之国。:しょけしこく】
所化〔しょけ〕の国〔くに〕、

【亦以瑠璃為地。:やくいるりいじ】
亦〔また〕瑠璃〔るり〕を以〔もっ〕て地〔じ〕と為〔な〕し、

【寶樹荘厳。:ほうじゅしょうごん】
寶樹〔ほうじゅ〕荘厳〔しょうごん〕せり。

【樹高五百由旬。:じゅこうごひゃくゆじゅん】
樹〔き〕の高〔たか〕さ五百〔ごひゃく〕由旬〔ゆじゅん〕、

【枝葉華果。:しようけか】
枝葉〔しよう〕華果〔けか〕、

【次第荘厳。:しだいしょうごん】
次第〔しだい〕に荘厳〔しょうごん〕せり。

【樹下皆有。:じゅげかいう】
樹下〔じゅげ〕に皆〔みな〕、

【寶師子座。:ほうししざ】
寶〔たから〕の師子座〔ししざ〕有〔あ〕り。

【高五由旬。:こうごゆじゅん】
高〔たか〕さ五〔ご〕由旬〔ゆじゅん〕、

【亦以大寶。:やくいだいほう】
亦〔また〕大寶〔だいほう〕を以〔もっ〕て

【而校飾之。:にきょうじきし】
之〔これ〕を校飾〔きょうじき〕せり。

【亦無大海江河。:やくむだいかいごうが】
亦〔また〕大海〔だいかい〕、江河〔ごうが〕、

【及目眞隣陀山。:ぎゅうもくしんりんだせん】
及〔およ〕び目眞隣陀山〔もくしんりんだせん〕、

【摩訶目眞隣陀山。:まかもくしんりんだせん】
摩訶目眞隣陀山〔まかもくしんりんだせん〕、

【鉄圍山。:てっちせん】
鉄圍山〔てっちせん〕、

【大鉄圍山。:だいてっちせん】
大鉄圍山〔だいてっちせん〕、

【須彌山等諸山王。:しゅみせんとうしょせんのう】
須彌山等〔しゅみせんとう〕の諸山〔しょせん〕の王〔おう〕無〔な〕く、

【通為一佛国土。:つういいちぶっこくど】
通〔つう〕じて一佛国土〔いちぶっこくど〕と為〔な〕って、

【寶地平正。:ほうじびょうじょう】
寶地〔ほうじ〕平正〔びょうじょう〕なり。

【寶交露幔。:ほうきょうろまん】
寶〔たから〕をもって交露〔きょうろ〕せる幔〔まく〕、

【遍覆其上。:へんぷごじょう】
遍〔あまね〕く其〔そ〕の上〔うえ〕に覆〔おお〕い、

【懸諸幡蓋。:げんしょばんがい】
諸〔もろもろ〕の幡蓋〔ばんがい〕を懸〔か〕け

【焼大寶香。:しょうだいほうこう】
大寶〔だいほう〕の香〔こう〕を焼〔た〕き、

【諸天寶華。:しょてんほうけ】
諸天〔しょてん〕の寶華〔ほうけ〕、

【遍布其地。:へんぷごじ】
遍〔あまね〕く其〔そ〕の地〔じ〕に布〔し〕けり。

【爾時東方。:にじとうぼう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に、東方〔とうぼう〕の

【釋迦牟尼佛。:しゃかむにぶつ】
釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕の

【所分之身。:しょふんししん】
所分〔しょふん〕の身〔み〕の、

【百千萬億。:ひゃくせんまんのく】
百千萬億〔ひゃくせんまんのく〕

【那由他。:なゆた】
那由他〔なゆた〕

【恒河沙等。:ごうがしゃとう】
恒河沙等〔ごうがしゃとう〕の

【国土中諸佛。:こくどちゅうしょぶつ】
国土〔こくど〕の中〔なか〕の諸佛〔しょぶつ〕、

【各各説法。:かっかくせっぽう】
各各〔かっかく〕に説法〔せっぽう〕したまえる、

【来集於此。:らいしゅうおし】
此〔ここ〕に来集〔らいしゅう〕せり。

【如是次第。:にょぜしだい】
是〔かく〕の如〔ごと〕く次第〔しだい〕に、

【十方諸佛。:じっぽうしょぶつ】
十方〔じっぽう〕の諸佛〔しょぶつ〕、

【皆悉来集。:かいしつらいしゅう】
皆〔みな〕悉〔ことごと〕く来集〔らいしゅう〕して、

【坐於八方。:ざおはっぽう】
八方〔はっぽう〕に坐〔ざ〕したもう。

【爾時一一方。:にじいちいっぽう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に、一一〔いちいち〕の方〔ほう〕の

【四百萬億。:しひゃくまんのく】
四百萬億〔しひゃくまんのく〕

【那由他国土。:なゆたこくど】
那由他〔なゆた〕の国土〔こくど〕に、

【諸佛如来。:しょぶつにょらい】
諸佛如来〔しょぶつにょらい〕、

【遍満其中。:へんまんごちゅう】
其〔そ〕の中〔なか〕に遍満〔へんまん〕したまえり。

【是時諸佛。:ぜじしょぶつ】
是〔こ〕の時〔とき〕に諸佛〔しょぶつ〕、

【各在寶樹下。:かくざいほうじゅげ】
各〔おのおの〕寶樹下〔ほうじゅげ〕に在〔ましま〕して、

【坐師子座。:ざししざ】
師子座〔ししざ〕に坐〔ざ〕し、

【皆遣侍者。:かいけんじしゃ】
皆〔みな〕侍者〔じしゃ〕を遣〔つか〕わして、

【問訊釋迦牟尼佛。:もんじんしゃかむにぶつ】
釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕を問訊〔もんじん〕したもう。

【各齎寶華満掬。:かくさいほうけまんきく】
各〔おのおの〕寶華〔ほうけ〕を齎〔も〕ち、

【而告之言。:にごうしごん】
掬〔もろて〕に満〔み〕てて、之〔これ〕に告〔つ〕げて言〔のたま〕わく、

【善男子。:ぜんなんし】
...善男子〔ぜんなんし〕、

【汝往詣耆闍崛山。:にょおうげいぎしゃくっせん】
...汝〔なんじ〕耆闍崛山〔ぎしゃくっせん〕の

【釋迦牟尼佛所。:しゃかむにぶっしょ】
...釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕の所〔みもと〕に往詣〔おうけい〕して、

【如我辞曰。:にょがじわつ】
...我〔わ〕が辞〔ことば〕の如〔ごと〕く曰〔もう〕せ、

【少病少悩。:しょうびょうしょうのう】
....少病〔しょうびょう〕少悩〔しょうのう〕にして、

【氣力安楽。:けりきあんらく】
....氣力〔けりき〕安楽〔あんらく〕にましますや、

【及菩薩声聞衆。:ぎゅうぼさつしょうもんじゅ】
....及〔およ〕び菩薩〔ぼさつ〕、声聞衆〔しょうもんしゅ〕、

【悉安穏不。:しつあんのんふ】
....悉〔ことごと〕く安穏〔あんのん〕なりや不〔いな〕や。

【以此寶華。:いしほうけ】
...此〔こ〕の寶華〔ほうけ〕を以〔もっ〕て、

【散佛供養。:さんぶつくよう】
...佛〔ほとけ〕に散〔さん〕じ、供養〔くよう〕して

【而作是言。:にさぜごん】
...是〔こ〕の言〔ことば〕を作〔な〕せ、

【彼某甲佛。:ひむこうぶつ】
...彼〔か〕の某甲〔それがし〕の佛〔ほとけ〕、

【与欲開此寶塔。:よよくかいしほうとう】
...此〔こ〕の寶塔〔ほうとう〕を開〔ひら〕かんと与欲〔よよく〕す。

【諸佛遣使。:しょぶつけんし】
諸佛〔しょぶつ〕使〔つかい〕を遣〔つかわ〕したもうこと、

【亦復如是。:やくぶにょぜ】
亦復〔またまた〕是〔かく〕の如〔ごと〕し。

【爾時釋迦牟尼佛。:にじしゃかむにぶつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【見所分身諸佛。:けんしょふんじんしょぶつ】
所分身〔しょふんじん〕の諸佛〔しょぶつ〕、

【悉已来集。:しっちらいしゅう】
悉〔ことごと〕く已〔すで〕に来集〔らいしゅう〕して、

【各各坐於師子之座。:かっかくざおしししざ】
各各〔かっかく〕に師子〔しし〕の座〔ざ〕に坐〔ざ〕したもうを見〔み〕そなわし、

【皆聞諸佛。:かいもんしょぶつ】
皆〔みな〕諸佛〔しょぶつ〕の、

【与欲同開寶塔。:よよくどうかいほうとう】
同〔おな〕じく寶塔〔ほうとう〕を開〔ひら〕かんと与欲〔よよく〕したもうを聞〔き〕こしめして、

【即従座起。:そくじゅうざき】
即〔すなわ〕ち座〔ざ〕より起〔た〕って

【住虚空中。:じゅうこくうちゅう】
虚空〔こくう〕の中〔なか〕に住〔じゅう〕したもう。

【一切四衆。:いっさいししゅ】
一切〔いっさい〕の四衆〔ししゅ〕、

【起立合掌。:きりゅうがっしょう】
起立〔きりゅう〕合掌〔がっしょう〕し、

【一心観佛。:いっしんかんぶつ】
一心〔いっしん〕に佛〔ほとけ〕を観〔み〕たてまつる。

【於是釋迦牟尼佛。:おぜしゃかむにぶつ】
是〔これ〕に於〔おい〕て釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【以右指開七寶塔戸。:いうしかいしっぽうとうこ】
右〔みぎ〕の指〔ゆび〕を以〔もっ〕て七寶塔〔しっぽうとう〕の戸〔とぼそ〕を開〔ひら〕きたもう。

【出大音声。:すいだいおんじょう】
大音声〔だいおんじょう〕を出〔いだ〕すこと、

【如却関鑰。:にょきゃっけんやく】
関鑰〔けんやく〕を却〔しりぞ〕けて

【開大城門。:かいだいじょうもん】
大城〔だいじょう〕の門〔もん〕を開〔ひら〕くが如〔ごと〕し。

【即時一切衆会。:そくじいっさいしゅえ】
即時〔そくじ〕に一切〔いっさい〕の衆会〔しゅえ〕、

【皆見多寶如来。:かいけんたほうにょらい】
皆〔みな〕、多寶如来〔たほうにょらい〕の、

【於寶塔中。:おほうとうちゅう】
寶塔〔ほうとう〕の中〔うち〕に於〔おい〕て、

【坐師子座。:ざししざ】
師子座〔ししざ〕に坐〔ざ〕したまい、

【全身不散。:ぜんしんふさん】
全身〔ぜんしん〕散〔さん〕ぜざること、

【如入禅定。:にょにゅうぜんじょう】
禅定〔ぜんじょう〕に入〔い〕るが如〔ごと〕くなるを見〔み〕、

【又聞其言。:うもんごごん】
又〔また〕其〔そ〕の、

【善哉善哉。:ぜんざいぜんざい】
...善哉〔ぜんざい〕善哉〔ぜんざい〕、

【釋迦牟尼佛。:しゃかむにぶつ】
...釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【快説是法華經。:けせつぜほけきょう】
...快〔こころよ〕く是〔こ〕の法華經〔ほけきょう〕を説〔と〕きたもう。

【我為聴是經故。:がいちょうぜきょうこ】
...我〔われ〕是〔こ〕の經〔きょう〕を聴〔き〕かんが為〔ため〕の故〔ゆえ〕に、

【而来至此。:にらいしし】
...而〔しか〕も此〔ここ〕に来至〔らいし〕せり。

【爾時四衆等。:にじししゅとう】
と言〔のたも〕うを聞〔き〕く。爾〔そ〕の時〔とき〕に四衆等〔ししゅら〕、

【見過去無量。:けんかこむりょう】
過去〔かこ〕の無量〔むりょう〕

【千萬億劫。:せんまんのっこう】
千萬億劫〔せんまんのくこう〕に

【滅度佛。:めつどぶつ】
滅度〔めつど〕したまいし佛〔ほとけ〕の、

【説如是言。:せつにょぜごん】
是〔かく〕の如〔ごと〕き言〔ことば〕を説〔と〕きたもうを見〔み〕て、

【歎未曾有。:たんみぞうう】
未曾有〔みぞう〕なりと歎〔たん〕じ、

【以天寶華聚。:いてんほうけじゅ】
天〔てん〕の寶華聚〔ほうけじゅ〕を以〔もっ〕て、

【散多寶佛。:さんたほうぶつ】
多寶佛〔たほうぶつ〕、

【及釋迦牟尼佛上。:ぎゅうしゃかむにぶつじょう】
及〔およ〕び釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕の上〔みうえ〕に散〔さん〕じたてまつる。

【爾時多寶佛。:にじたほうぶつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に多寶佛〔たほうぶつ〕、

【於寶塔中。:おほうとうちゅう】
寶塔〔ほうとう〕の中〔うち〕に於〔おい〕て、

【分半座。:ふんぱんざ】
半座〔はんざ〕を分〔わか〕ち、

【与釋迦牟尼佛。:よしゃかむにぶつ】
釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕に与〔あた〕えて、

【而作是言。:にさぜごん】
是〔こ〕の言〔ことば〕を作〔な〕したまわく、

【釋迦牟尼佛。:しゃかむにぶつ】
...釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【可就此座。:かじゅしざ】
...此〔こ〕の座〔ざ〕に就〔つ〕きたもうべし。

【即時釋迦牟尼佛。:そくじしゃかむにぶつ】
即時〔そくじ〕に釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【入其塔中。:にゅうごたっちゅう】
其〔そ〕の塔〔とう〕の中〔なか〕に入〔い〕り、

【坐其半座。:ざごはんざ】
其〔そ〕の半座〔はんざ〕に坐〔ざ〕して、

【結跏趺坐。:けっかふざ】
結跏趺坐〔けっかふざ〕したもう。

【爾時大衆。:にじだいしゅ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に大衆〔だいしゅ〕、

【見二如来。:けんににょらい】
二如来〔ににょらい〕の、

【在七寶塔中。:ざいしっぽうとうちゅう】
七寶塔中〔しっぽうとうちゅう〕の

【師子座上。:ししざじょう】
師子座上〔ししざじょう〕に在〔ましま〕して、

【結跏趺坐。:けっかふざ】
結跏趺坐〔けっかふざ〕したもうを見〔み〕たてまつり、

【各作是念。:かくさぜねん】
各〔おのおの〕是〔こ〕の念〔ねん〕を作〔な〕さく、

【佛坐高遠。:ぶつざこうおん】
...佛〔ほとけ〕高遠〔こうおん〕に坐〔ざ〕したまえり。

【唯願如来。:ゆいがんにょらい】
...唯〔ただ〕願〔ねが〕わくは如来〔にょらい〕、

【以神通力。:いじんづうりき】
...神通力〔じんづうりき〕を以〔もっ〕て、

【令我等輩。:りょうがとうはい】
...我〔わ〕が等輩〔ともがら〕をして、

【倶処虚空。:くしょこくう】
...倶〔とも〕に虚空〔こくう〕に処〔しょ〕せしめたまえ。

【即時釋迦牟尼佛。:そくじしゃかむにぶつ】
即時〔そくじ〕に釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【以神通力。:いじんづうりき】
神通力〔じんづうりき〕を以〔もっ〕て、

【接諸大衆。:せっしょだいしゅ】
諸〔もろもろ〕の大衆〔だいしゅ〕に接〔せっ〕して、

【皆在虚空。:かいざいこくう】
皆〔みな〕虚空〔こくう〕に在〔お〕きたもう。

【以大音声。:いだいおんじょう】
大音声〔だいおんじょう〕を以〔もっ〕て、

【普告四衆。:ふごうししゅ】
普〔あまね〕く四衆〔ししゅ〕に告〔つ〕げたまわく、

【誰能於此。:すいのうおし】
...誰〔たれ〕か能〔よ〕く此〔こ〕の

【娑婆国土。:しゃばこくど】
...娑婆〔しゃば〕国土〔こくど〕に於〔おい〕て、

【廣説妙法華經。:こうぜつみょうほけきょう】
...廣〔ひろ〕く妙法華經〔みょうほけきょう〕を説〔と〕かん。

【今正是時。:こんしょうぜじ】
...今〔いま〕正〔まさ〕しく是〔こ〕れ時〔とき〕なり。

【如来不久。:にょらいふく】
...如来〔にょらい〕久〔ひさ〕しからずして、

【當入涅槃。:とうにゅうねはん】
...當〔まさ〕に涅槃〔ねはん〕に入〔い〕るべし。

【佛欲以此。:ぶっちょくいし】
...佛〔ほとけ〕此〔こ〕の

【妙法華經。:みょうほけきょう】
...妙法華經〔みょうほけきょう〕を以〔もっ〕て

【付属有在。:ふぞくうざい】
...付属〔ふぞく〕して在〔あ〕ること有〔あ〕らしめんと欲〔ほっ〕す。

【爾時世尊。:にじせそん】
爾〔そ〕の時〔とき〕に世尊〔せそん〕、

【欲重宣此義。:よくじゅうせんしぎ】
重〔かさ〕ねて此〔こ〕の義〔ぎ〕を宣〔の〕べんと欲〔ほっ〕して、

【而説偈言:にせつげごん】
偈〔げ〕を説〔と〕いて言〔のたま〕わく、

【聖主世尊:しょうしゅせそん】
...聖主〔しょうしゅ〕世尊〔せそん〕

【雖久滅度:すいくめつど】
...久〔ひさ〕しく滅度〔めつど〕したもうと雖〔いえど〕も

【在寶塔中:ざいほうとうちゅう】
...寶塔〔ほうとう〕の中〔うち〕に在〔ましま〕して

【尚為法来:じょういほうらい】
...尚〔なお〕法〔ほう〕の為〔ため〕に来〔きた〕りたまえり

【諸人云何:しょにんうんが】
...諸人〔しょにん〕云何〔いかん〕ぞ勤〔つと〕めて

【不勤為法:ふごんいほう】
...法〔ほう〕の為〔ため〕にせざらん

【此佛滅度:しぶつめつど】
...此〔こ〕の佛〔ほとけ〕滅度〔めつど〕したまいて

【無央数劫:むおうしゅこう】
...無央数劫〔むおうしゅこう〕なり

【処処聴法:しょしょちょうぼう】
...処処〔しょしょ〕に法〔ほう〕を聴〔き〕きたもうことは

【以難遇故:いなんぐこ】
...遇〔あ〕い難〔がた〕きを以〔もっ〕ての故〔ゆえ〕なり

【彼佛本願:ひぶつほんがん】
...彼〔か〕の佛〔ほとけ〕の本願〔ほんがん〕は

【我滅度後:がめつどご】
...我〔われ〕滅度〔めつど〕の後〔のち〕

【在在所往:ざいざいしょおう】
...在在〔ざいざい〕所往〔しょおう〕に

【常為聴法:じょういちょうぼう】
...常〔つね〕に法〔ほう〕を聴〔き〕かんが為〔ため〕なり

【又我分身:うがふんじん】
...又〔また〕我〔わ〕が分身〔ふんじん〕

【無量諸佛:むりょうしょぶつ】
...無量〔むりょう〕の諸佛〔しょぶつ〕

【如恒沙等:にょごうじゃとう】
...恒沙等〔ごうじゃとう〕の如〔ごと〕きは

【来欲聴法:らいよくちょうぼう】
...来〔きた〕りて法〔ほう〕を聴〔き〕き

【及見滅度:ぎっけんめつど】
...及〔およ〕び滅度〔めつど〕の

【多寶如来:たほうにょらい】
...多寶如来〔たほうにょらい〕を見〔み〕たてまつらんと欲〔ほっ〕して

【各捨妙土:かくしゃみょうど】
...各〔おのおの〕妙土〔みょうど〕

【及弟子衆:ぎゅうでししゅ】
...及〔およ〕び弟子衆〔でししゅ〕

【天人龍神:てんにんりゅうじん】
...天人〔てんにん〕龍神〔りゅうじん〕

【諸供養事:しょくようじ】
...諸〔もろもろ〕の供養〔くよう〕の事〔じ〕を捨〔す〕てて

【令法久住:りょうぼうくじゅう】
...法〔ほう〕をして久〔ひさ〕しく住〔じゅう〕せしめんが

【故来至此:こらいしし】
...故〔ゆえ〕に此〔ここ〕に来至〔らいし〕したまえり

【為坐諸佛:いざしょぶつ】
...諸佛〔しょぶつ〕を坐〔ざ〕せしめんが為〔ため〕に

【以神通力:いじんづうりき】
...神通力〔じんづうりき〕を以〔もっ〕て

【移無量衆:いむりょうしゅ】
...無量〔むりょう〕の衆〔しゅ〕を移〔うつ〕して

【令国清浄:りょうこくしょうじょう】
...国〔くに〕をして清浄〔しょうじょう〕ならしむ

【諸佛各各:しょぶつかっかく】
...諸佛各各〔しょぶつかっかく〕

【詣寶樹下:けいほうじゅげ】
...寶樹下〔ほうじゅげ〕に詣〔いた〕りたもう

【如清涼池:にょしょうりょうち】
...清涼池〔せいりょうち〕の

【蓮華荘厳:れんげしょうごん】
...蓮華〔れんげ〕荘厳〔しょうごん〕せるが如〔ごと〕し

【其寶樹下:ごほうじゅげ】
...其〔そ〕の寶樹下〔ほうじゅげ〕の

【諸師子座:しょししざ】
...諸〔もろもろ〕の師子座〔ししざ〕に

【佛坐其上:ぶつざごじょう】
...佛〔ほとけ〕其〔そ〕の上〔うえ〕に坐〔ざ〕したまいて

【光明厳飾:こうみょうごんじき】
...光明〔こうみょう〕厳飾〔ごんじき〕せること

【如夜闇中:にょやあんちゅう】
...夜〔よる〕の闇〔やみ〕の中〔なか〕に

【然大炬火:ねんだいこか】
...大〔おお〕いなる炬火〔こか〕を然〔とも〕せるが如〔ごと〕し

【身出妙香:しんすいみょうこう】
...身〔み〕より妙香〔みょうこう〕を出〔いだ〕して

【遍十方国:へんじっぽうこく】
...十方〔じっぽう〕の国〔くに〕に遍〔へん〕じたもう

【衆生蒙薫:しゅじょうむくん】
...衆生〔しゅじょう〕薫〔かおり〕を蒙〔こうむ〕って

【喜不自勝:きふじしょう】
...喜〔よろこび〕自〔みずか〕ら勝〔た〕えず

【譬如大風:ひにょだいふう】
...譬〔たと〕えば大風〔だいふう〕の

【吹小樹枝:すいしょうじゅし】
...小樹〔しょうじゅ〕の枝〔えだ〕を吹〔ふ〕くが如〔ごと〕し

【以是方便:いぜほうべん】
...是〔こ〕の方便〔ほうべん〕を以〔もっ〕て

【令法久住:りょうぼうくじゅう】
...法〔ほう〕をして久〔ひさ〕しく住〔じゅう〕せしむ

【告諸大衆:ごうしょだいしゅ】
...諸〔もろもろ〕の大衆〔だいしゅ〕に告〔つ〕ぐ

【我滅度後:がめつどご】
...我〔わ〕が滅度〔めつど〕の後〔のち〕に

【誰能護持:すいのうごじ】
...誰〔たれ〕か能〔よ〕く

【読誦斯經:どくじゅしきょう】
...斯〔こ〕の經〔きょう〕を護持〔ごじ〕し読誦〔どくじゅ〕せん

【今於佛前:こんのぶつぜん】
...今〔いま〕佛前〔ぶつぜん〕に於〔おい〕て

【自説誓言:じせっせいごん】
...自〔みずか〕ら誓言〔せいごん〕を説〔と〕け

【其多寶佛:ごたほうぶつ】
...其〔そ〕れ多寶佛〔たほうぶつ〕

【雖久滅度:すいくめつど】
...久〔ひさ〕しく滅度〔めつど〕したもうと雖〔いえど〕も

【以大誓願:いだいせいがん】
...大誓願〔だいせいがん〕を以〔もっ〕て

【而師子吼:にししく】
...師子吼〔ししく〕したもう

【多寶如来:たほうにょらい】
...多寶如来〔たほうにょらい〕

【及与我身:ぎゅうよがしん】
...及与〔および〕我〔わ〕が身〔み〕

【所集化佛:しょしゅうけぶつ】
...集〔あつ〕むる所〔ところ〕の化佛〔けぶつ〕

【當知此意:とうちしい】
...當〔まさ〕に此〔こ〕の意〔こころ〕を知〔し〕るべし

【諸佛子等:しょぶっしとう】
...諸〔もろもろ〕の佛子等〔ぶっしら〕

【誰能護法:すいのうごほう】
...誰〔たれ〕か能〔よ〕く法〔ほう〕を護〔まも〕らん

【當發大願:とうほつだいがん】
...當〔まさ〕に大願〔だいがん〕を發〔おこ〕して

【令得久住:りょうとっくじゅう】
...久〔ひさ〕しく住〔じゅう〕することを得〔え〕せしむべし

【其有能護:ごうのうご】
...其〔そ〕れ能〔よ〕く

【此經法者:しきょうぼうしゃ】
...此〔こ〕の經法〔きょうぼう〕を護〔まも〕ること有〔あ〕らん者〔もの〕は

【則為供養:そくいくよう】
...則〔すなわ〕ち為〔こ〕れ

【我及多寶:がぎゅうたほう】
...我〔われ〕及〔およ〕び多寶〔たほう〕を供養〔くよう〕するなり

【此多寶佛:したほうぶつ】
...此〔この〕多寶佛〔たほうぶつ〕

【処於寶塔:しょおほうとう】
...寶塔〔ほうとう〕に処〔しょ〕して

【常遊十方:じょうゆじっぽう】
...常〔つね〕に十方〔じっぽう〕に遊〔あそ〕びたもう

【為是經故:いぜきょうこ】
...是〔こ〕の經〔きょう〕の為〔ため〕の故〔ゆえ〕なり

【亦復供養:やくぶくよう】
...亦復〔またまた〕

【諸来化佛:しょらいけぶつ】
...諸〔もろもろ〕の来〔きた〕りたまえる化佛〔けぶつ〕の

【荘厳光飾:しょうごんこうじき】
...①

【諸世界者:しょせかいしゃ】
...諸〔もろもろ〕の世界〔せかい〕を①荘厳〔しょうごん〕し光飾〔こうじき〕したもう者〔もの〕を供養〔くよう〕するなり

【若説此經:にゃくせっしきょう】
...若〔も〕し此〔こ〕の經〔きょう〕を説〔と〕かば

【則為見我:そくいけんが】
...則〔すなわ〕ち為〔こ〕れ我〔われ〕

【多寶如来:たほうにょらい】
...多寶如来〔たほうにょらい〕

【及諸化佛:ぎっしょけぶつ】
...及〔およ〕び諸〔もろもろ〕の化佛〔けぶつ〕を見〔み〕たてまつるなり

【諸善男子:しょぜんなんし】
...諸〔もろもろ〕の善男子〔ぜんなんし〕

【各諦思惟:かくたいしゆい】
...各〔おのおの〕諦〔あきら〕かに思惟〔しゆい〕せよ

【此為難事:しいなんじ】
...此〔これ〕は為〔こ〕れ難事〔なんじ〕なり

【宜發大願:ぎほつだいがん】
...宣〔よろ〕しく大願〔だいがん〕を發〔おこ〕すべし

【諸余經典:しょよきょうでん】
...諸余〔しょよ〕の經典〔きょうでん〕

【数如恒沙:しゅにょごうじゃ】
...数〔かず〕恒沙〔ごうじゃ〕の如〔ごと〕し

【雖説此等:すいせっしとう】
...此等〔これら〕を説〔と〕くと雖〔いえど〕も

【未足為難:みそくいなん】
...未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔な〕すに足〔た〕らず

【若接須彌:にゃくせっしゅみ】
...若〔も〕し須彌〔しゅみ〕を接〔と〕って

【擲置他方:ちゃくちたほう】
...他方〔たほう〕の

【無数佛土:むしゅぶつど】
...無数〔むしゅ〕の佛土〔ぶつど〕に擲〔な〕げ置〔お〕かんも

【亦未為難:やくみいなん】
...亦〔また〕未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔せ〕ず

【若以足指:にゃくいそくし】
...若〔も〕し足〔あし〕の指〔ゆび〕を以〔もっ〕て

【動大千界:どうだいせんがい】
...大千界〔だいせんがい〕を動〔うご〕かし

【遠擲他国:おんちゃくたこく】
...遠〔とお〕く他国〔たこく〕に擲〔な〕げんも

【亦未為難:やくみいなん】
...亦〔また〕未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔せ〕ず

【若立有頂:にゃくりゅううちょう】
...若〔も〕し有頂〔うちょう〕に立〔た〕って

【為衆演説:いしゅえんぜつ】
...衆〔しゅ〕の為〔ため〕に

【無量余經:むりょうよきょう】
...無量〔むりょう〕の余經〔よきょう〕を演説〔えんぜつ〕せんも

【亦未為難:やくみいなん】
...亦〔また〕未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔せ〕ず

【若佛滅度:にゃくぶつめつど】
...若〔も〕し佛〔ほとけ〕の滅後〔めつご〕に

【於惡世中:おあくせちゅう】
...惡世〔あくせ〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【能説此經:のうせっしきょう】
...能〔よ〕く此〔こ〕の經〔きょう〕を説〔と〕かん

【是則為難:ぜそくいなん】
...是〔こ〕れ則〔すなわ〕ち難〔かた〕しと為〔な〕す

【仮使有人:けしうにん】
...仮使〔たとい〕人〔ひと〕有〔あ〕って

【手把虚空:しゅはこくう】
...手〔て〕に虚空〔こくう〕を把〔と〕って

【而以遊行:にいゆぎょう】
...以〔もっ〕て遊行〔ゆぎょう〕すとも

【亦未為難:やくみいなん】
...亦〔また〕未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔せ〕ず

【於我滅後:おがめつご】
...我〔わ〕が滅後〔めつご〕に於〔おい〕て

【若自書持:にゃくじしょじ】
...若〔も〕しは自〔みずか〕らも書〔か〕き持〔たも〕ち

【若使人書:にゃくしにんしょ】
...若〔も〕しは人〔ひと〕をしても書〔か〕かしめん

【是則為難:ぜそくいなん】
...是〔こ〕れ則〔すなわ〕ち難〔かた〕しと為〔な〕す

【若以大地:にゃくいだいじ】
...若〔も〕し大地〔だいじ〕を以〔もっ〕て

【置足甲上:ちそっこうじょう】
...足〔あし〕の甲〔つめ〕の上〔うえ〕に置〔お〕いて

【昇於梵天:しょうおぼんでん】
...梵天〔ぼんてん〕に昇〔のぼ〕らんも

【亦未為難:やくみいなん】
...亦〔また〕未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔せ〕ず

【佛滅度後:ぶつめつどご】
...佛〔ほとけ〕の滅度〔めつど〕の後〔のち〕に

【於惡世中:おあくせちゅう】
...惡世〔あくせ〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【暫読此經:ざんどくしきょう】
...暫〔しばら〕くも此〔こ〕の經〔きょう〕を読〔よ〕まん

【是則為難:ぜそくいなん】
...是〔こ〕れ則〔すなわ〕ち難〔かた〕しと為〔な〕す

【仮使劫焼:けしこっしょう】
...仮使〔たとい〕劫焼〔こうしょう〕に

【担負乾草:たんぶかんそう】
...乾〔かわ〕ける草〔くさ〕を担〔にな〕い負〔お〕いて

【入中不焼:にっちゅうふしょう】
...中〔なか〕に入〔い〕って焼〔や〕けざらんも

【亦未為難:やくみいなん】
...亦〔また〕未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔せ〕ず

【我滅度後:がめつどご】
...我〔わ〕が滅度〔めつど〕の後〔のち〕に

【若持此經:にゃくじしきょう】
...若〔も〕し此〔こ〕の經〔きょう〕を持〔たも〕って

【為一人説:いいちにんせつ】
...一人〔いちにん〕の為〔ため〕にも説〔と〕かん

【是則為難:ぜそくいなん】
...是〔こ〕れ則〔すなわ〕ち難〔かた〕しと為〔な〕す

【若持八萬:にゃくじはちまん】
...若〔も〕し八萬〔はちまん〕

【四千法蔵:しせんほうぞう】
...四千〔しせん〕の法蔵〔ほうぞう〕

【十二部經:じゅうにぶきょう】
...十二部經〔じゅうにぶきょう〕を持〔たも〕って

【為人演説:いにんえんぜつ】
...人〔ひと〕の為〔ため〕に演説〔えんぜつ〕して

【令諸聴者:りょうしょちょうじゃ】
...諸〔もろもろ〕の聴〔き〕かん者〔もの〕をして

【得六神通:とくろくじんづう】
...六神通〔ろくじんづう〕を得〔え〕せしめん

【雖能如是:すいのうにょぜ】
...能〔よ〕く是〔かく〕の如〔ごと〕くすと雖〔いえど〕も

【亦未為難:やくみいなん】
...亦〔また〕未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔せ〕ず

【於我滅後:おがめつご】
...我〔わ〕が滅後〔めつご〕に於〔おい〕て

【聴受此經:ちょうじゅしきょう】
...此〔こ〕の經〔きょう〕を聴受〔ちょうじゅ〕して

【問其義趣:もんごぎしゅ】
...其〔そ〕の義趣〔ぎしゅ〕を問〔と〕わん

【是則為難:ぜそくいなん】
...是〔こ〕れ則〔すなわ〕ち難〔かた〕しと為〔な〕す

【若人説法:にゃくにんせっぽう】
...若〔も〕し人〔ひと〕法〔ほう〕を説〔と〕いて

【令千萬億:りょうせんまんのく】
...千萬億〔せんまんのく〕

【無量無数:むりょうむしゅ】
...無量〔むりょう〕無数〔むしゅ〕

【恒沙衆生:ごうじゃしゅじょう】
...恒沙〔ごうじゃ〕の衆生〔しゅじょう〕をして

【得阿羅漢:とくあらかん】
...阿羅漢〔あらかん〕を得〔え〕

【具六神通:ぐろくじんづう】
...六神通〔ろくじんづう〕を具〔ぐ〕せしめん

【雖有是益:すいうぜやく】
...是〔こ〕の益〔やく〕有〔あ〕りと雖〔いえど〕も

【亦未為難:やくみいなん】
...亦〔また〕未〔いま〕だ難〔かた〕しと為〔せ〕ず

【於我滅後:おがめつご】
...我〔わ〕が滅後〔めつご〕に於〔おい〕て

【若能奉持:にゃくのうぶじ】
...若〔も〕し能〔よ〕く

【如斯經典:にょしきょうでん】
...斯〔かく〕の如〔ごと〕き經典〔きょうでん〕を奉持〔ぶじ〕せん

【是則為難:ぜそくいなん】
...是〔こ〕れ則〔すなわ〕ち難〔かた〕しと為〔な〕す

【我為佛道:がいぶつどう】
...我〔われ〕佛道〔ぶつどう〕の為〔ため〕に

【於無量土:おむりょうど】
...無量〔むりょう〕の土〔ど〕に於〔おい〕て

【従始至今:じゅうししこん】
...始〔はじめ〕より今〔いま〕に至〔いた〕るまで

【廣説諸經:こうぜっしょきょう】
...廣〔ひろ〕く諸經〔しょきょう〕を説〔と〕く

【而於其中:におごちゅう】
...而〔しか〕も其〔そ〕の中〔なか〕に於〔おい〕て

【此經第一:しきょうだいいち】
...此〔こ〕の經〔きょう〕第一〔だいいち〕なり

【若有能持:にゃくうのうじ】
...若〔も〕し能〔よ〕く持〔たも〕つこと有〔あ〕るは

【則持佛身:そくじぶっしん】
...則〔すなわ〕ち佛身〔ぶっしん〕を持〔たも〕つなり

【諸善男子:しょぜんなんし】
...諸〔もろもろ〕の善男子〔ぜんなんし〕

【於我滅後:おがめつご】
...我〔わ〕が滅後〔めつご〕に於〔おい〕て

【誰能受持:すいのうじゅじ】
...誰〔たれ〕か能〔よ〕く

【読誦此經:どくじゅしきょう】
...此〔こ〕の經〔きょう〕を受持〔じゅじ〕し読誦〔どくじゅ〕せん

【今於佛前:こんのぶつぜん】
...今〔いま〕佛前〔ぶつぜん〕に於〔おい〕て

【自説誓言:じせっせいごん】
...自〔みずか〕ら誓言〔せいごん〕を説〔と〕け

【此經難持:しきょうなんじ】
...此〔こ〕の經〔きょう〕は持〔たも〕ち難〔がた〕し

【若暫持者:にゃくざんじしゃ】
...若〔も〕し暫〔しばら〕くも持〔たも〕つ者〔もの〕は

【我即歓喜:がそっかんぎ】
...我〔われ〕即〔すなわ〕ち歓喜〔かんぎ〕す

【諸佛亦然:しょぶつやくねん】
...諸佛〔しょぶつ〕も亦〔また〕然〔しか〕なり

【如是之人:にょぜしにん】
...是〔かく〕の如〔ごと〕きの人〔ひと〕は

【諸佛所歎:しょぶつしょたん】
...諸佛〔しょぶつ〕の歎〔ほ〕めたもう所〔ところ〕なり

【是則勇猛:ぜそくゆうみょう】
...是〔こ〕れ則〔すなわ〕ち勇猛〔ゆうみょう〕なり

【是則精進:ぜそくしょうじん】
...是〔こ〕れ則〔すなわ〕ち精進〔しょうじん〕なり

【是名持戒:ぜみょうじかい】
...是〔こ〕れ戒〔かい〕を持〔たも〕ち

【行頭陀者:ぎょうずだしゃ】
...頭陀〔ずだ〕を行〔ぎょう〕ずる者〔もの〕と名〔な〕づく

【則為疾得:そくいしっとく】
...則〔すなわ〕ち為〔こ〕れ疾〔と〕く

【無上佛道:むじょうぶつどう】
...無上〔むじょう〕の佛道〔ぶつどう〕を得〔え〕たるなり

【能於来世:のうおらいせ】
...能〔よ〕く来世〔らいせ〕に於〔おい〕て

【読持此經:どくじしきょう】
...此〔こ〕の經〔きょう〕を読〔よ〕み持〔たも〕たんは

【是眞佛子:ぜしんぶっし】
...是〔こ〕れ眞〔しん〕の佛子〔ぶっし〕

【住淳善地:じゅうじゅんぜんじ】
...淳善〔じゅんぜん〕の地〔じ〕に住〔じゅう〕するなり

【佛滅度後:ぶつめつどご】
...佛〔ほとけ〕の滅度〔めつど〕の後〔のち〕に

【能解其義:のうげごぎ】
...能〔よ〕く其〔そ〕の義〔ぎ〕を解〔げ〕せんは

【是諸天人:ぜしょてんにん】
...是〔こ〕れ諸〔もろもろ〕の天人〔てんにん〕

【世間之眼:せけんしげん】
...世間〔せけん〕の眼〔まなこ〕なり

【於恐畏世:おくいせ】
...恐畏〔くい〕の世〔よ〕に於〔おい〕て

【能須臾説:のうしゅゆせつ】
...能〔よ〕く須臾〔しゅゆ〕も説〔と〕かんは

【一切天人:いっさいてんにん】
...一切〔いっさい〕の天人〔てんにん〕

【皆應供養:かいおうくよう】
...皆〔みな〕應〔まさ〕に供養〔くよう〕すべし




【妙法蓮華經巻第四:みょうほうれんげきょうかんだいし】
妙法蓮華經〔みょうほうれんげきょう〕巻第四〔かんだいし〕



ページのトップへ戻る