日蓮正宗法華講開信寺支部より

ようこそ開信寺へ

御書研鑚の集い 妙法蓮華経に学ぶ 御書研鑚資料


妙法蓮華經 嘱累品第二十二


【妙法蓮華經嘱累品第二十二:みょうほうれんげきょうぞくるいほんだいにじゅうに】
妙法蓮華經〔みょうほうれんげきょう〕嘱累品第二十二〔ぞくるいほんだいにじゅうに〕




【爾時釋迦牟尼佛。:にじしゃかむにぶつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【従法座起。:じゅうほうざき】
法座〔ほうざ〕より起〔た〕って、

【現大神力。:げんだいじんりき】
大神力〔だいじんりき〕を現〔げん〕じたもう。

【以右手摩。:いうしゅま】
右〔みぎ〕の手〔みて〕を以〔もっ〕て、

【無量菩薩摩訶薩頂。:むりょうぼさつまかさっちょう】
無量〔むりょう〕の菩薩摩訶薩〔ぼさつまかさつ〕の頂〔いただき〕を摩〔な〕でて、

【而作是言。:にさぜごん】
是〔こ〕の言〔ことば〕を作〔な〕したまわく、

【我於無量。:がおむりょう】
...我〔われ〕、無量〔むりょう〕

【百千萬億。:ひゃくせんまんのく】
...百千萬億〔ひゃくせんまんのく〕

【阿僧祇劫。:あそうぎこう】
...阿僧祇劫〔あそうぎこう〕に於〔おい〕て、

【修習是難得。:しゅじゅうぜなんとく】
...是〔こ〕の得〔え〕難〔がた〕き

【阿耨多羅三藐三菩提法。:あのくたらさんみゃくさんぼだいほう】
...阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕の法〔ほう〕を修習〔しゅじゅう〕せり。

【今以付嘱汝等。:こんにふぞくにょとう】
...今〔いま〕以〔もっ〕て汝等〔なんだち〕に付嘱〔ふぞく〕す。

【汝等應當一心。:にょとうおうとういっしん】
...汝等〔なんだち〕、應當〔まさ〕に一心〔いっしん〕に

【流布此法。:るふしほう】
...此〔こ〕の法〔ほう〕を流布〔るふ〕して、

【廣令増益。:こうりょうぞうやく】
...廣〔ひろ〕く増益〔ぞうやく〕せしむべし。

【如是三摩。:にょぜさんま】
是〔かく〕の如〔ごと〕く三〔み〕たび、

【諸菩薩摩訶薩頂。:しょぼさつまかさっちょう】
諸〔もろもろ〕の菩薩摩訶薩〔ぼさつまかさつ〕の頂〔いただき〕を摩〔な〕でて、

【而作是言。:にさぜごん】
是〔こ〕の言〔ことば〕を作〔な〕したまわく、

【我於無量。:がおむりょう】
...我〔われ〕、無量〔むりょう〕

【百千萬億。:ひゃくせんまんのく】
...百千萬億〔ひゃくせんまんのく〕

【阿僧祇劫。:あそうぎこう】
...阿僧祇劫〔あそうぎこう〕に於〔おい〕て、

【修習是難得。:しゅじゅうぜなんとく】
...是〔こ〕の得〔え〕難〔がた〕き

【阿耨多羅三藐三菩提法。:あのくたらさんみゃくさんぼだいほう】
...阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕の法〔ほう〕を修習〔しゅじゅう〕せり。

【今以付嘱汝等。:こんにふぞくにょとう】
...今〔いま〕以〔もっ〕て汝等〔なんだち〕に付嘱〔ふぞく〕す。

【汝等當受持読誦。:にょとうとうじゅじどくじゅ】
...汝等〔なんだち〕當〔まさ〕に受持〔じゅじ〕し読誦〔どくじゅ〕し、

【廣宣此法。:こうせんしほう】
...廣〔ひろ〕く此〔こ〕の法〔ほう〕を宣〔の〕べて、

【令一切衆生。:りょういっさいしゅじょう】
...一切〔いっさい〕衆生〔しゅじょう〕をして、

【普得聞知。:ふとくもんち】
...普〔あまね〕く聞知〔もんち〕することを得〔え〕せしむべし。

【所以者何。:しょいしゃが】
...所以〔ゆえ〕は何〔いか〕ん。

【如来有大慈悲。:にょらいうだいじひ】
...如来〔にょらい〕は大慈悲〔だいじひ〕有〔あ〕って、

【無諸慳恡。:むしょけんりん】
...諸〔もろもろ〕の慳恡〔けんりん〕無〔な〕く、

【亦無所畏。:やくむしょい】
...亦〔また〕畏〔おそ〕るる所〔ところ〕無〔な〕くして、

【能与衆生。:のうよしゅじょう】
...能〔よ〕く衆生〔しゅじょう〕に、

【佛之智慧。:ぶっしちえ】
...佛〔ほとけ〕の智慧〔ちえ〕、

【如来智慧。:にょらいちえ】
...如来〔にょらい〕の智慧〔ちえ〕、

【自然智慧。:じねんちえ】
...自然〔じねん〕の智慧〔ちえ〕を与〔あた〕う。

【如来是一切衆生。:にょらいぜいっさいしゅじょう】
...如来〔にょらい〕は是〔こ〕れ一切〔いっさい〕衆生〔しゅじょう〕の

【之大施主。:しだいせしゅ】
...大施主〔だいせしゅ〕なり。

【汝等亦應随学。:にょとうやくおうずいがく】
...汝等〔なんだち〕亦〔また〕、應〔まさ〕に

【如来之法。:にょらいしほう】
...随〔したが〕って如来〔にょらい〕の法〔ほう〕を学〔がく〕すべし。

【勿生慳恡。:もっしょうけんりん】
...慳恡〔けんりん〕を生〔しょう〕ずること勿〔なか〕れ。

【於未来世。:おみらいせ】
...未来世〔みらいせ〕に於〔おい〕て、

【若有善男子。:にゃくうぜんなんし】
...若〔も〕し善男子〔ぜんなんし〕、

【善女人。:ぜんにょにん】
...善女人〔ぜんにょにん〕有〔あ〕って、

【信如来智慧者。:しんにょらいちえしゃ】
...如来〔にょらい〕の智慧〔ちえ〕を信〔しん〕ぜん者〔もの〕には、

【當為演説。:とういえんぜつ】
...當〔まさ〕に為〔ため〕に

【此法華經。:しほけきょう】
...此〔こ〕の法華經〔ほけきょう〕を演説〔えんぜつ〕して、

【使得聞知。:しとくもんち】
...聞知〔もんち〕することを得〔え〕せしむべし。

【為令其人。:いりょうごにん】
...其〔そ〕の人〔ひと〕をして、

【得佛慧故。:とくぶってこ】
...佛慧〔ぶって〕を得〔え〕せしめんが為〔ため〕の故〔ゆえ〕なり。

【若有衆生。:にゃくうしゅじょう】
...若〔も〕し衆生〔しゅじょう〕有〔あ〕って、

【不信受者。:ふしんじゅしゃ】
...信受〔しんじゅ〕せざらん者〔もの〕には、

【當於如来。:とうおにょらい】
...當〔まさ〕に如来〔にょらい〕の

【余深法中。:よじんぼうちゅう】
...余〔よ〕の深法〔じんぼう〕の中〔なか〕に於〔おい〕て、

【示教利喜。:じきょうりき】
...示教利喜〔じきょうりき〕すべし。

【汝等若能如是。:にょとうにゃくのうにょぜ】
...汝等〔なんだち〕、若〔も〕し能〔よ〕く是〔かく〕の如〔ごと〕くせば、

【則為已報。:そくいいほう】
...則〔すなわ〕ち為〔こ〕れ、已〔すで〕に

【諸佛之恩。:しょぶっしおん】
...諸佛〔しょぶつ〕の恩〔おん〕を報〔ほう〕ずるなり。

【時諸菩薩摩訶薩。:じしょぼさつまかさつ】
時〔とき〕に諸〔もろもろ〕の菩薩摩訶薩〔ぼさつまかさつ〕、

【聞佛作是説已。:もんぶっさぜせっち】
佛〔ほとけ〕の是〔こ〕の説〔せつ〕を作〔な〕したもうを聞〔き〕き已〔おわ〕って、

【皆大歓喜。:かいだいかんぎ】
皆〔みな〕大〔おお〕いに歓喜〔かんぎ〕し、

【遍満其身。:へんまんごしん】
其〔そ〕の身〔み〕に遍満〔へんまん〕して、

【益加恭敬。:やっかくぎょう】
益〔ますます〕恭敬〔くぎょう〕を加〔くわ〕え、

【曲躬低頭。:こくぐうていず】
躬〔み〕を曲〔まげ〕げ頭〔こうべ〕を低〔た〕れ、

【合掌向佛。:がっしょうこうぶつ】
合掌〔がっしょう〕して佛〔ほとけ〕に向〔むか〕いたてまつりて、

【倶發声言。:くほっしょうごん】
倶〔とも〕に声〔こえ〕を發〔ほっ〕して言〔もう〕さく、

【如世尊勅。:にょせそんちょく】
...世尊〔せそん〕の勅〔みことのり〕の如〔ごと〕く、

【當具奉行。:とうぐぶぎょう】
...當〔まさ〕に具〔つぶ〕さに奉行〔ぶぎょう〕すべし。

【唯然。:ゆいねん】
...唯〔ただ〕然〔しか〕なり。

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【願不有慮。:がんぷうりょ】
...願〔ねが〕わくは慮〔うらおもい〕したもうこと有〔あ〕らざれ。

【諸菩薩摩訶薩衆。:しょぼさつまかさっしゅ】
諸〔もろもろ〕の菩薩摩訶薩衆〔ぼさつまかさつしゅ〕、

【如是三反。:にょぜさんべん】
是〔かく〕の如〔ごと〕く三反〔さんべん〕、

【倶發声言。:くほっしょうごん】
倶〔とも〕に声〔こえ〕を發〔ほっ〕して言〔もう〕さく、

【如世尊勅。:にょせそんちょく】
...世尊〔せそん〕の勅〔みことのり〕の如〔ごと〕く、

【當具奉行。:とうぐぶぎょう】
...當〔まさ〕に具〔つぶ〕さに奉行〔ぶぎょう〕すべし。

【唯然。:ゆいねん】
...唯〔ただ〕然〔しか〕なり。

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【願不有慮。:がんぷうりょ】
...願〔ねが〕わくは慮〔うらおもい〕したもうこと有〔あ〕らざれ。

【爾時釋迦牟尼佛。:にじしゃかむにぶつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕、

【令十方来。:りょうじっぽうらい】
十方〔じっぽう〕より来〔きた〕りたまえる

【諸分身佛。:しょふんじんぶつ】
諸〔もろもろ〕の分身〔ふんじん〕の佛〔ほとけ〕をして、

【各還本土。:かくげんほんど】
各本土〔かくほんど〕に還〔かえ〕らしめんとして、

【而作是言。:にさぜごん】
是〔こ〕の言〔みこと〕を作〔な〕したまわく、

【諸佛各随所安。:しょぶつかくずいしょあん】
...諸佛〔しょぶつ〕は各〔おのおの〕、所安〔しょあん〕に随〔したが〕いたまえ。

【多寶佛塔。:たほうぶっとう】
...多寶佛〔たほうぶつ〕の塔〔とう〕、

【還可如故。:げんかにょこ】
...還〔かえ〕って故〔もと〕の如〔ごと〕くしたもうべし。

【説是語時。:せつぜごじ】
是〔こ〕の語〔みこと〕を説〔と〕きたもう時〔とき〕、

【十方無量。:じっぽうむりょう】
十方〔じっぽう〕無量〔むりょう〕の

【分身諸佛。:ふんじんしょぶつ】
分身〔ふんじん〕の諸佛〔しょぶつ〕の、

【坐寶樹下。:ざほうじゅげ】
寶樹下〔ほうじゅげ〕の

【師子座上者。:ししざじょうしゃ】
師子座上〔ししざじょう〕に坐〔ざ〕したまえる者〔もの〕、

【及多寶佛。:ぎゅうたほうぶつ】
及〔およ〕び多寶佛〔たほうぶつ〕、

【并上行等。:びょうじょうぎょうとう】
并〔なら〕びに上行等〔じょうぎょうとう〕の

【無辺阿僧祇。:むへんあそうぎ】
無辺〔むへん〕阿僧祇〔あそうぎ〕の

【菩薩大衆。:ぼさつだいしゅ】
菩薩大衆〔ぼさつだいしゅ〕、

【舎利弗等。:しゃりほっとう】
舎利弗等〔しゃりほつとう〕の

【声聞四衆。:しょうもんししゅ】
声聞〔しょうもん〕四衆〔ししゅ〕、

【及一切世間。:ぎゅういっさいせけん】
及〔およ〕び一切〔いっさい〕世間〔せけん〕の

【天人阿修羅等。:てんにんあしゅらとう】
天〔てん〕、人〔にん〕、阿修羅等〔あしゅらとう〕、

【聞佛所説。:もんぶっしょせつ】
佛〔ほとけ〕の所説〔しょせつ〕を聞〔き〕きたてまつりて、

【皆大歓喜。:かいだいかんぎ】
皆〔みな〕大〔おお〕いに歓喜〔かんぎ〕す。



ページのトップへ戻る