日蓮正宗法華講開信寺支部より

ようこそ開信寺へ

御書研鑚の集い 妙法蓮華経に学ぶ 御書研鑚資料


妙法蓮華經 観世音菩薩普門品第二十五


【妙法蓮華經観世音菩薩普門品第二十五:みょうほうれんげきょうかんぜおんぼさつふもんぼんだいにじゅうご】
妙法蓮華經〔みょうほうれんげきょう〕観世音菩薩普門品第二十五〔かんぜおんぼさつふもんぼんだいにじゅうご〕




【爾時無尽意菩薩。:にじむじんにぼさつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に無尽意菩薩〔むじんにぼさつ〕、

【即従座起。:そくじゅうざき】
即〔すなわ〕ち座〔ざ〕より起〔た〕って、

【偏袒右肩。:へんだんうけん】
偏〔ひとえ〕に右〔みぎ〕の肩〔かた〕を袒〔あらわ〕にし、

【合掌向佛。:がっしょうこうぶつ】
合掌〔がっしょう〕し佛〔ほとけ〕に向〔むか〕いたてまつりて、

【而作是言。:にさぜごん】
是〔こ〕の言〔ことば〕を作〔な〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕は

【以何因縁。:いがいんねん】
...何〔なに〕の因縁〔いんねん〕を以〔もっ〕てか、

【名観世音。:みょうかんぜおん】
...観世音〔かんぜおん〕と名〔な〕づくる。

【佛告無尽意菩薩。:ぶつごうむじんにぼさつ】
佛〔ほとけ〕、無尽意菩薩〔むじんにぼさつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【善男子。:ぜんなんし】
...善男子〔ぜんなんし〕、

【若有無量。:にゃくうむりょう】
...若〔も〕し無量〔むりょう〕

【百千萬億衆生。:ひゃくせんまんのくしゅじょう】
...百千萬億〔ひゃくせんまんのく〕の衆生〔しゅじょう〕有〔あ〕って、

【受諸苦悩。:じゅしょくのう】
...諸〔もろもろ〕の苦悩〔くのう〕を受〔う〕けんに、

【聞是観世音菩薩。:もんぜかんぜおんぼさつ】
...是〔こ〕の観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕を聞〔き〕いて、

【一心称名。:いっしんしょうみょう】
...一心〔いっしん〕に名〔な〕を称〔しょう〕せば、

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕、

【即時観其音声。:そくじかんごおんじょう】
...即時〔そくじ〕に其〔そ〕の音声〔おんじょう〕を観〔かん〕じて、

【皆得解脱。:かいとくげだつ】
...皆〔みな〕解脱〔げだつ〕することを得〔え〕せしめん。

【若有持是。:にゃくうじぜ】
...若〔も〕し、是〔こ〕の

【観世音菩薩名者。:かんぜおんぼさつみょうしゃ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名〔な〕を持〔たも〕つこと有〔あ〕らん者〔もの〕は、

【設入大火。:せつにゅうだいか】
...設〔たと〕い大火〔だいか〕に入〔い〕るとも、

【火不能焼。:かふのうしょう】
...火〔ひ〕も焼〔や〕くこと能〔あた〕わじ。

【由是菩薩。:ゆぜぼさつ】
...是〔こ〕の菩薩〔ぼさつ〕の

【威神力故。:いじんりきこ】
...威神力〔いじんりき〕に由〔よ〕るが故〔ゆえ〕に。

【若為大水所漂。:にゃくいだいすいしょひょう】
...若〔も〕し大水〔だいすい〕に漂〔ただよ〕わされんに、

【称其名號。:しょうごみょうごう】
...其〔そ〕の名號〔みょうごう〕を称〔しょう〕せば、

【即得浅処。:そくとくせんしょ】
...即〔すなわ〕ち浅〔あさ〕き処〔ところ〕を得〔え〕ん。

【若有百千萬億衆生。:にゃくうひゃくせんまんのくしゅじょう】
...若〔も〕し百千萬億〔ひゃくせんまんのく〕の衆生〔しゅじょう〕有〔あ〕って、

【為求金。:いぐこん】
...金〔こん〕、①

【銀。:ごん】
...銀〔ごん〕、

【瑠璃。:るり】
...瑠璃〔るり〕、

【硨磲。:しゃこ】
...硨磲〔しゃこ〕、

【碼碯。:めのう】
...碼碯〔めのう〕、

【珊瑚。:さんご】
...珊瑚〔さんご〕、

【琥珀。:こはく】
...琥珀〔こはく〕、

【眞珠等寶。:しんじゅとうほう】
...眞珠等〔しんじゅとう〕の寶〔たから〕を①求〔もと〕めんが為〔ため〕に、

【入於大海。:にゅうおだいかい】
...大海〔だいかい〕に入〔い〕らんに、

【仮使黒風。:けしこくふう】
...仮使〔たとい〕黒風〔こくふう〕、

【吹其船舫。:すいごせんぼう】
...其〔そ〕の船舫〔せんぼう〕を吹〔ふ〕いて、

【飄堕羅刹鬼国。:ひょうだらせっきこく】
...羅刹鬼〔らせつき〕の国〔くに〕に飄堕〔ひょうだ〕せん。

【其中若有。:ごちゅうにゃくう】
...其〔そ〕の中〔なか〕に若〔も〕し、

【乃至一人。:ないしいちにん】
...乃至〔ないし〕一人〔いちにん〕有〔あ〕って、

【称観世音菩薩名者。:しょうかんぜおんぼさつみょうしゃ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名〔な〕を称〔しょう〕せば、

【是諸人等。:ぜしょにんとう】
...是〔こ〕の諸人等〔しょにんら〕、

【皆得解脱。:かいとくげだつ】
...皆〔みな〕、②

【羅刹之難。:らせっしなん】
...羅刹〔らせつ〕の難〔なん〕を②解脱〔げだつ〕することを得〔え〕ん。

【以是因縁。:いぜいんねん】
...是〔こ〕の因縁〔いんねん〕を以〔もっ〕て、

【名観世音。:みょうかんぜおん】
...観世音〔かんぜおん〕と名〔な〕づく。

【若復有人。:にゃくぶうにん】
...若〔も〕し復〔また〕人〔ひと〕有〔あ〕って、

【臨當被害。:りんとうひがい】
...當〔まさ〕に害〔がい〕せらるべきに臨〔のぞ〕んで、

【称観世音菩薩名者。:しょうかんぜおんぼさつみょうしゃ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名〔な〕を称〔しょう〕せば、

【彼所執刀杖。:ひしょしゅうとうじょう】
...彼〔か〕の執〔と〕れる所〔ところ〕の刀杖〔とうじょう〕、

【尋段段壊。:じんだんだんね】
...尋〔つ〕いで段段〔だんだん〕に壊〔お〕れて、

【而得解脱。:にとくげだつ】
...解脱〔げだつ〕することを得〔え〕ん。

【若三千大千国土。:にゃくさんぜんだいせんこくど】
...若〔も〕し三千大千国土〔さんせんだいせんこくど〕に、

【満中夜叉羅刹。:まんちゅうやしゃらせつ】
...中〔なか〕に満〔み〕てる夜叉〔やしゃ〕、

【欲来悩人。:よくらいのうにん】
...羅刹〔らせつ〕来〔きた〕って、人〔ひと〕を悩〔なや〕まさんと欲〔ほっ〕せんに、

【聞其称観世音菩薩名者。:もんごしょうかんぜおんぼさつみょうしゃ】
...其〔そ〕の観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名〔な〕を称〔しょう〕するを聞〔き〕かば、

【是諸惡鬼。:ぜしょあっき】
...是〔こ〕の諸〔もろもろ〕の惡鬼〔あっき〕、

【尚不能以。:じょうふのうい】
...尚〔なお〕、③

【惡眼視之。:あくげんじし】
...惡眼〔あくげん〕を以〔もっ〕て③之〔これ〕を視〔み〕ることすら能〔あた〕わじ。

【況復加害。:きょうぶかがい】
...況〔いわ〕んや復〔また〕害〔がい〕を加〔くわ〕えんをや。

【設復有人。:せつぶうにん】
...設〔たと〕い復〔また〕人〔ひと〕有〔あ〕って、

【若有罪。:にゃくうざい】
...若〔も〕しは罪〔つみ〕有〔あ〕り、

【若無罪。:にゃくむざい】
...若〔も〕しは罪〔つみ〕無〔な〕きに、

【杻械枷鎖。:ちゅうかいかさ】
...杻械枷鎖〔ちゅうかいかさ〕

【検繋其身。:けんげごしん】
...其〔そ〕の身〔み〕を検繋〔けんげ〕せん。

【称観世音菩薩名者。:しょうかんぜおんぼさつみょうしゃ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名〔な〕を称〔しょう〕せば、

【皆悉断壊。:かいしつだんね】
...皆〔みな〕悉〔ことごと〕く断壊〔だんね〕して、

【即得解脱。:そくとくげだつ】
...即〔すなわ〕ち解脱〔げだつ〕することを得〔え〕ん。

【若三千大千国土。:にゃくさんぜんだいせんこくど】
...若〔も〕し三千大千国土〔さんせんだいせんこくど〕に、

【満中怨賊。:まんちゅうおんぞく】
...中〔なか〕に満〔み〕てる怨賊〔おんぞく〕あらんに、

【有一商主。:ういちしょうしゅ】
...一〔ひと〕りの商主〔しょうしゅ〕有〔あ〕って、

【将諸商人。:しょうしょしょうにん】
...諸〔もろもろ〕の商人〔しょうにん〕を将〔ひき〕い、

【齎持重寶。:さいじじゅうほう】
...重寶〔じゅうほう〕を齎持〔さいじ〕して、

【經過険路。:きょうかけんろ】
...険路〔けんろ〕を經過〔きょうか〕せん。

【其中一人。:ごちゅういちにん】
...其〔そ〕の中〔なか〕に一人〔いちにん〕、

【作是唱言。:さぜしょうごん】
...是〔こ〕の唱言〔しょうごん〕を作〔な〕さん。

【諸善男子。:しょぜんなんし】
....諸〔もろもろ〕の善男子〔ぜんなんし〕、

【勿得恐怖。:もっとっくふ】
....恐怖〔くふ〕するを得〔う〕ること勿〔なか〕れ。

【汝等應當。:にょとうおうとう】
....汝等〔なんだち〕應當〔まさ〕に、

【一心称観世音菩薩名號。:いっしんしょうかんぜおんぼさつみょうごう】
....一心〔いっしん〕に観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名號〔みょうごう〕を称〔しょう〕すべし。

【是菩薩。:ぜぼさつ】
....是〔こ〕の菩薩〔ぼさつ〕は、

【能以無畏。:のういむい】
....能〔よ〕く無畏〔むい〕を以〔もっ〕て

【施於衆生。:せおしゅじょう】
....衆生〔しゅじょう〕に施〔ほどこ〕したもう。

【汝等若称名者。:にょとうにゃくしょうみょうしゃ】
....汝等〔なんだち〕、若〔も〕し名〔な〕を称〔しょう〕せば、

【於此怨賊。:おしおんぞく】
....此〔こ〕の怨賊〔おんぞく〕に於〔おい〕て、

【當得解脱。:とうとくげだつ】
....當〔まさ〕に解脱〔げだつ〕することを得〔う〕べし。

【衆商人聞。:しゅしょうにんもん】
...衆〔もろもろ〕の商人〔しょうにん〕聞〔き〕いて、

【倶發声言。:くほっしょうごん】
...倶〔とも〕に声〔こえ〕を發〔はっ〕して、

【南無観世音菩薩。:なむかんぜおんぼさつ】
....南無観世音菩薩〔なむかんぜおんぼさつ〕

【称其名故。:しょうごみょうこ】
...と言〔い〕わん。其〔そ〕の名〔な〕を称〔しょう〕するが故〔ゆえ〕に、

【即得解脱。:そくとくげだつ】
...即〔すなわ〕ち解脱〔げだつ〕することを得〔え〕ん。

【無尽意。:むじんに】
...無尽意〔むじんに〕、

【観世音菩薩摩訶薩。:かんぜおんぼさつまかさつ】
...観世音菩薩摩訶薩〔かんぜおんぼさつまかさつ〕は

【威神之力。:いじんしりき】
...威神〔いじん〕の力〔ちから〕、

【巍巍如是。:ぎぎにょぜ】
...巍巍〔ぎぎ〕たること是〔かく〕の如〔ごと〕し。

【若有衆生。:にゃくうしゅじょう】
...若〔も〕し衆生〔しゅじょう〕有〔あ〕って、

【多於婬欲。:たおいんにょく】
...婬欲〔いんよく〕多〔おお〕からんに、

【常念恭敬。:じょうねんくぎょう】
...常〔つね〕に念〔ねん〕じて

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕を恭敬〔くぎょう〕せば、

【便得離欲。:べんとくりよく】
...便〔すなわ〕ち欲〔よく〕を離〔はな〕るることを得〔え〕ん。

【若多瞋恚。:にゃくたしんに】
...若〔も〕し瞋恚〔しんに〕多〔おお〕からんに、

【常念恭敬。:じょうねんくぎょう】
...常〔つね〕に念〔ねん〕じて

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕を恭敬〔くぎょう〕せば、

【便得離瞋。:べんとくりしん】
...便〔すなわ〕ち瞋〔しん〕を離〔はな〕るることを得〔え〕ん。

【若多愚癡。:にゃくたぐち】
...若〔も〕し愚癡〔ぐち〕多〔おお〕からんに、

【常念恭敬。:じょうねんくぎょう】
...常〔つね〕に念〔ねん〕じて

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕を恭敬〔くぎょう〕せば、

【便得離癡。:べんとくりち】
...便〔すなわ〕ち癡〔ち〕を離〔はな〕るることを得〔え〕ん。

【無尽意。:むじんに】
...無尽意〔むじんに〕、

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕は、

【有如是等。:うにょぜとう】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き等〔とう〕の

【大威神力。:だいいじんりき】
...大威神力〔だいいじんりき〕有〔あ〕って、

【多所饒益。:たしょにょうやく】
...饒益〔にょうやく〕する所〔ところ〕多〔おお〕し。

【是故衆生。:ぜこしゅじょう】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に衆生〔しゅじょう〕、

【常應心念。:じょうおうしんねん】
...常〔つね〕に心〔こころ〕に念〔ねん〕ずべし。

【若有女人。:にゃくうにょにん】
...若〔も〕し女人〔にょにん〕有〔あ〕って、

【設欲求男。:せっちょくぐなん】
...設〔も〕し男〔おのこ〕を求〔もと〕めんと欲〔ほっ〕し、

【禮拝供養。:らいはいくよう】
...④

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕を④禮拝〔らいはい〕し供養〔くよう〕せば、

【便生福徳智慧之男。:べんしょうふくとくちえしなん】
...便〔すなわ〕ち福徳〔ふくとく〕智慧〔ちえ〕の男〔おのこ〕を生〔うま〕ん。

【設欲求女。:せっちょくぐにょ】
...設〔も〕し女〔めのこ〕を求〔もと〕めんと欲〔ほっ〕せば、

【便生端正有相之女。:べんしょうたんじょううそうしにょ】
...便〔すなわ〕ち端正〔たんじょう〕有相〔うそう〕の女〔めのこ〕の、

【宿植徳本。:しゅくじきとくほん】
...宿〔むかし〕徳本〔とくほん〕を植〔う〕えて、

【衆人愛敬。:しゅにんあいきょう】
...衆人〔もろびと〕に愛敬〔あいきょう〕せらるるを生〔う〕まん。

【無尽意。:むじんに】
...無尽意〔むじんに〕、

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕は

【有如是力。:うにょぜりき】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き力〔ちから〕有〔あ〕り。

【若有衆生。:にゃくうしゅじょう】
...若〔も〕し衆生〔しゅじょう〕有〔あ〕って、

【恭敬禮拝。:くぎょうらいはい】
...⑤

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕を⑤恭敬〔くぎょう〕し禮拝〔らいはい〕せば

【福不唐捐。:ふくふとうえん】
...福唐捐〔ふくとうえん〕ならじ。

【是故衆生。:ぜこしゅじょう】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に衆生〔しゅじょう〕、

【皆應受持。:かいおうじゅじ】
...皆〔みな〕應〔まさ〕に

【観世音菩薩名號。:かんぜおんぼさつみょうごう】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名號〔みょうごう〕を受持〔じゅじ〕すべし。

【無尽意。:むじんに】
...無尽意〔むじんに〕、

【若有人受持。:にゃくうにんじゅじ】
...若〔も〕し人〔ひと〕有〔あ〕って、

【六十二億。:ろくじゅうにおく】
...六十二億〔ろくじゅうにおく〕

【恒河沙菩薩名字。:ごうがしゃぼさつみょうじ】
...恒河沙〔ごうがしゃ〕の菩薩〔ぼさつ〕の名字〔みょうじ〕を受持〔じゅじ〕し、

【復尽形供養。:ぶじんぎょうくよう】
...復〔また〕形〔かたち〕を尽〔つく〕すまで、

【飲食。:おんじき】
...飲食〔おんじき〕、

【衣服。:えぶく】
...衣服〔えぶく〕、

【臥具。:がぐ】
...臥具〔がぐ〕、

【醫薬。:いやく】
...醫薬〔いやく〕を供養〔くよう〕せん。

【於汝意云何。:おにょいうんが】
...汝〔なんじ〕が意〔こころ〕に於〔おい〕て云何〔いかん〕。

【是善男子。:ぜぜんなんし】
...是〔こ〕の善男子〔ぜんなんし〕、

【善女人。:ぜんにょにん】
...善女人〔ぜんにょにん〕の功徳〔くどく〕

【功徳多不。:くどくたふ】
...多〔おお〕しや不〔いな〕や。

【無尽意言。:むじんにごん】
無尽意〔むじんに〕の言〔もう〕さく、

【甚多。:じんた】
...甚〔はなは〕だ多〔おお〕し、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕。

【佛言。:ぶつごん】
佛〔ほとけ〕の言〔のたま〕わく、

【若復有人。:にゃくぶうにん】
...若〔も〕し復〔また〕人〔ひと〕有〔あ〕って、

【受持観世音菩薩名號。:じゅじかんぜおんぼさつみょうごう】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名號〔みょうごう〕を受持〔じゅじ〕し、

【乃至一時。:ないしいちじ】
...乃至〔ないし〕一時〔いちじ〕も、

【禮拝供養。:らいはいくよう】
...禮拝〔らいはい〕し供養〔くよう〕せば、

【是二人福。:ぜににんふく】
...是〔こ〕の二人〔ににん〕の福〔ふく〕、

【正等無異。:しょうとうむい】
...正等〔しょうとう〕にして異〔ことな〕ること無〔な〕けん。

【於百千萬億劫。:おひゃくせんまんのっこう】
...百千萬億劫〔ひゃくせんまんのくこう〕に於〔おい〕ても、

【不可窮尽。:ふかぐうじん】
...窮〔きわま〕め尽〔つく〕すべからず。

【無尽意。:むじんに】
...無尽意〔むじんに〕、

【受持観世音菩薩名號。:じゅじかんぜおんぼさつみょうごう】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕の名號〔みょうごう〕を受持〔じゅじ〕せば、

【得如是。:とくにょぜ】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き、

【無量無辺。:むりょうむへん】
...無量無辺〔むりょうむへん〕の

【福徳之利。:ふくとくしり】
...福徳〔ふくとく〕の利〔り〕を得〔え〕ん。

【無尽意菩薩。:むじんにぼさつ】
無尽意菩薩〔むじんにぼさつ〕、

【白佛言。:びゃくぶつごん】
佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕は、

【云何遊此娑婆世界。:うんがゆししゃばせかい】
...云何〔いか〕にしてか此〔こ〕の娑婆世界〔しゃばせかい〕に遊〔あそ〕ぶ。

【云何而為衆生説法。:うんがにいしゅじょうせっぽう】
...云何〔いか〕にしてか衆生〔しゅじょう〕の為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕く。

【方便之力。:ほうべんしりき】
...方便〔ほうべん〕の力〔ちから〕、

【其事云何。:ごじうんが】
...其〔そ〕の事〔じ〕云何〔いかん〕。

【佛告無尽意菩薩。:ぶつごうむじんにぼさつ】
佛〔ほとけ〕、無尽意菩薩〔むじんにぼさつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【善男子。:ぜんなんし】
...善男子〔ぜんなんし〕、

【若有国土衆生。:にゃくうこくどしゅじょう】
...若〔も〕し国土〔こくど〕の衆生〔しゅじょう〕有〔あ〕って、

【應以佛身。:おういぶっしん】
...佛身〔ぶっしん〕を以〔もっ〕て、

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕、

【即現佛身。:そくげんぶっしん】
...即〔すなわ〕ち佛身〔ぶっしん〕を現〔げん〕じて、

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以辟支佛身。:おういひゃくしぶっしん】
...辟支佛〔ひゃくしぶつ〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現辟支佛身。:そくげんひゃくしぶっしん】
...即〔すなわ〕ち辟支佛〔ひゃくしぶつ〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以声聞身。:おういしょうもんしん】
...声聞〔しょうもん〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現声聞身。:そくげんしょうもんしん】
...即〔すなわ〕ち声聞〔しょうもん〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以梵王身。:おういぼんのうしん】
...梵王〔ぼんのう〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現梵王身。:そくげんぼんのうしん】
...即〔すなわ〕ち梵王〔ぼんのう〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以帝釋身。:おういたいしゃくしん】
...帝釋〔たいしゃく〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現帝釋身。:そくげんたいしゃくしん】
...即〔すなわ〕ち帝釋〔たいしゃく〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以自在天身。:おういじざいてんしん】
...自在天〔じざいてん〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現自在天身。:そくげんじざいてんしん】
...即〔すなわ〕ち自在天〔じざいてん〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以大自在天身。:おういだいじざいてんしん】
...大自在天〔だいじざいてん〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現大自在天身。:そくげんだいじざいてんしん】
...即〔すなわ〕ち大自在天〔だいじざいてん〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以天大将軍身。:おういてんだいしょうぐんしん】
...天大将軍〔てんだいしょうぐん〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現天大将軍身。:そくげんてんだいしょうぐんしん】
...即〔すなわ〕ち天大将軍〔てんだいしょうぐん〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以毘沙門身。:おういびしゃもんしん】
...毘沙門〔びしゃもん〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現毘沙門身。:そくげんびしゃもんしん】
...即〔すなわ〕ち毘沙門〔びしゃもん〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以小王身。:おういしょうおうしん】
...小王〔しょうおう〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現小王身。:そくげんしょうおうしん】
...即〔すなわ〕ち小王〔しょうおう〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以長者身。:おういちょうじゃしん】
...長者〔ちょうじゃ〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現長者身。:そくげんちょうじゃしん】
...即〔すなわ〕ち長者〔ちょうじゃ〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以居士身。:おういこじしん】
...居士〔こじ〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現居士身。:そくげんこじしん】
...即〔すなわ〕ち居士〔こじ〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以宰官身。:おういさいかんしん】
...宰官〔さいかん〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現宰官身。:そくげんさいかんしん】
...即〔すなわ〕ち宰官〔さいかん〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以婆羅門身。:おういばらもんしん】
...婆羅門〔ばらもん〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現婆羅門身。:そくげんばらもんしん】
...即〔すなわ〕ち婆羅門〔ばらもん〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以比丘。:おういびく】
...比丘〔びく〕、

【比丘尼。:びくに】
...比丘尼〔びくに〕、

【優婆塞。:うばそく】
...優婆塞〔うばそく〕、

【優婆夷身。:うばいしん】
...優婆夷〔うばい〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現比丘。:そくげんびく】
...即〔すなわ〕ち比丘〔びく〕、

【比丘尼。:びくに】
...比丘尼〔びくに〕、

【優婆塞。:うばそく】
...優婆塞〔うばそく〕、

【優婆夷身。:うばいしん】
...優婆夷〔うばい〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以長者。:おういちょうじゃ】
...長者〔ちょうじゃ〕、

【居士。:こじ】
...居士〔こじ〕、

【宰官。:さいかん】
...宰官〔さいかん〕、

【婆羅門婦女身。:ばらもんぶにょしん】
...婆羅門〔ばらもん〕の婦女〔ぶにょ〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現婦女身。:そくげんぶにょしん】
...即〔すなわ〕ち婦女〔ぶにょ〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以童男童女身。:おういどうなんどうにょしん】
...童男〔どうなん〕、童女〔どうにょ〕の身〔み〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現童男童女身。:そくげんどうなんどうにょしん】
...即〔すなわ〕ち童男〔どうなん〕、童女〔どうにょ〕の身〔み〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以天。:おういてん】
...天〔てん〕、⑥

【龍。:りゅう】
...龍〔りゅう〕、

【夜叉。:やしゃ】
...夜叉〔やしゃ〕、

【乾闥婆。:けんだつば】
...乾闥婆〔けんだつば〕、

【阿修羅。:あしゅら】
...阿修羅〔あしゅら〕、

【迦楼羅。:かるら】
...迦楼羅〔かるら〕、

【緊那羅。:きんなら】
...緊那羅〔きんなら〕、

【摩睺羅伽。:まごらが】
...摩睺羅伽〔まごらが〕の

【人非人等身。:にんぴにんとうしん】
...人非人等〔にんぴにんとう〕の身〔み〕を⑥以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即皆現之。:そっかいげんし】
...即〔すなわ〕ち皆〔みな〕之〔これ〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕き、

【應以執金剛神。:おういしゅうこんごうじん】
...執金剛神〔しゅうこんごうじん〕を以〔もっ〕て

【得度者。:とくどしゃ】
...得度〔とくど〕すべき者〔もの〕には、

【即現執金剛神。:そくげんしゅうこんごうじん】
...即〔すなわ〕ち執金剛神〔しゅうこんごうじん〕を現〔げん〕じて

【而為説法。:にいせっぽう】
...為〔ため〕に法〔ほう〕を説〔と〕く。

【無尽意。:むじんに】
...無尽意〔むじんに〕、

【是観世音菩薩。:ぜかんぜおんぼさつ】
...是〔こ〕の観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕は、

【成就如是功徳。:じょうじゅにょぜくどく】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き功徳〔くどく〕を成就〔じょうじゅ〕して、

【以種種形。:いしゅじゅぎょう】
...種種〔しゅじゅ〕の形〔かたち〕を以〔もっ〕て、

【遊諸国土。:ゆしょこくど】
...諸〔もろもろ〕の国土〔こくど〕に遊〔あそ〕んで、

【度脱衆生。:どだっしゅじょう】
...衆生〔しゅじょう〕を度脱〔どだつ〕す。

【是故汝等。:ぜこにょとう】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に汝等〔なんだち〕、

【應當一心。:おうとういっしん】
...應當〔まさ〕に一心〔いっしん〕に

【供養観世音菩薩。:くようかんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕を供養〔くよう〕すべし。

【是観世音菩薩摩訶薩。:ぜかんぜおんぼさつまかさつ】
...是〔こ〕の観世音菩薩摩訶薩〔かんぜおんぼさつまかさつ〕は、

【於怖畏急難之中。:おふいきゅうなんしちゅう】
...怖畏〔ふい〕急難〔きゅうなん〕の中〔なか〕に於〔おい〕て、

【能施無畏。:のうせむい】
...能〔よ〕く無畏〔むい〕を施〔ほどこ〕す。

【是故此娑婆世界。:ぜこししゃばせかい】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に此〔こ〕の娑婆世界〔しゃばせかい〕に、

【皆號之為。:かいごうしい】
...皆〔みな〕之〔これ〕を號〔ごう〕して

【施無畏者。:せむいしゃ】
...施無畏者〔せむいしゃ〕と為〔な〕す。

【無尽意菩薩。:むじんにぼさつ】
無尽意菩薩〔むじんにぼさつ〕、

【白佛言。:びゃくぶつごん】
佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【我今當供養。:がこんとうくよう】
...我〔われ〕今〔いま〕當〔まさ〕に

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕を供養〔くよう〕すべし。

【即解頸。:そくげきょう】
即〔すなわ〕ち頸〔くび〕の

【衆寶珠瓔珞。:しゅほうじゅようらく】
衆〔もろもろ〕の寶珠〔ほうじゅ〕の瓔珞〔ようらく〕の、

【価直百千両金。:けじきひゃくせんりょうこん】
価直〔げじき〕百千両金〔ひゃくせんりょうこん〕なるを解〔と〕きて、

【而以与之。:にいよし】
以〔もっ〕て之〔これ〕を与〔あた〕え、

【作是言。:さぜごん】
是〔こ〕の言〔ことば〕を作〔な〕さく、

【仁者。:にんじゃ】
...仁者〔にんじゃ〕、

【受此法施。:じゅしほうせ】
...此〔こ〕の法施〔ほうせ〕の

【珍寶瓔珞。:ちんぼうようらく】
...珍寶〔ちんぼう〕の瓔珞〔ようらく〕を受〔う〕けたまえ。

【時観世音菩薩。:じかんぜおんぼさつ】
時〔とき〕に観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕、

【不肯受之。:ふこうじゅし】
肯〔あ〕えて之〔これ〕を受〔う〕けず。

【無尽意。:むじんに】
無尽意〔むじんに〕、

【復白観世音菩薩言。:ぶびゃくかんぜおんぼさつごん】
復〔また〕観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【仁者。:にんじゃ】
...仁者〔にんじゃ〕、

【愍我等故。:みんがとうこ】
...我等〔われら〕を愍〔あわ〕れむが故〔ゆえ〕に、

【受此瓔珞。:じゅしようらく】
...此〔こ〕の瓔珞〔ようらく〕を受〔う〕けたまえ。

【爾時佛告。:にじぶつごう】
爾〔そ〕の時〔とき〕に佛〔ほとけ〕、

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕に告〔つ〕げたまわく、

【當愍此無尽意菩薩。:とうみんしむじんにぼさつ】
...當〔まさ〕に此〔こ〕の無尽意菩薩〔むじんにぼさつ〕、

【及四衆。:ぎゅうししゅ】
...及〔およ〕び四衆〔ししゅ〕と

【天。:てん】
...天〔てん〕、

【龍。:りゅう】
...龍〔りゅう〕、

【夜叉。:やしゃ】
...夜叉〔やしゃ〕、

【乾闥婆。:けんだつば】
...乾闥婆〔けんだつば〕、

【阿修羅。:あしゅら】
...阿修羅〔あしゅら〕、

【迦楼羅。:かるら】
...迦楼羅〔かるら〕、

【緊那羅。:きんなら】
...緊那羅〔きんなら〕、

【摩睺羅伽。:まごらが】
...摩睺羅伽〔まごらが〕の

【人非人等故。:にんぴにんとうこ】
...人非人等〔にんぴにんとう〕を愍〔あわ〕れむが故〔ゆえ〕に、

【受是瓔珞。:じゅぜようらく】
...是〔こ〕の瓔珞〔ようらく〕を受〔う〕くべし。

【即時観世音菩薩。:そくじかんぜおんぼさつ】
即時〔そくじ〕に観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕、

【愍諸四衆。:みんしょししゅ】
諸〔もろもろ〕の四衆〔ししゅ〕、

【及於天。:ぎゅうおてん】
及〔およ〕び天〔てん〕、

【龍。:りゅう】
龍〔りゅう〕、

【人非人等。:にんぴにんとう】
人非人等〔にんぴにんとう〕を愍〔あわ〕れんで、

【受其瓔珞。:じゅごようらく】
其〔そ〕の瓔珞〔ようらく〕を受〔う〕け、

【分作二分。:ぶんさにぶん】
分〔わか〕って二分〔にぶん〕と作〔な〕して、

【一分奉釋迦牟尼佛。:いちぶんぶしゃかむにぶつ】
一分〔いちぶん〕は釋迦牟尼佛〔しゃかむにぶつ〕に奉〔たてまつ〕り、

【一分奉多寶佛塔。:いちぶんぶたほうぶっとう】
一分〔いちぶん〕は多寶佛塔〔たほうぶっとう〕に奉〔たてまつ〕る。

【無尽意。:むじんに】
...無尽意〔むじんに〕、

【観世音菩薩。:かんぜおんぼさつ】
...観世音菩薩〔かんぜおんぼさつ〕は、

【有如是自在神力。:うにょぜじざいじんりき】
...是〔かく〕の如〔ごと〕き自在〔じざい〕神力〔じんりき〕有〔あ〕って、

【遊於娑婆世界。:ゆおしゃばせかい】
...娑婆世界〔しゃばせかい〕に遊〔あそ〕ぶ。

【爾時無尽意菩薩。:にじむじんにぼさつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に無尽意菩薩〔むじんにぼさつ〕、

【以偈問曰:いげもんわつ】
偈〔げ〕を以〔もっ〕て問〔と〕うて曰〔もう〕さく、

【世尊妙相具:せそんみょうそうぐ】
...世尊〔せそん〕は妙相〔みょうそう〕具〔そなわ〕りたまえり

【我今重問彼:がこんじゅうもんぴ】
...我〔われ〕今〔いま〕重〔かさ〕ねて彼〔かれ〕を問〔と〕いたてまつる

【佛子何因縁:ぶっしがいんねん】
...佛子〔ぶっし〕何〔なに〕の因縁〔いんねん〕あってか

【名為観世音:みょういかんぜおん】
...名〔な〕づけて観世音〔かんぜおん〕と為〔な〕すや

【具足妙相尊:ぐそくみょうそうそん】
...妙相〔みょうそう〕を具足〔ぐそく〕したまえる尊〔そん〕

【偈答無尽意:げとうむじんに】
...偈〔げ〕をもって無尽意〔むじんに〕に答〔こた〕えたまわく

【汝聴観音行:にょちょうかんのんぎょう】
...汝〔なんじ〕観音〔かんのん〕の行〔ぎょう〕を聴〔き〕け

【善應諸方所:ぜんのうしょほうしょ】
...善〔よ〕く諸〔もろもろ〕の方所〔ほうしょ〕に應〔おう〕ず

【弘誓深如海:ぐぜいじんにょかい】
...弘誓〔ぐぜい〕の深〔ふか〕きこと海〔うみ〕の如〔ごと〕し

【歴劫不思議:りゃっこうふしぎ】
...劫〔こう〕を歴〔ふ〕とも思議〔しぎ〕すべからず

【侍多千億佛:じたせんのくぶつ】
...多千億〔たせんのく〕の佛〔ほとけ〕に侍〔つか〕えて

【發大清浄願:ほつだいしょうじょうがん】
...大清浄〔だいしょうじょう〕の願〔がん〕を發〔おこ〕せり

【我為汝略説:がいにょりゃくせつ】
...我〔われ〕汝〔なんじ〕が為〔ため〕に略〔りゃく〕して説〔と〕かん

【聞名及見身:もんみょうぎっけんしん】
...名〔な〕を聞〔き〕き及〔およ〕び身〔み〕を見〔み〕

【心念不空過:しんねんふくうか】
...心〔こころ〕に念〔ねん〕じて空〔むな〕しく過〔す〕ぎざれば

【能滅諸有苦:のうめっしょうく】
...能〔よ〕く諸〔しょ〕有〔う〕の苦〔く〕を滅〔めっ〕す

【仮使興害意:けしこうがいい】
...仮使〔たとい〕害〔がい〕の意〔こころ〕を興〔おこ〕して

【推落大火坑:すいらくだいかきょう】
...大〔おお〕いなる火坑〔かきょう〕に推〔お〕し落〔おと〕さんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【火坑変成池:かきょうへんじょうち】
...火坑〔かきょう〕変〔へん〕じて池〔いけ〕と成〔な〕らん

【或漂流巨海:わくひょうるこかい】
...或〔あるい〕は巨海〔こかい〕に漂流〔ひょうる〕して

【龍魚諸鬼難:りゅうごしょきなん】
...龍魚〔りゅうご〕諸鬼〔しょき〕の難〔なん〕あらんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【波浪不能没:はろうふのうもつ】
...波浪〔はろう〕も没〔もっ〕すること能〔あた〕わじ

【或在須彌峯:わくざいしゅみぶ】
...或〔あるい〕は須彌〔しゅみ〕の峯〔みね〕に在〔あ〕って

【為人所推堕:いにんしょすいだ】
...人〔ひと〕に推〔お〕し堕〔おと〕されんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【如日虚空住:にょにちこくうじゅう】
...日〔ひ〕の如〔ごと〕くにして虚空〔こくう〕に住〔じゅう〕せん

【或被惡人逐:わくひあくにんちく】
...或〔あるい〕は惡人〔あくにん〕に逐〔お〕われて

【堕落金剛山:だらくこんごうせん】
...金剛山〔こんごうせん〕より堕落〔だらく〕せんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【不能損一毛:ふのうそんいちもう】
...一毛〔いちもう〕をも損〔そん〕ずること能〔あた〕わじ

【或値怨賊遶:わくちおんぞくにょう】
...或〔あるい〕は怨賊〔おんぞく〕の遶〔かこ〕んで

【各執刀加害:かくしゅうとうかがい】
...各〔おのおの〕刀〔つるぎ〕を執〔と〕って害〔がい〕を加〔くわ〕うるに値〔あ〕わんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【咸即起慈心:げんそっきじしん】
...咸〔ことごと〕く即〔すなわ〕ち慈心〔じしん〕を起〔おこ〕さん

【或遭王難苦:わくそうおうなんく】
...或〔あるい〕は王難〔おうなん〕の苦〔く〕に遭〔あい〕いて

【臨刑欲壽終:りんぎょうよくじゅじゅう】
...刑〔つみ〕せらるるに臨〔のぞ〕んで壽〔いのち〕終〔おわ〕らんと欲〔ほっ〕せんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【刀尋段段壊:とうじんだんだんね】
...刀〔つるぎ〕尋〔つ〕いで段段〔だんだん〕に壊〔お〕れなん

【或囚禁枷鎖:わくじゅごんかさ】
...或〔あるい〕は枷鎖〔かさ〕に囚禁〔じゅごん〕せられて

【手足被杻械:しゅそくひちゅうかい】
...手足〔しゅそく〕に杻械〔ちゅうかい〕を被〔こうむ〕らんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【釋然得解脱:しゃくねんとくげだつ】
...釋然〔しゃくねん〕として解脱〔げだつ〕することを得〔え〕ん

【咒詛諸毒薬:しゅそしょどくやく】
...咒詛〔しゅそ〕諸〔もろもろ〕の毒薬〔どくやく〕に

【所欲害身者:しょよくがいしんじゃ】
...身〔み〕を害〔がい〕せんと欲〔ほっ〕せられん者〔もの〕

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【還著於本人:げんじゃくおほんにん】
...還〔かえ〕って本人〔ほんにん〕に著〔つ〕きなん

【或遇惡羅刹:わくぐあくらせつ】
...或〔あるい〕は惡羅刹〔あくらせつ〕

【毒龍諸鬼等:どくりゅうしょきとう】
...毒龍〔どくりゅう〕諸鬼等〔しょきとう〕に遇〔あ〕わんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【時悉不敢害:じしっぷかんがい】
...時〔とき〕に悉〔ことごと〕く敢〔あ〕えて害〔がい〕せじ

【若惡獣圍遶:にゃくあくじゅいにょう】
...若〔も〕しは惡獣〔あくじゅ〕囲繞〔いにょう〕して

【利牙爪可怖:りげそうかふ】
...利〔と〕き牙爪〔げそう〕の怖〔おそ〕るべきに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【疾走無辺方:しっそうむへんぼう】
...疾〔と〕く無辺〔むへん〕の方〔かた〕に走〔はし〕りなん

【蚖蛇及蝮蠍:がんじゃぎゅうふっかつ】
...蚖蛇〔がんじゃ〕及〔およ〕び蝮蠍〔ふくかつ〕

【氣毒煙火然:けどくえんかねん】
...氣毒〔けどく〕の煙火〔えんか〕の然〔も〕ゆるごとくならんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【尋声自廻去:じんしょうじえこ】
...声〔こえ〕に尋〔つ〕いで自〔おのずか〕ら廻〔かえ〕り去〔さ〕らん

【雲雷鼓掣電:うんらいくせいでん】
...雲〔くも〕雷鼓〔らいく〕掣電〔せいでん〕し

【降雹澍大雨:ごうばくじゅだいう】
...雹〔あられ〕を降〔ふ〕らし大〔おお〕いなる雨〔あめ〕を澍〔そそ〕がんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【應時得消散:おうじとくしょうさん】
...時〔とき〕に應〔おう〕じて消散〔しょうさん〕することを得〔え〕ん

【衆生被困厄:しゅじょうひこんやく】
...衆生〔しゅじょう〕困厄〔こんやく〕を被〔こおむ〕って

【無量苦逼身:むりょうくひっしん】
...無量〔むりょう〕の苦身〔くみ〕を逼〔せ〕めんに

【観音妙智力:かんのんみょうちりき】
...観音〔かんのん〕妙智〔みょうち〕の力〔ちから〕

【能救世間苦:のうくせけんく】
...能〔よ〕く世間〔せけん〕の苦〔く〕を救〔すく〕う

【具足神通力:ぐそくじんづうりき】
...神通力〔じんづうりき〕を具足〔ぐそく〕し

【廣修智方便:こうしゅちほうべん】
...廣〔ひろ〕く智〔ち〕の方便〔ほうべん〕を修〔しゅ〕して

【十方諸国土:じっぽうしょこくど】
...十方〔じっぽう〕の諸〔もろもろ〕の国土〔こくど〕に

【無刹不現身:むせっぷげんしん】
...刹〔くに〕として身〔み〕を現〔げん〕ぜざること無〔な〕し

【種種諸惡趣:しゅじゅしょあくしゅ】
...種種〔しゅじゅ〕の諸〔もろもろ〕の惡趣〔あくしゅ〕

【地獄鬼畜生:じごっきちくしょう】
...地獄鬼〔じごくき〕畜生〔ちくしょう〕

【生老病死苦:しょうろうびょうしく】
...生老病死〔しょうろうびょうし〕の苦〔く〕

【以漸悉令滅:いぜんしつりょうめつ】
...以〔もっ〕て漸〔ようや〕く悉〔ことごと〕く滅〔めっ〕せしむ

【眞観清浄観:しんかんしょうじょうかん】
...眞観清浄観〔しんかんしょうじょうかん〕

【廣大智慧観:こうだいちえかん】
...廣大智慧観〔こうだいちえかん〕

【悲観及慈観:ひかんぎゅうじかん】
...悲観〔ひかん〕及〔およ〕び慈観〔じかん〕あり

【常願常瞻仰:じょうがんじょうせんごう】
...常〔つね〕に願〔ねが〕い常〔つね〕に瞻仰〔せんごう〕すべし

【無垢清浄光:むくしょうじょうこう】
...無垢〔むく〕清浄〔しょうじょう〕の光〔ひかり〕あって

【慧日破諸暗:えにちはしょあん】
...慧日〔えにち〕諸〔もろもろ〕の暗〔やみ〕を破〔は〕し

【能伏災風火:のうぶくさいふうか】
...能〔よ〕く災〔さい〕の風火〔ふうひ〕を伏〔ふく〕して

【普明照世間:ふみょうしょうせけん】
...普〔あまね〕く明〔あきら〕かに世間〔せけん〕を照〔てら〕す

【悲體戒雷震:ひたいかいらいしん】
...悲體〔ひたい〕の戒〔かい〕雷震〔らいしん〕のごとく

【慈意妙大雲:じいみょうだいうん】
...慈意〔じい〕の妙〔みょう〕は大雲〔だいうん〕のごとく

【澍甘露法雨:じゅかんろほうう】
...甘露〔かんろ〕の法雨〔ほうう〕を澍〔そそ〕ぎ

【滅除煩悩燄:めつじょぼんのうえん】
...煩悩〔ぼんのう〕の燄〔ほのお〕を滅除〔めつじょ〕す

【諍訟經官処:じょうじゅきょうかんじょ】
...諍訟〔じょうしょう〕して官処〔かんじょ〕を經〔へ〕

【怖畏軍陣中:ふいぐんじんちゅう】
...軍陣〔ぐんじん〕の中〔なか〕に怖畏〔ふい〕せんに

【念彼観音力:ねんびかんのんりき】
...彼〔か〕の観音〔かんのん〕の力〔ちから〕を念〔ねん〕ぜば

【衆怨悉退散:しゅおんしったいさん】
...衆〔もろもろ〕の怨〔あだ〕悉〔ことごと〕く退散〔たいさん〕せん

【妙音観世音:みょうおんかんぜおん】
...妙音観世音〔みょうおんかんぜおん〕

【梵音海潮音:ぼんのんかいちょうおん】
...梵音海潮音〔ぼんのんかいちょうおん〕

【勝彼世間音:しょうひせけんのん】
...勝彼世間音〔しょうひせけんのん〕あり

【是故須常念:ぜこしゅじょうねん】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に須〔すべから〕く常〔つね〕に念〔ねん〕ずべし

【念念勿生疑:ねんねんもっしょうぎ】
...念念〔ねんねん〕に疑〔うたがい〕を生〔しょう〕ずること勿〔なか〕れ

【観世音浄聖:かんぜおんじょうしょう】
...観世音〔かんぜおん〕浄聖〔じょうしょう〕は

【於苦悩死厄:おくのうしやく】
...苦悩〔くのう〕死厄〔しやく〕に於〔おい〕て

【能為作依怙:のういさえこ】
...能〔よ〕く為〔ため〕に依怙〔えこ〕と作〔な〕れり

【具一切功徳:ぐいっさいくどく】
...一切〔いっさい〕の功徳〔くどく〕を具〔ぐ〕して

【慈眼視衆生:じげんじしゅじょう】
...慈眼〔じげん〕をもって衆生〔しゅじょう〕を視〔み〕る

【福聚海無量:ふくじゅかいむりょう】
...福聚〔ふくじゅ〕の海〔うみ〕無量〔むりょう〕なり

【是故應頂禮:ぜこおうちょうらい】
...是〔こ〕の故〔ゆえ〕に應〔まさ〕に頂禮〔ちょうらい〕すべし

【爾時持地菩薩。:にじじじぼさつ】
爾〔そ〕の時〔とき〕に持地菩薩〔じじぼさつ〕、

【即従座起。:そくじゅうざき】
即〔すなわ〕ち座〔ざ〕より起〔た〕って、

【前白佛言。:ぜんびゃくぶつごん】
前〔すす〕んで佛〔ほとけ〕に白〔もう〕して言〔もう〕さく、

【世尊。:せそん】
...世尊〔せそん〕、

【若有衆生。:にゃくうしゅじょう】
...若〔も〕し衆生〔しゅじょう〕有〔あ〕って、

【聞是観世音菩薩品。:もんぜかんぜおんぼさっぽん】
...是〔こ〕の観世音菩薩品〔かんぜおんぼさっぽん〕の

【自在之業。:じざいしごう】
...自在〔じざい〕の業〔ごう〕、

【普門示現。:ふもんじげん】
...普門〔ふもん〕示現〔じげん〕の

【神通力者。:じんづうりきしゃ】
...神通力〔じんづうりき〕を聞〔き〕かん者〔もの〕は、

【當知是人。:とうちぜにん】
...當〔まさ〕に知〔し〕るべし。

【功徳不少。:くどくふしょう】
...是〔こ〕の人〔ひと〕の功徳〔くどく〕少〔すくな〕からじ、

【佛説是普門品時。:ぶっせつぜふもんぼんじ】
佛〔ほとけ〕、是〔こ〕の普門品〔ふもんぼん〕を説〔と〕きたもう時〔とき〕、

【衆中八萬四千衆生。:しゅじゅうはちまんしせんしゅじょう】
衆中〔しゅじゅう〕の八萬四千〔はちまんしせん〕の衆生〔しゅじょう〕、

【皆發無等等。:かいほつむとうどう】
皆〔みな〕無等等〔むとうとう〕の

【阿耨多羅三藐三菩提心。:あのくたらさんみゃくさんぼだいしん】
阿耨多羅三藐三菩提〔あのくたらさんみゃくさんぼだい〕の心〔こころ〕を發〔おこ〕しき。



ページのトップへ戻る