日蓮正宗法華講開信寺支部より

御書研鑚の集い 御書研鑽資料


撰時抄 7 第六章 五の五百歳


【問うて云はく、】
それでは、質問しますが、

【其の証文如何。】
南無妙法蓮華経が広宣流布するという証文は、どこにあるのでしょうか。

【答へて云はく、法華経の第七に云はく「我が滅度の後、後五百歳の中に】
それは、法華経の第七の巻薬王品には「我が滅度の後、後の五百歳の中に

【広宣流布して閻浮提に於て断絶せしむること無けん」等云云。】
広宣流布して、この世界において断絶する事がない」と説かれています。

【経文は大集経の白法隠没の次の時を】
このように経文には大集経の白法隠没の次の時を

【とかせ給ふに、広宣流布と云云。】
説き示して広宣流布と言っているのです。

【同第六の巻に云はく「悪世末法の時、能く是の経を持たん者は」等云云。】
同じく第六巻の分別功徳品には「悪世末法の時能く是の経を持つ者」とあり、

【又第五の巻に云はく「後の末世の法滅せんと欲する時に於て」等。】
また第五巻の安楽行品には「後の末世の法が滅せんとする時」とあり、

【又第四の巻に云はく】
また第四巻の法師品には

【「而も此の経は如来の現在すら猶〔なお〕怨嫉多し、況んや滅度の】
「しかも、この法華経は、如来の現在にすら、なお怨嫉が多い。いわんや滅度の

【後をや」と。】
後には、さらに大きい怨嫉が、競い起こるであろう」と説かれています。

【又第五の巻に云はく「一切世間に怨〔あだ〕多くして信じ難し」と。】
また第五巻の安楽行品には「一切世間に怨が多くて信じ難い」と書かれており、

【又第七の巻に第五の五百歳闘諍堅固の時を説いて云はく】
また第七巻の薬王品第二十三には第五の五百歳、闘諍堅固の時代の世相を説いて、

【「悪魔・魔民・諸天・竜・夜叉・鳩槃荼〔くはんだ〕等】
「悪魔や魔民や諸の天竜、夜叉、鳩槃荼などが、

【其の便〔たよ〕りを得るなり」と。】
そのたよりを得て悩ますであろう」と説かれています。

【大集経に云はく「我が法の中に於て闘諍言訟せん」等云云。】
大集経には「我が仏法の中において闘諍言訟する」と説かれています。

【法華経の第五に云はく「悪世の中の比丘」。】
法華経の第五の巻、勧持品には「悪世の中の僧侶」とあり、

【又云はく「或は阿蘭若〔あれんにゃ〕に有り」等云云。】
また「あるいは、閑静な家に居て悪事をたくらむ」と説かれ、

【又云はく「悪鬼其の身に入る」】
また「悪鬼がその身に入って法華経の行者に迫害を加える」などと

【等云云。文の心は第五の五百歳の時、】
末法の世相が説いてあります。さて、これら文章の意味は、第五の五百歳の時に

【悪鬼の身に入れる大僧等国中に充満せん。】
勧持品が示すように、悪鬼がその身に入った高僧や名僧が国中に充満し、

【其の時に智人】
さらに、その時に、よく法華経をたもつ一人の智者が

【一人出現せん。】
出現すると説かれているのです。

【彼の悪鬼の入れる大僧等、】
そして、また、さきほどの悪鬼が身に入った僧侶達が、

【時の王臣・万民等を語らひて、悪口罵詈〔あっくめり〕、】
その時代の王や配下の者、民衆等を利用して、その一人の智者を悪口罵詈し、

【杖木瓦礫〔じょうもくがりゃく〕、流罪死罪に行なはん時、】
杖木瓦礫を加え、さらには流罪、死罪にしようとするその時に、

【釈迦・多宝・十方の諸仏、地涌の大菩薩らに仰せつけ、】
釈迦、多宝、十方の諸仏が地涌の大菩薩などに命じられて、

【大菩薩は梵・帝・日月・四天等に申しくだされ、】
その大菩薩は、また梵天、帝釈、日月、四天等に命じられて、

【其の時天変地夭〔ちよう〕盛んなるべし。】
その時に天変地夭が盛んに起こるのです。

【国主等其のいさめを用ひずば、】
それでも国主が、その諫〔いさ〕めを聞かずに謗法を続けるならば、

【隣国にをほせつけて彼々の国々の悪王悪比丘等をせめらるゝならば、】
隣国に命令して、その国の悪王、悪僧などを、厳しく責めたてられ、

【前代未聞の大闘諍一閻浮提に起こるべし。】
前代未聞の大戦争が、この世界に起こるのです。

【其の時日月所照の四天下〔してんげ〕の一切衆生、】
その時には、満天下のすべての衆生は、

【或は国ををしみ、或は身ををしむゆへに、】
国を惜しみ、あるいは、我が身を惜しむゆえに、

【一切の仏菩薩にいの〔祈〕りをかく〔懸〕ともしるし〔験〕なくば、】
すべての仏、菩薩に必死に祈るのですが、まったく、その効果はなく、

【彼のにく〔憎〕みつる一〔ひとり〕の小僧を信じて、】
ついに憎んでいた一人の僧を信じて、

【無量の大僧等、八万の大王等、一切の万民、】
無数の高僧、名僧、八万の大王、すべての民衆などが、

【皆頭を地につけ掌を合はせて一同に南無妙法蓮華経ととなうべし。】
ことごとく、頭を地につけ、手を合わせて一同に南無妙法蓮華経と唱えるのです。

【例せば神力品の十神力の時、十方世界の一切衆生一人もなく】
例えば神力品の十神力の時に、十方世界のすべての衆生が、一人も残らずに

【娑婆世界に向かって大音声〔だいおんじょう〕をはな〔放〕ちて、】
娑婆世界に向って大きな声を放って、

【南無釈迦牟尼仏・南無釈迦牟尼仏、】
南無釈迦牟尼仏、南無釈迦牟尼仏、

【南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経と一同にさけびしがごとし。】
南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と一同に叫んだのと同じ事なのです。


ページのトップへ戻る