日蓮正宗法華講開信寺支部より

ようこそ開信寺へ

日蓮正宗への帰依をお勧めします。


一般に信仰とは、年寄りがする先祖への供養や、何かを求める一種の精神修養や、観光旅行気分の寺院巡りや、自分の生活を楽しむ為の慈善活動やサークル活動ぐらいの認識しかない人が多いようです。また、困った時の神頼みや、社会的儀礼でもある墓参や法事で、なにがしかの神仏に手を合わせ、願をかけ、守り札などを大事にすることが、信仰だと思っている人もいます。しかし、真実の信仰とは、生、老、病、死の四苦を乗り越えて、いかなる苦悩に喘ぐ衆生をも救い助けていく力であるのです。したがって、正しい信仰とは、単なる現実からの逃避や気安めではなく、何よりも人間の生命の問題と、その生き方、人の幸不幸にかかわる、実に重大な意義を持っているのです。
私たちは、日常さまざまな事を信じながら生きています。人を信じ、国を信じ、社会を信じ、常識を信じ、いままでに教育された事を正しいと信じて生きているのです。また、それを信じていればこそ、善悪や、損得や、他人の評価を考慮して行動することが出来ます。幼児の頃は誰でも、母親を信じ、肉親を信じ、また、人々の善意を信じて生きて来たはずです。どんなに立派な人であっても自分一人で生きてこれた人はいません。みんな、周りの人々を信じて生きているのです。病気になれば病院へ行って医者にかかるのも、また、なにか緊急事態に遭遇すれば消防や警察に連絡するのもすべては、これらを信じているからではないでしょうか。
しかし、信仰の対象として、そのように信じられる宗教が実際にあるでしょうか。もし、信仰が趣味や道楽にすぎないのであれば、別に間違っていてもそれほどの問題は、ないかも知れません。しかし、それが人々の精神を侵〔おか〕し、そのことによって社会が狂ってしまうとしたら、どうでしょうか。日本は、かつて国家神道という間違った宗教を信じた為に国家そのものが滅びてしまいました。このことは、間違った宗教がどんなに怖ろしいものであったかを如実に知らしめています。正しい信仰とは、人間の思想の根本であり基本なのです。そしてそれは、思想だけの事ではなく、身体や人生、また、その人を取り巻く社会すら、変えていくのです。間違った宗教は、麻薬と同じです。それを使い続ければ、いずれ、その麻薬に精神だけではなく身体も犯されていきます。そうなれば、その人生は、滅茶苦茶になります。また、その人の周囲の人々がそれで悪い影響を受けないわけがないのです。そうやって、間違った宗教は、社会を麻薬のように狂わせてしまうのです。
それでは、どうやって信じるにたる正しい宗教を見分ける事が出来るのでしょうか。また、そのような宗教が実際に存在するのでしょうか。もちろん、それを我儘〔わがまま〕な子供のように好き嫌いで判断する事もできないし、また、まやかしのような妖〔あや〕しげなものを信じる事もできないでしょう。さらには、自分だけが利益を享受するようなものが信じるにたる正しい宗教とも思えません。ましてや、先祖代々やっているからとか、みんなが信じているからとかで正しい宗教がわかるはずもありません。なぜなら、そんな宗教によって人々が幸福になっているとはとても思えない現状があるからです。結局は、過去の人々によって書かれた文章を検証し、理性によって論理的に考え、実際にそれを検証してみるしかないのです。
日蓮大聖人は、徹底してその事を実践された方です。仏法のすべての経文を読まれて法華経こそ真実の教えであることを理解され、その経に書かれている通りの法華経の行者としての人生を歩まれたのです。そして自らが末法の御本仏である事を自覚され、三大秘法の大御本尊を御図顕され建立されたのです。それが現在、日蓮正宗、富士大石寺〔ふじたいせきじ〕に御安置されている大御本尊なのです。
この大御本尊に南無妙法蓮華経と唱えることが正しい信仰であり、その題目によって、すべての人々の苦悩を喜びに変え、大難を乗り越え、煩悩を菩提へ、生死を涅槃へ、裟婆の忍土を寂光の楽土へと転換させる事が出来るのです。また、現在の苦悩だけではなく、この御本尊にそなわる題目の功徳によって、父母を救い、先祖代々の人々を成仏させ、また、未来の子孫をも救済できる福徳を積むことができるのです。
日蓮大聖人は、妙法を信受する功徳について、聖愚問答抄で 「只南無妙法蓮華経とだにも唱へ奉らば滅せぬ罪や有るべき、来たらぬ福〔さいわい〕や有るべき。真実なり甚深なり、是を信受すべし」(御書406頁) と教えられています。また立正安国論には、「汝〔なんじ〕早く信仰の寸心を改めて実乗の一善に帰せよ。」(御書250頁)と言われています。一刻もはやく、信仰の寸心を改めて、日蓮正宗への帰依をお勧めします。

Information

あなたも開信寺の行事に参加しませんか。

宗祖御誕生会



風はまだ冬の冷たさを感じさせる晴天の中、二月十六日「宗祖御誕生会」が行われました。
日蓮大聖人が御誕生された「貞応元年(西暦1222年)二月十六日」は、承久の乱により三上皇が遠流され天皇が廃される翌年にあたります。
血縁者同士が血で血を洗う戦乱の世となり、さらに天変地異・疫病の流行により人々は苦しみに喘いでいました。
そんな釈迦滅後二千年釈迦仏法の功徳が無くなる(白法隠没)末法の世に御誕生されたのが日蓮大聖人です。
釈尊の入滅が二月十五日であるのに対し日蓮大聖人が二月十六日に御誕生された事は実に不思議な因縁であり、釈尊の熟脱の仏法が没して、久遠元初・文底下種の御本仏が御出現された、まことに意義深い日なのです。
第二祖日興上人は、日蓮大聖人より承った御誕生時の不思議の瑞相を「産湯相乗事(うぶゆそうじょうじ)」に記されています。
母君は「梅菊女は 名なり,平の畠山殿の一類にて御坐す」その母君が不思議な夢を見られ「清澄寺に通夜申したりし時、汝が 志真神妙なり。一閻浮提第一の宝を与へんと思ふなり。 東条の片海に三 国 大夫と云ふ者あり、是を夫と定めよと云云。七歳の春三月廿四日の夜なり」 正 に今も覚えていますと話されました。
更に「富士の山より日輪の出でたもうを懐き奉るという夢を見て驚いた後懐妊した」ことを日蓮大聖人の父君である三国大夫重忠に伝えられた時、「我も不思議な夢を見た」と驚かれ「虚空蔵菩薩が可愛らしい稚児を肩に乗せ「此の子供は我が為には上行菩提薩埵なり。 日の下の人の為には生財摩訶薩埵なり。亦一切有情の為には行く末三世常恒の大導師なり。是を汝に与へんとの給ふと見て後、御事懐妊の由を聞くと語り相ひたりき。さてこそ御事は聖人なれ」と話しあわれたのです。
又、母君は日蓮大聖人御誕生の夜に「富士山の頂に登って十方を見渡したところ梵天・帝釈・四大天皇等の諸天悉く来下して本地自受用報身如来の垂迹・上行菩薩の御身を凡夫の御姿を持って誕生されるのは今なり」という夢を見られたそうです。日蓮大聖人は御自身の御出自を「旃陀羅(せんだら)が子」と云われています。「旃陀羅」とは梵語で「チャンダーラ」と言い、屠殺等をする人以下と見なされた人々を意味し、魚を獲る「海人が子」である日蓮大聖人は、最下層の子として生まれられました。
これは「末法の仏とは凡夫なり、凡夫僧なり」(御義口伝下)と云われている様に、御本仏でありながら示同凡夫(じどうぼんぷ)という我々と同じ姿をもって生まれられ、同時に末法の法華経の行者が様々な迫害に遭うという法華経の予言を実証された御姿であるのです。
お寺では、大勢の方が参拝され、お祝いの赤飯を頂きました。 

ホームページ掲載履歴

2021年02月18日

開信寺へのお問い合わせ

〒819-0166 福岡県福岡市西区横浜1丁目46番6号

電話番号(092)806-2611
FAX番号(092)806-7851

交通アクセス
福岡前原道路今宿IC降りて車で10分程度
筑肥線九大学研都市駅降りて徒歩15分程度
地図

主な年中行事のご紹介

年間行事

● 元旦勤行        1月1日  
● 節分会         2月3日  
● 日興上人法要(興師会) 2月7日  
● 大聖人お誕生法要    2月16日 
● 彼岸会         春分の日  
● 立宗会         4月28日 
● 盂蘭盆会        8月15日 
● 彼岸会         秋分の日  
● 日蓮大聖人御会式    10月
● 日目上人法要(目師会) 11月15日
● 法華講開信寺支部登山別途年間予定による

毎月の行事

● 御経日毎月1日
● 御講毎月第2日曜日
● 塔婆供養・諸祈念願毎日

日々の実践

● 朝晩の勤行
● 唱題
● 御書研鑚
● 折伏・弘教

ページのトップへ戻る